2015年07月09日

木曜日のことのは蒐集帖C フックにかけておく乳房

帰ったらフックにかけておく乳房      悠とし子 (ふらすこてん句会 2015.07)

ボタンをぱちんぱちんとはずして(あるいは、かぶりのタイプかもしれない)乳房をフックにかける。
螺鈿細工のひきだしにおさめたり、うやうやしく台座にのせたりするのではなくて、無造作にフックにかけておくのがおもしろい。
乳房であれば、室内のデザイン的にもよろしい。

乳房の詩歌といえば辰巳泰子さんの短歌が浮かぶ。
乳ふさをろくでなしにもふふませて桜終はらす雨を見てゐる   辰巳泰子
一篇の物語が生まれでそうな歌だ。
あるいは
恐ろしき君等が乳房夏来たる 西東三鬼
圧倒されそうな、生命力。

悠とし子さんの句では、乳房が、母性や女性性の象徴でもなく、またはそれをまっこう否定する方向でもなく、からりとモノのように描かれていて愉快である。

川端康成『片腕』では、うつくしい娘が「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と右腕をとりはずす。持ち帰られ、だきしめられる片腕は、フェティシズム的性愛の対象にも思える。
悠とし子さんの「フックにかけられた乳房」は、ただただ純粋にモノである。そこがいい。

もし川柳の句会で「乳房」という題がでたら、どんな句がでるか。想像すると、ちょっとしんどい。乳房だって決めつけだけで詠まれたくないというものである。
「帰ったらフックにかけておく乳房」は、そんな乳房を想って、詠まれた句かもしれない。


posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 木曜日のことのは蒐集帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

父は存在しない:200字川柳小説  川合大祐

「そば清を知っているか」と列車の振動から猪口を押さえつつ、父親は言った。もうどれだけ食べたのだろう。カレー、餃子、カツの皿が、カウンターに積まれている。大嫌いだった。「あれで消えたのは」とまた言った。「そば清じゃない、世界なんだ」。気分が悪くて、食堂車を出た。さよならを告げていなかったと気づき、引き返した。父親はいなかった。ああ、消えたのは僕なのだとわかった。食堂車自体が、存在しなかったのだから。

  八月の食堂車から父消える  樋口由紀子(『容顔』より)


posted by 川合大祐 at 07:48| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

木曜日のことのは蒐集帖 B 代々のマトリョーシカ

代々のマトリョーシカでいきましょう  一戸涼子 (川柳カード 第7号)

三十年以上前、露文好きの友人からプレゼントされて以来、マトリョーシカが好きだった。
わたしのマトリョーシカは、その後みたものの多数が四頭身のドラえもん体型だとすれば、ボーリングのピン状に近く、ほっそりしていた。プラトークも衣装もシンプルで、顔立ちはバイオリニストの佐藤陽子さんに似ていた。ニスの匂いのする木製で(材料は菩提樹が多いと聞く)ひねると真ん中から上と下に分かれ、中からやや小さいマトリョーシカが出てくる。それもまた上下に分かれて、さらに小さなマトリョーシカが現れる。背丈順にならべるとマトリョーシカは五体だった。
意外だったがマトリョーシカの歴史はまだ百年強で、1900年のパリ万博に出展されひろく知られるようになった。箱根の七福神人形がヒントになったという説もある。(箱根の入れ子の一番外側は、額の長い福禄寿である)歴代の大統領など違うかたちを収めたマトリョーシカもあるが、やはり魅力は、同じかたちの大小が取り出せることで、もしこれが無限に続くと想像すれば、幻惑的な自己増幅である。

代々のマトリョーシカ」とは愉快である。
「代々の」というのを、ひとつのマトリョーシカからとりだされたものとは考えないから、増幅をはらむマトリョーシカに代々という時間の方向がくわって、空想上のボードゲームの升目が背丈のちがうマトリョーシカでばらばらばらと埋められていくようでおもしろい。

「いきましょう」は「今日の先発はマトリョーシカでいきましょう」という語感にひびく。
すると空想の升目をうめたマトリョーシカ達がいっせいに屈伸をはじめたりもするのだった。

         
posted by 飯島章友 at 00:45| Comment(0) | 木曜日のことのは蒐集帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

クリッククリック    大西俊和


コピーアンドペースト微笑するワタシ

クリッククリック夢の果てまで砂漠まで

パソコンで化石になってゆく雲よ

ワタシの画像もポイとゴミ箱に

カラカラこころネバネバネバのキーボード

神様に添付ファイルでワタクシを

ダウンロード途中フリーズした命

ネットサーフィンもうエンジェルに戻れない



【ゲスト・大西俊和・プロフィール】
1944年兵庫県西宮市生まれ。西宮市在住。1990年より2007年まで時実新子に師事。「かもめ舎」会員。1996年川柳集「恋法師」。1997年詩集「海辺の街で」。2015年句集「恋の蟻」。精神科医。


縦書き画像をご覧になるばあいは以下をクリックして進んでいってください
クリッククリック.gif

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 今月の作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする