2015年03月12日

勇気のための川柳処方箋37 乗る。

ほとんどが降りてしまった汽車に乗る  笹田かなえ

   *

M 『東奥文芸叢書 川柳15 笹田かなえ句集 お味はいかが?』(2015年3月)からのかなえさんの一句です。「ほとんどが降りてしまった汽車に乗る」ってとてもふしぎで、さびしくて、こわくて、でもどこかたくましいかんじもするんですけど、どうですか?

Y ふしぎですよね。わたしもよくほとんどが降りてしまった電車に乗ることがあるんですけど、それはただの回送電車に間違って乗ってるだけですからね。すぐに駅員さんにえりくびをつかまれて、外にだされてしまいます。

M はい。この句の語り手は、みんなとは行き先がちがう場所にいくことになるかもしれない、だけれども乗らなければならないってことでしょうか。みんな降りてしまうけれど、それでもわたしにはゆく場所がある。だからこの汽車に乗らなければならない。たとえ、ひとりだとしても。

Y 鉄郎と別れたばかりのメーテルのようなきもちですか?

M はい。でもこの句でちょっと注意したいのが「ほとんど」といっている点です。つまり、ほとんどが降りてしまってはいるけれど、でも残っているひともいる。それは、みんな、ではない。語り手とともに行こうとするひとがいる。語り手はけっしてひとりではありません。

Y わたしは、ひとりかもしれません。こないだも終電に乗ってるときに気が付いたらじぶんの駅を通り過ぎていて、みんなだれもいなくて……

M はい。私はこの句の勇気は、それでもわたしは汽車に乗らなければならないという句の結語にすべてが詰まっているようにおもいます。この「乗る」にはためらいがない。たとえほとんどが降りてしまっても語り手はこの汽車に乗らなくてはならない。この・汽車でなくてはならないんです。乗客の多寡が、問題なのではない。すこし孤独であっても、ゆかなければならない道がある。そしてその道をえらぶこと。それが勇気だとおもいます。

Y 終点ですか?

M いいえ、始点です。

DSC_0662.jpg


posted by 柳本々々 at 13:00| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする