2015年02月18日

勇気のための川柳処方箋L あなたのことを二度と探さない。

地下道と銀河は二度と探さない  兵頭全郎

  *

『川柳木馬 第143号』(2015・冬)から全郎さんの一句です。

「二度と探さない」と言い切った語り手。
ここには強い意志がみられます。

意志とは、なにか。

意志とは決していいきることではありません。
「二度と」と強調することでも、ない。

意志=意思とは、おそらく、定型をもちいて語ることにあるのです。

語り手は、みずからの決意を定型に託すことに決心した。

定型に託されたことばである以上、それは川柳というかたちをとり、定型詩という記憶のメディアとして、さまざまなくちびるに伝播し、記憶されてゆく。

川柳とは、あるひとりのにんげんが決めた決意と意志と記憶を、定型というメディアを介して、瓶詰めの手紙のように流してゆくこころみなのです。

地下道と銀河というあらゆる場所に通じてしまう〈通路〉を
みずからシャットダウンした語り手。
にもかかわらず、川柳という〈通路〉は封じなかった語り手。

だから、語り手がもしこんご、地下道と銀河をさがしはじめてしまうようなことがあったとしても、定型はゆらがない。定型で記憶したひともゆらがない。

川柳とは、ひとつの意志を貫徹させようとする、つよい勇気なのです。

IMG_20150218_174731.jpg

posted by 柳本々々 at 17:50| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。