2015年02月12日

勇気のための川柳処方箋C にもかかわらず、あなたがいたということ。

太陽の人だからめぐりあえない  清水かおり

  *

川柳っていうのは、一見こんな意味にみえても、じつはもうすこし読んでみるとその一見した意味を句自体がくつがえしてくる、っていうことがあるとおもうんですね。

たとえば、清水さんのうえの句。

「太陽の人だからめぐりあえない」と語り手がその人とめぐりあえない理由を述べています。

ただ語り手がその人を「太陽の人」とことばにしたことに注意してみたいんです。
「太陽の人」っていうのは、決してネガティヴな意味でも、マイナスな意味でもない。
もちろん、語り手は相手が「太陽」みたいにまぶしいからめぐりあえないとはいっています。
しかし、うらをかえせば、語り手には、「太陽の人」がちゃんといたということでもある。

この世界には、「太陽の人」のようなひとがいない世界だってある。
そうした、在・不在が問題にされている世界のはなしではありません。
語り手がここで問題にしているのは、このわたしが「太陽の人」にちかづけるくらい「太陽」性をもつことができるかという〈このわたし〉の問題です。

だから語り手じしんがいつか「太陽の人」になって「太陽の人」とめぐりあう可能性はおおいにある。
なぜなら、この語り手の言語世界には「太陽の人」はいたんですから。

わたしがどんなに否定してもどんなに無視しても、
にもかかわらずあらわれてくるひとがいる。
でもそのひとはわたしの言語世界にはじめから
存在していたひとなのかもしれない。
だからいつでも、そこに救いがある。
その救いがこの句の勇気だとも、おもう。

posted by 柳本々々 at 22:24| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。