2015年03月15日

勇気のための川柳処方箋40 押す。

短縮ボタンひとつの距離に居るあなた  大西俊和

   *

M 『あざみ通信』14号から大西俊和さんの一句です。とつぜんですが、先日、吉岡太朗さんの『ひだりききの機械』について考える機会があってですね、で、ちょっと思ったのが吉岡さんのこの歌なんですよ。

ようわからんひとがしっこをするとこを見にきてしかもようほめる  吉岡太朗

この歌なんですけどね、《だれ》がおしっこをしているかでぜんぜん位相のちがう歌になるんですよ。たとえばですね、これを語っているのが〈犬〉だったとしましょう。犬がおしっこをしているのを人間が誉める図式。『吾輩は猫である』のように犬がそれを語っているというふしぎな歌になります。じっさい一首だけでみたときわたしはそういう歌なのかなあと思ったんですよ。でもですね、『歌集 ひだりききの機械』のなかで連作のなかの一首としてみてみると、〈介護詠〉としても読める。そうするとふしぎというよりは、むしろ日常的な歌なんだということになります。なんのふしぎもない。つまり、どういうふうな〈読み〉の枠組みを設定するかでこの歌の置かれる位相がぜんぜん変わってきます。

Y となると、この大西さんの「短縮ボタンひとつの距離に居るあなた」も、どこに・どんなふうに〈読み〉の枠組みを設定するかで意味が変わってきたりしますか?

M ええ。たとえば、ボタンひとつ押すことであなたを呼び出す〈介護詠〉としても読むことができるかもしれないし、ぜんぜん関係なくたとえばネットを介してですね、ワンプッシュであなたと通じあえるデジタルネットワークの歌として読んでもいいし、ロボットのようなSFとしても読める。どこに・どんなふうに枠組みを置くかで短詩というのは〈読み〉の位相が変わってきたりするんですよね。

Y なんだかそれこそこの大西さんの句に語られているように、短詩っていうのは短縮ボタンが内蔵されていて、でもどのようなボタンとして押すかによって「あなた」の現れかたも変わってくるんですね。

M 〈短詩〉=〈短縮〉っていうのはどこかでそうした距離感の圧縮がなされているかもしれないですよね。でもひとはそれを読むときにボタンを押す。そのボタンの押し方にもいろいろある。だからなにが〈正しい読み〉かではなく、どのような〈読みの枠組み〉のなかでじぶんは読もうとしているのか、そういうふうな〈枠組みに対する気づきの意識〉が割合重要なのかなとおもったりしたんですよね。

Y なるほどねえ。おしっこひとつとってもいろんなおしっこがあるんだ。

M ええ。

Y なるほどね……。

M ……。

Y …。

M ………。

Y (やだな。気まずいな。もう終わったのかな)

M ……………。

Y ……!?………(勇気だ……勇気を出すんだ……人間を押すんだ……)。

DSC_0698.jpg


posted by 柳本々々 at 20:21| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週俳1月2月の俳句を読む

週刊俳句第412号2015年3月15日
http://weekly-haiku.blogspot.jp/
【週俳1月2月の俳句を読む】に
飯島章友さんと江口が書いています。

↓飯島章友 川柳はストリートファイトである 
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2015/03/12_15.html
↓江口ちかる『南紀』を読む
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2015/03/12_17.html
posted by 飯島章友 at 07:27| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川合大祐の軌跡

小池正博さんがお書きになっている週刊「川柳時評」に当ブログのメンバー川合大祐の記事がアップされています。

週刊「川柳時評」 川合大祐の軌跡
posted by 飯島章友 at 07:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

勇気のための川柳処方箋39 呼ぶ。

穂村弘が落ちたぞおーいでてこーい  松木秀

   *

M 『おかじょうき』から松木秀さんの句です。ふしぎな句ですよね。

Y わたしもよく人生のいろんな穴に落ちてしまって出られないことがあるんですが(今も実は穴からしゃべっているんですが)、今回落ちたのは穂村弘さんなんですよね。

M ええそうですね。「穂村弘」という名前の使い方に注目したいとおもいます。「ほむほむ」でもなく、「穂村さん」でもなく、「穂村弘」です。たとえば、誰か落ちたらあなたならなんていいますか?

Y そうだなあ。「ひとが落ちました!」とか、「誰か落ちました!」とか、ともかく〈落ちた〉ことに注目させるかもしれません。だって、誰が落ちたっておおごとはおおごとでしょ?

M あら、いつになく冴えてますねえ。

Y わたしがこの穴に落ちたときに、「誰か落ちたぞ!」っていわれたんですよ。それでわかったんです。

M なんだよ、実体験かよ。

Y ……。

M あ、失礼。そうなんですよね。ひとが落ちたら、落ちたことをまず伝えるべきで、固有名はノイズにしかなりません。ひとはひとを固有名で助けたり助けなかったりするわけじゃないので。

Y するとこれは「穂村弘」が落ちなければダメだったんですね?

M そうですね。語り手にとっては「穂村弘」でなければならない。「穂村弘」が落ちたことが語り手にとっては一大事だった。

Y でもそのあとに「おーいでてこーい」と語っていますが、助ける気はないのでしょうか。ひっぱりだしてやるー、とかではないんですよね。おーいだいじょぶかー、とか。

M これもふしぎですよね。落ちた穴は自力であがれる穴らしいんですよ。或いはこの感じだと「穂村弘」が自ら穴に落ちていってしまった。「穂村弘」の意志だったので、「おーいでてこーい」と語り手は呼びかけてくる。そんな気もしてきますよね。

Y なるほど。だから固有名が大事なんだ。「穂村弘」が主体的に落ちていったなら、〈だれか〉じゃだめですもんね。すると、ちょっとおどろくことなんですが、もしかしてこれって、「穂村弘」が主体的に落ちていくのを目撃した語り手の句ということになるんですか。

M わたしはそうおもうんですよね。

Y なるほどなあ。じゃあこれってただ呼びかけてるだけのようにみえても実際はよく読んでみるといろんな細かい状況がわかってくるようにできてるんですね。なんだかそれ聞いてたら勇気がでてきた。わたしも、そろそろ、穴から出て行くときがきたようだ。

(Y、穴から這い出てきて、ドラム缶のなかに入る)

M 少しだけ前進しましたね。おなじような穴ぐらだけど。

Y ド、ドラム缶、大好きなんだ……。

20140909_170527.jpg



posted by 柳本々々 at 10:59| Comment(2) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

勇気のための川柳処方箋38 落ちる。

大丈夫ストンと夜に落ちている  ひとり静

   *

M 『おかじょうき』2015年3月号からひとり静さんの句です。ひとり静さんの句の特徴として、やわらかい口語体というものがあるように思うんですが、そうしたマイルドな口語は、いつも読み手が話しかけられているように感じることでひとつの〈あたたかさ〉を生むように思うんですね。ことばの温度っていうのは、じつはそういうところにあったりするんじゃないかとおもったりします。

Y 読むということが語ることでも書くということでもなく、話しかけられるということになるということですね。たしかになんだか帽子をかぶろうとしたら鳩がでてきちゃったようなふしぎさとあたたかさがあります。

M はい。たとえばうえのひとり静さんの句なんですが、「大丈夫」と上5が始まっていますよね。これは二重の意味でだいじょうぶなんだとおもうんですね。ひとつめは、語り手が感じている〈だいじょうぶ〉です。語り手はどこかで〈だいじょうぶだろうか?〉と感じてた。でも〈だいじょうぶ〉だと思えた。だから自分自身に語った。「だいじょうぶ」と。そしてもうひとつが、読み手に対してです。〈だいじょうぶだろうか?〉という読み手に対して「だいじょうぶ」と語り始めることによって「だいじょうぶ」に読み手を措定する。

Y たしかにわたしはこの句を読んだときに、読み始めたとたんに安心感を感じてしまい、中七の「ストン」のあたりでわたしも夜に落ちて安眠してしまったくらいです。

M ええ、そんなひとも出てくるくらいにこの句には、安心感やセキュリティがある。いま中7で落ちたといわれたけれど、この句ではどうしてだいじょうぶかの理由が語られていますよね。「ストンと夜に落ちている」。夜の落ちるから、じゃなく、もう落ちているのがポイントだとおもいます。つまり、わたしのちからや意志ではどうにこうにもならないこと(ここでは「夜」)がわたしたちを逆に救ってくれるのです。

Y たしかに救われた気がするし、元気にもなりました。

M それはこの句で安心してしまって、ただたんにねむりすぎたからだとおもいます。

Y じつはまだかたあしは夢のなかに浸かったままです。

M はい。あなたにはときにこちらの世界に帰ってくる勇気もひつようですね。

DSC_0670.jpg

IMG_20140303_012054.jpg



posted by 柳本々々 at 02:15| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする