2015年11月29日

空を飛ばないポストのように:200字川柳小説  川合大祐

と、いうわけで200字川柳小説をお送りしているわけですが、この200字、あまりにも匙加減がいい加減すぎるのではないでしょうか。鳥。と、とりあえず書いておいて、字数の過不足によって増減させればいいだけです。鳥。鳥鳥。鳥鳥鳥鳥。と書いた手紙を出しに行った。目的地の最後、「これ」がなんだか判らなくなって、通行人に聞いてみた。「これは何ですか?」「これはポストです」。天使はいるのだった。あ、鳥か。鳥鳥鳥。

  ポストです鳥の行方を聞かれても  内田万貴(「川柳木馬(第146号)」より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

「川柳木馬」第146号 2015・秋

「川柳木馬」第146号が発行されました。
同号の特集「作家群像 榊陽子篇」に、石田柊馬さんと飯島章友の文章が載っております。

 作家群像 榊陽子篇
 「違った表情─榊陽子の川柳」・・・石田柊馬
 「川柳プロレス中継─榊陽子vs川柳─」・・・飯島章友

榊陽子さんの60句と、畑美樹さんによる木馬作品鑑賞「二匹の猫の」も載っております。
木馬誌をご覧になりたい方は、以下の川柳木馬のアドレスまで。

kaori-mokuba(a)apost.plala.or.jp
※(a)を@に変えてください
 なお川柳木馬の許可をいただきアドレスを掲載しております

posted by 飯島章友 at 22:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

川柳の仲間「旬」No.202

syun202.JPG

川柳の仲間「旬」No.202 2015年11月号

 【会員作品】
 つぎはぎでいいよ翼は飾りもの   樹萄らき
 いつの間に風としゃべっている、狂う   千春
 添乗員と間違われる小池正博さん   柳本々々
 梨食べてボブマーリーの誇り持つ   桑沢ひろみ
 鬱の字に似ている土器が掘り出され   大川博幸
 紙コップ重ねて少し信じよう   池上とき子
 死火山の火が死のように燃えている   川合大祐
 釣り人の投げる夕陽だバカでかい   小池孝一
 積んでいく母しか着れぬSサイズ   竹内美千代
 納税をしても喫煙嫌われる   丸山健三


さて、「旬」誌には、或るお題を受けて会員が答える「イマージュ」という欄がある。大喜利のようなものと考えればいいかも知れない。

syun202_image.JPG

こういう各人のセンスが試される余興は、石部明さんも「ねむらんかい」という合宿でしていたようだ。ブログにそのときのお題と答えが掲載されている。以下がそのリンク。

ねむらんかい1
言葉のアトラクションA 

川柳は前句附がルーツであることを考えれば、川柳力を磨くいい練習になりそうだ。

川合大祐さんや柳本々々さんと一緒の誌で川柳を書きたい方、あるいは誌だけでも読みたいという方は、以下のブログでお尋ねになってください。
川柳の仲間 旬

posted by 飯島章友 at 21:30| Comment(2) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『川柳 裸木3』

『川柳 裸木3』が発行されました。
いわさき楊子さんが中心になってまとめられた同人誌です。
もともと、「@くまもとメール川柳クラブ@」というEメール上のやりとりが母体になっている、紙の本です。
会員一人につき二十句の作品と、それに対する俳人・歌人・柳人の方の批評で構成されています。
みなさん、個性的な作品が揃っています。
放し飼い、という言葉が頭をかすめるほど、自由にやってらっしゃいます。
この自由さがどこから来るかと考えると、各人がメールという「ゆるいつながり」でつながっているからではないでしょうか。
でも、それをあえて紙の本にするところに(あ、収録作はメールで発表したものだけではありませんが)、大切な意義があるのかもしれません。
電子化が日々進む時代、「川柳」の可能性を考える上で、重要なメルクマールになるのではないかと。
まあ、難しいことはさておき、読めば純粋に面白いのです。放し飼いですから。
何だろう、うまく説明できないのですが、「人生、ちょっと疲れたなあ」と思った時に読むと、元気が出る句群だと思います。

  おっほっほ 汗かいてますね御愁傷様    阪本ちえこ
  この春も横断歩道がきりんです       久保山藍夏
  上質のジョーカー たぶん いるね うん  樹萄らき
  あのひともこのひともまだこどもです    北村あじさい
  水を飲んでいるほうが敗者         いわさき楊子
  水になったよ 楽になったよ        上村千寿

私(川合大祐)も、端っこに参加させてもらっています。

  だから、ねえ、祈っているよ、それだけだ、  川合大祐

興味を持たれた方はこちらまで。 

 saki50ys*gamma.ocn.ne.jp いわさき楊子さん(*を@に変えてご送信ください)


posted by 川合大祐 at 09:33| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消えた竜:200字川柳小説  川合大祐

ブロントサウルスはもういないんだよ、と彼は言った。当たり前でしょ、恐竜なんて絶滅してるじゃない。彼は言った。そうじゃなくて、話せば色々長い事情があるんだよ。別に言い返しもせず、ふうん、と聞いていた。その長い事情が、二人の長い事情そのままのようで、それ以上問いかけるのが怖かったのかもしれない。巨大な、骨格標本の前だった。白い肩の骨が、すらりと地上へ伸びていた。ねえ、あのなで肩は、あなたに似ているよ。

  なで肩のひとと草食恐竜展  いわさき楊子(『川柳裸木3』より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(2) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする