2015年02月07日

縁側で君を殺していく つづく  樹萄らき

「何者だ」と思った。
この樹萄らき(じゅどう・らき)という、奇妙な名前の作者に対してである。
初出を見ると『川柳の仲間 旬』2000年12月号、となっている。
僕が「旬」に入る直前である。
そして、僕が「旬」に、川柳の世界に入ったきっかけのひとつは、この掲出句を含む樹萄らきの連作を読んだことなのだ。

やけっぱちになっていた。
職を失い、精神病院から出て来たばかりで、身近に友もいなかった。
そんな折、見せられた『旬』に踊った「殺」の字。
その字だけではない、句全体から放たれる「殺気」に、荒れた神経が反応したのだろう。
樹萄らきという、正体不明の人物に、「勝ちたい」と思った。
川柳など、まったく知らなかった時分である。

「殺す」であれば一瞬だ。
衝動。愛憎。
いずれにせよその高まりは快楽の絶頂に似て、いっそすがすがしく、はかない。
それが「殺していく」ではどうか。
愛憎、であるのは同じとして、いつまでもどろどろと、濃い。
それも「つづく」という。
「つづく」の前の一字空けは、ためらいではなく、この愛憎を続けるための、呼吸だ。
ためらいであるとして、それは、永遠を誓う、その儀式へのためらいかも知れない。
この誓いがあればこそ、「縁側」が永遠に続く、薄暗がりの無限地獄をイメージさせるのだ。
「縁側」は「つづく」につづき、「つづく」は「縁側」につづき、そして……。

十七音字の、円環宇宙。

その構造に僕が気付いていたかどうか、定かではない。
この句が優れているのかどうかも、実はわからない。
樹萄らきもこのころ成長の途上で、それから以後、さらに凄みのある句を発表することになるからだ。
ただ、「川柳」というものの可能性の無限さ。
僕はそれをうっすらと感じて、何かしら、「未来」を信じてみようという気になったのだった。

2001年1月、「川柳の仲間 旬」に入会した。
そこで会った「らきさん」は気さくなお姉さんだった。
(ヘンな人だ、というのは段々わかってきたが)
ちょっと拍子抜けして、でも僕は以来十四年間川柳を続けている。
今もどこかで、「樹萄らき」を追いかけているのかも知れない。
posted by 川合大祐 at 05:57| Comment(5) | 川合大祐・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする