2015年02月11日

勇気のための川柳処方箋A なにが起こるかわからない。

見覚えのない人に手を合わされる  久保田紺

  *

じんせいって、なにがおこるかわからないから、
おもしろいですよね。
わたしはさいきん大阪にいく機会があったんですが、
じんせいでおおさかにいくきかいがあるなんて
おもいもしなかったので、おどろいてしまいました。
おどろいたついでに、新幹線をまちがえて、
北上してしまい、大阪ではない場所にいこうとして
それもおどろいてしまいました。
大阪でおりたら、ブーケを多めにかぶったひとが、
わたしのまえにきて、手をあわせてきたので
それもおどろいてしまいました。
じんせいってなにがおこるかわからないから
おもしろいですよね、っていったら
そうでしょう、といってそのひとは
ほほえみ、もういちどてをあわせてきたので、
やるなあ、とおもいました。
わたしはそのまま、そのひとのまえを、
みおぼえのないひととして、みおぼえのないひとどうしとして、
たちさったのです。

たとえば、遅刻しそうでいそいでいるとき、たまにじぶんが浮いているときありますよね?
ひとってたまに浮くこともあるんだなあと
おどろいてしまいます。
はじめてスペースシャトルに乗った純真な初心者宇宙飛行士のようなきもちになって。

人生って、コーエン兄弟の映画みたいに
なにがおこるかわからないんですよ。
あした、あのひとからてがみがどっさりとどくかもしれないし、
あした、あのひとからじゃんじゃんでんわが
かかってくるかもしれない。

それもぜんぶ、みおぼえのないひとから
てをあわされる行為です。
わからないんですよ。これからなんて。
これを読みながら、あなただって、ほんのわずか
浮いてたりだって、するかもしれないし。2センチくらい。
ね。


posted by 柳本々々 at 22:24| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。