2015年02月15日

勇気のための川柳処方箋F 依存する無限の可能性。

ライナスの行進 海をひきずって  江口ちかる

  *

スヌーピーにライナスというもうふをひきずって歩くシニカルな男の子がいるんですが、かれの場合、おそらくもうふアディクションというか、もうふ中毒、もうふ依存だとおもうんですね。

あなたがいないと生きられない、という状態を、もうふにそのままたくして・ひきずって生きている。

でもこの句は、それを読み替えているところに、川柳としての生きていこうとするたくましさがあります。

ライナスがもうふをひきずって歩くことを、「行進」といいかえ、「もうふ」を「海」といいかえた。

ひきずる、というもうふへとうしろへと→に引かれるベクトルは、行進によってまえへまえへともうふの逆ベクトルとして←として直進することになり、かつそれでいて依存の対象の「もうふ」が「海」になったことで、もうふというモノへのフェティシズム(からの共依存)はうしなわれ、「海」というモノに還元しえない無限の領域がひらかれていくことになる。海には、依存も執着もできない。それはモノではないし、つねに変数状態にあり、境界づけられない場所だからです。
もうふとちがってじぶんをやさしく抱擁するだけのための場所でもない。ときにそれはシリアスでハードな場所であり、命さえ奪う死の場所です。

そんなふうにこの江口さんの川柳は、ライナスを、そしてすべてのライナスとしてのわたしたちを、読み替えてゆく。
川柳は、既存の文化をよみかえることがある。
そしてその読み換えのさきに、生きていく勇気がうまれることもある。
可能性はつきない。可能性がつきない場所だけが、海だと呼ばれる。


posted by 柳本々々 at 13:23| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。