2015年02月28日

のようなもの日和  柳本々々

こないだ、句会に行こうとおもって電車に乗ったのだが、降ろされた駅がまったく知らない駅で、駅員のひとに、こんなかんじの駅に降りたかったんですけど、というと、つくろうと思えばつくれるけど時間はかかるよ、じぶんが降りたい駅をつくろうと思うことは、といわれたので、すこし次元がちがうのかな、とおもって、わたしはその駅で降りてしまうことに、した。

知らない街ではあったけれど、歩くとそれなりにたのしく、いまならできるかもしれないな、と思い、わたしは教えてもらったばかりの新しい歩き方をしてみたりもした。それは腰とてのひらのリズムをあわせながら、頭のなかでは数学的な波動に呼吸をあわせる歩き方で、わたしも教えてもらったときは、このひとあぶないひとだどうしよう、と思ったのだが、手取り足取りやってもらったらできるようになったのだから、人間ってふしぎだなあとおもった。

そういう新しい歩き方で街をあるいていたのだが、とつぜん、はげしくきらきらしはじめたので、わたしは身をまもるようなかんじで頭をかかえこむと、○をつくるようにうずくまった。

だいじょうぶですよ! あんぜんですよ!
と、女のひとの声がして、○から、いっぽんの線になるようにたちあがってゆくと、「女のひとのようなもの」がわたしにむかって、だいじょうぶですよ! と叫んでいたので、だいじょうぶじゃないなこれは、とわたしはおもった。「のようなもの」には、初めて、であったのである。

洗濯しおえたばかりの白鳥を干してるんですよ!
と、女のひとのようなものが、いう。

白鳥のようなもの、ですか! と、わたしは、叫んだ。

ちがいますよ! 白鳥そのものですよ! のようなものの洗濯はきのうでしたよ! と、女のひとのようなものも叫ぶ。

おたがい、顔をあわせながら、間近で叫び合っている。
こんなに間近で、こんなにおおきな声で、でもわたしの目の前のひとは、あいまいな、のようなもの、のようなひと、なんだな、とおもう。

駅員さんが、わたしのうしろをとおりかかり、「あれ、白鳥をたった一人で干しているのかなとおもって、手伝いにきたんですけれど」という。

駅員さんと女のひとのようなもののようなひとの関係はどのようなものなんですか! とわたしがまだるっこしくきくと、のような関係ですよ、と駅員さんが、こたえる。

答えになってないから、この駅員さんは、ずるいひとだということが、わたしには、わかる。

  *

【文中に引用させていただいた句】

白鳥をたった一人で干している  榊陽子



posted by 柳本々々 at 00:40| Comment(6) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする