2017年07月16日

僕らここから標本の羽背負う  清水かおり(バックストローク創刊号)

backstroke1.JPG


僕らここから標本の羽背負う  清水かおり

発行・石部明、編集・畑美樹による柳誌「バックストローク」創刊号(2003年1月発行)より。

「バックストローク」誌は2003年創刊号から2011年の第36号までつづいた。わたしは2009年から会員として参加していた(ちなみに「歌人集団 かばんの会」への参加もこの年だ)。

「バックストローク」創刊号の同人作品欄(アクア-ノーツ)に句が掲載されている川柳人を挙げてみよう。小池正博、金築雨学、筒井祥文、樋口由紀子、広瀬ちえみ、清水かおり、渡辺隆夫、松永千秋、楢崎進弘、松本仁、田中博造、前田ひろえ、北沢瞳、松原典子、横澤あや子、前田一石、山本三香子、浪越靖政、田中峰代、石橋水絵、白藤海、一戸涼子、丸山進、いとう岬、津田暹、石田柊馬、河瀬芳子、柴田夕紀子、草地豊子、井出節、畑美樹、石部明。
また会員作品欄(ウィンド-ノーツ)に句が掲載されている川柳人の一部を挙げると、加藤久子、徳永政二、中川一、山本忠次郎、矢島玖美子、木本朱夏、峯裕見子、柴崎昭雄、泉紅実、斉藤幸男、重森恒雄がいる。いま見るとほんと、精鋭の川柳人たちだなと驚く。

ちなみに「バックストローク」の命名者は倉本朝世さんだと、畑美樹さんの編集後記に書かれてある。

2003年1月といえば、わたしは東直子さんのところで月1回、短歌を始めたかどうかというころ。著名な歌人や大手短歌結社の名前すらあまり知らなかった状態だから、とうぜん川柳誌のバックストロークは知らなかった。それでも、短歌だけ作歌していたにもかかわらず、2005年ごろには石部明さん、石田柊馬さん、樋口由紀子さんのお名前はしぜんにおぼえていた気がする。

さて掲出句。
わたしには短詩作品の〈見所〉をみつける一つの指標がある。それは、一読明快でないために〈読みの流れがとまる箇所〉へ注意をはらうということだ(ただし単に初心者が句語という荒馬を乗りこなせていないケースや、ベテランでもロデオに失敗しているケースがあるので、そこは区別が必要かも)。
掲出句で一読明快でない箇所、つまり読みの流れがとまる箇所は「標本の羽背負う」だった。「標本」は、観察や研究のために特殊処理を施して保存されている嘗て生きていた個体やその一部だから、「標本の羽」を「背負」ったところで翔べるわけではない。

中村あゆみに「翼の折れたエンジェル」(1985年)というヒット曲があって、歌詞は「みんな 翔べない エンジェル」と言って閉じられる。清水さんの句も、「僕らここから〜」と言って未来へ飛翔しそうであるにもかかわらず、そもそもその羽は折れているも同然だ。翔べない。なにせ飛翔の用に供することができない「標本の羽」なのだから。なんと痛ましいことだろうか。

でも思う。どうして「僕ら」は、飛ぶための機能を果たし得ない「標本の羽」を「ここから」背負わなければならないのだろうと。もちろん、この一句だけからそれが分かる訳はない。しかし、「バックストローク」誌が川柳運動体として意志力があったことを考えると、その創刊号に掲出句が掲載されたことは非常に暗示的だ。というのも……。

「バックストローク」創刊号1ページ目には、石部明さんによる巻頭言が載っている。そこでは冒頭、田中五呂八の『新興川柳論』の言葉が引用されたあと、次のように書かれてある。

それぞれの時代と闘いながら、川柳革新に挺身した先人に思いを馳せた。常に先端を切り開く苦闘を厭わなかった先人の歴史をどう残し、どう蘇生し、次の世代にどう手渡すか。

この石部さんの文章に触れ、あらためて清水さんの句を見直したとき、シンクロニシティ(共時性)めいたものを感じずにはいられなかった。「僕らここから標本の羽背負う」という姿に、(常に先端を切り開く苦闘を厭わなかった)「先人の歴史をどう残し」「どう蘇生し」「次の世代にどう手渡すか」というバックストロークの精神がはからずも重なったのである。


見開きにイカロスの眼を描き入れる  清水かおり「川柳木馬」2012年・冬号


posted by 飯島章友 at 20:00| Comment(0) | 飯島章友・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィズ・トゥース:200字川柳小説  川合大祐

そうね、みんな知ってるけど、シンデレラが置き忘れていったのはガラスの総入れ歯だってこと。ママはラジオに投書してたわ。「この国の美徳はどこにいったのでしょう。入れ歯なんて、外から見るぶんにはわからない、口内に入れるのは絶対イヤなものを自己認証に置いて行くなんて、あまりにも卑劣ではありませんか。卑劣です」。要するに、みんな嫉妬に狂ってたわけ。え?あたしの入れ歯なら、桜の下に埋めて、どの木だか忘れたの。

  君を見る桜にすらも嫉妬して  千春(「川柳の仲間 旬」No.212より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする