2015年02月18日

勇気のための川柳処方箋L あなたのことを二度と探さない。

地下道と銀河は二度と探さない  兵頭全郎

  *

『川柳木馬 第143号』(2015・冬)から全郎さんの一句です。

「二度と探さない」と言い切った語り手。
ここには強い意志がみられます。

意志とは、なにか。

意志とは決していいきることではありません。
「二度と」と強調することでも、ない。

意志=意思とは、おそらく、定型をもちいて語ることにあるのです。

語り手は、みずからの決意を定型に託すことに決心した。

定型に託されたことばである以上、それは川柳というかたちをとり、定型詩という記憶のメディアとして、さまざまなくちびるに伝播し、記憶されてゆく。

川柳とは、あるひとりのにんげんが決めた決意と意志と記憶を、定型というメディアを介して、瓶詰めの手紙のように流してゆくこころみなのです。

地下道と銀河というあらゆる場所に通じてしまう〈通路〉を
みずからシャットダウンした語り手。
にもかかわらず、川柳という〈通路〉は封じなかった語り手。

だから、語り手がもしこんご、地下道と銀河をさがしはじめてしまうようなことがあったとしても、定型はゆらがない。定型で記憶したひともゆらがない。

川柳とは、ひとつの意志を貫徹させようとする、つよい勇気なのです。

IMG_20150218_174731.jpg

posted by 柳本々々 at 17:50| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇気のための川柳処方箋K たったひとりを選ぶ勇気。

たったひとりを選ぶ 運動場は雨  倉本朝世

  *

たびたび引用させていただいてそのたびにあらためて考え直している句です。
たぶん、川柳の575って語り尽くせないことが魅力のような気がするんですよね。

語っても、語っても、語り〈落とし〉てしまう。
語り〈そこね〉てしまう。

だからもういちど句にかえってくる。かえってくることができる。
わたしにはまだわからない、といいながら、なんどもかえってくる場所。
だいすきだけれども、わからないままだということ。
ことばが、解釈が、理解がたちむかえない場所。
それが、川柳なんじゃないかとおもうんですね。

ひとは、図書室で遭難することもあるし、水たまりで溺れることもあるし、一句の深みにはまったままそれっきり帰ってこないこともあるわけです。
それくらい、17音の一句には、深度があるように、わたしは、おもう。
そのような川柳は、ひとつの深い運動場として機能している。

で、朝世さんの句です。
いままでじぶんでは考えてこなかった視点で、みてみようとおもいます。
「運動場」と書いてあります。

どうして運動場で、選択なんてしないといけないんでしょう。

部屋や、放課後の教室や、青空の下や、ホテルや、レストランや、星のみえる浴室で、選択をしたいものです。

なんで、なのか。

運動場は、選ばれる場所で、選ぶ場所ではないはずです。
優勝者として選ばれたひとの陸続とした歴史がそこにはあるかもしれない。
でも、運動場にいたひとたちは、選ばれたのであって、だれかが選んだわけではありません。
じぶんで、選ばれることを、勝ち取ったのです。

つまり、《そこ》なのではないかとおもうのです。

選ばれることしかなかった場所において、選ばれることが特権化された場所で、選び返すということ。
だれひとり、選ぶという行為をしなかったその場所で、それでも選ぶ行為をしなければならなかったこと。
それが、この句の、勇気だったのではないかとおもうのです。

運動場は雨、です。
だから、運動場はもう、だれかが選ばれる競技をする場所では、ありません。
〈この・わたし〉が〈選ぶ〉ことによってつくる場所です。
競技は、ありません。わたしの、選択があるだけです。
そしていちど、選んだら、ひきうけなければなりません。選んだじぶんを、そのとき、わたしは、選び、ひきうけたのですから。

選ぶということは、じつは、このわたしを選ぶということでもあるのです。
だから、勇気がひつような作業です。
勇気が要る行為です。
にもかかわらず、勇気をださなければならないしゅんかんが、じんせいにはあります。
そのたびにわたしはこの句にもどってきて、たった、17音のなかで、遭難し、溺れ、かえってこられなくなります。
でも、この句は、この句であることを、選びました。
だからわたしも、そんなわたしを、選びたいとおもうのです。
そんなわたしを、ひきうけたいと。
これが、この句からもらう、わたしの勇気です。

posted by 柳本々々 at 01:30| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

勇気のための川柳処方箋J 勇気と筋肉。

あてがわれた部屋に筋肉質のアリス  榊陽子

  *

『川柳北田辺 第52回』から榊さんの一句です。

ルイス・キャロルのアリスの物語って、ことばのいろんなありかたの冒険をめぐる物語、文法が迷宮になるという点で、ことばの筋肉の物語、ことばのアスレチック・ジムなのかなあとおもっていたんですが、そうじゃないだろ、もういちどアリスの身体に注目してみろよ、ということばから身体にもういちどアリスをとりかえすような句です。

