2015年02月25日

勇気のための川柳処方箋22 恋する語り手。

散歩する水には映らない人と  八上桐子

  *

「第19回杉野十佐一賞「消」」の句だ。

この句が語っているのは、
水に映るひとと映らないひととのちがいだ。

語り手がいっしょに散歩している相手のことを「水には映らない人」と《わざわざ》語ったということは、語り手自身は「水には映る人」ということになる。なぜなら、自分と違わなければ相手のことには気づかないからだ。

でもここで、語っている内容よりも、語り手のさりげないことばづかいに注意してみよう。

「水には」という仮定条件の助詞づかい。

「水には映らない人」は「水には」映らないかもしれないけれど、他の場所には映るひとかもしれないということである。

じゃあ、どこに、映るのか?

それは「水には映らない人と」いま散歩している〈このわたし〉の眼だ。

わたしは水には映らない人と散歩している。
「散歩」という気構えのない、ぶらぶら歩きではあるけれど、語り手であるわたしはこのひとは「水には映らない人」なんだと観察するほどには相手のことを意識している。

散歩と観察がこの句のなかにおいては葛藤しあっている。

だからこんなふうに今回はしめくくってもいいとおもったりもする。

〈わたし〉はたぶん、水には映らないこのひとのことが好きなのかもしれない、と。
なぜなら、その人は、水《には》映らないけれど、このわたしの眼《には》ずっと映りつづけていたから。

posted by 柳本々々 at 12:00| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。