なかはられいこさんの句集のタイトルが『脱衣場のアリス』でしたが、どうしてアリスと身体をめぐるテーマが出てくるのかはけっこう興味深いところです。
もっといえばこんなふうなテーマがでてくるとおもうんです。

アリスの身体は《だれ》のものなのか?

ルイス・キャロルが幼い女の子の全裸の写真を撮っていたのは有名だけれども、そういう《アリス神話》のようなものが『不思議の国のアリス』にめんめんと受け継がれてゆくなかで、でも、アリスの身体はだれのものなんだろう、というテーマはずっとある。

たとえば、陽子さんの句では「筋肉質」と描写されているけれど、この「筋肉質」というのはある意味、アリスの身体の自律性です。
女の子という規定のイメージを筋肉質が裏切り、意味付けを拒否することをからだが語る。
しかも、「あてがわれた部屋」でふいうちで出会うわけですから、場所や空間からも、規定の意味付けを拒否されるわけです。

とすると、こんなふうにまとめることができます。

今回の勇気は、安易に、おまえはこうだね、と意味付けされないための勇気だと。

「筋肉」はじぶんでつくるものです。
アリスのようにことばの迷宮、意味の迷宮にはいりこんでも、他者からラベリングされる意味を拒絶するために。

筋肉質のアリスでいることを。



posted by 柳本々々 at 13:21| Comment(3) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

勇気のための川柳処方箋I 蜂蜜の国、バターの国のアリス。

生クリームケーキとバタークリームケーキに遭難する  くんじろう

  *

『川柳北田辺 第52回』(2015年1月25日)から、くんじろうさんの句です。

すごく甘くて、おいしそうで、糖度のジャングルジムのなかでたおれちゃいそうな句ですが、すこしおちついてかんがえてみましょう。

どうして遭難しちゃったのか?

「生クリームケーキとバタークリームケーキ」と書いてありますよね。
この世界では、どうやら、生クリームとバタークリームは「クリーム」とひとまとめにしないで、ちゃんとクリームの差異として認識するらしい。
そんなおいしいクリーム迷宮が、この句なのです。

だから、わたしはおもうんですよ。
この句の語り手は、クリームに対してあまりに厳密にすぎたために、遭難しちゃったんじゃないかと。

でも、それは、おいしい遭難。

ときどき、わたしもあなたも、おいしい迷子に、なる。

IMG_20150216_202438.jpg
posted by 柳本々々 at 20:30| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇気のための川柳処方箋H なんだって、できる。

ショコラ・オ・なんだってできそうな朝    瀧村小奈生

  *

ときどきつっぷしているひとをみるたびに思い出している句がある。
瀧村さんのうえの句だ。

この句の勇気は、「なんだってできそうな朝」が「ショコラ・オ・〜」にすでに接続が完了され、ひとつのことばとして完成されている点だ。
つまり、これ、文(センテンス)ではないのだ。
名詞、なのである。
だから、「カフェ・オ・レ」とおなじだ。
句の語り手は、「ショコラ・オ・なんだってできそうな朝」という名詞を唱えたのだ。語り手のこころのなかにはもうこのことばが存在していたから。

「チョコレート+なんだってできそうな朝」。
食べ物と希望のふしぎであまい溶接。
この句自体が、なんだってできることをあらわしている。

かつて、フェルナンド・ペソアはチョコレートは哲学だといったが、こんなふうさまざまななにかと結びついていく点においてチョコレートとは、〈希望の錬金術〉なのだ。〈勇気の錬金術〉なのだ。

チョコレートには無限の可能性がある。
そしてさまざまなことばの錬成としての、川柳もまたおなじである。

わたしたちはいつでも勇気の錬金術をはじめることがある。
きょうから、朝から、いまから、だ。
わたしたちは、なんだってできる。
あなたも、なんだってできる。
なんだって、できる。

posted by 柳本々々 at 12:32| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする