2015年03月26日

勇気のための川柳処方箋46 転べ穴を掘れ失敗しろ最悪を選べ見ちがえ言いちがえにもかかわらず通れすごくなれ


音たてて転べ誰かが見てくれる  定金冬二

   *

M 倉本朝世編『定金冬二句集 一老人』から定金さんの一句です。

Y 倉本さんが編集されて、巻末に「編集後記」も書かれているんですが、そこで定金さんの句を「穴の底にある本当の俗の深さ・強さ・豊かさが書けている川柳」と解説されています。これはいいかえれば、〈個の穴の底にある普遍性〉という言い方をしてみてもいいかもしれません。

M 〈転ぶ〉っていう挙措についてすこしかんがえてみると、ひとつはそれまでの自分がつちかっていた身体のコードやルールを崩すという意味合いがあります。Yさん、ちょっと転んでみてもらえますか。

Y こ、ここでですか? わかりました。……痛いっ!

M どうでしたか?

Y まず転んだことによってふだん見えないはずの風景がみえました。青空がひっくりかえったような感じになって。ふだんみえなかった床もよくみえたりして。あとはなんだろう、理性や言語ではくくれないような奇妙な倒錯感がありました。

M 実はけっこう身体が〈きちん〉としているからこそ、〈きちん〉と考えられていることが多いのではないかと思うんです。だからその〈きちん〉に穴はない。たとえば、デカルトだって、わたしは考える。だからわたしはここにいる、ということを寝ころんで足をばたばたさせたままでは思いつかなかったかもしれない。ところが定金的主体はちがう。われころぶ、ゆえにわれあり、なんですよ。ころぶところにわたしはいる。わたしがゆらいだそのときに、わたしが発現してくる。それはもう〈わたし〉というはっきりした主体じゃないかもしれない。〈一老人〉という someone かもしれません。

Y そしてそこから「誰かが見てくれる」という他者につながっていくのもおもしろいですね。

M そうなんです、転ぶということは、他者への呼びかけにもなっている。しかも〈声〉ではないんですよね。〈音〉、〈ノイズ〉です。どんな〈音〉がでるかなんて、転んでみなければわからないですから。でも、そのノイズによって、思いがけないひとが振り返る、ふりむく。だれかは、わからない。だからそれはつねにやはり someone なんです。

Y そうか、転ぶ勇気が必要なんだ。むかし、文学散歩の最中に、あははははと笑いながら歩いていたら、ダイナミックにすっころんでめちゃくちゃ恥ずかしかった記憶があります。そのとき、全員が、このひとどうしようもないな、という顔でわたしをみて、わたしは文学危機を感じました。

K でもそれでも可能性なわけです。ベケットも『いざ最悪の方へ』でこんなふうに言っていました。「もういちど失敗しろ、こんどはもう少しうまく失敗しろ」と。

Y 最悪を《あえて》えらんだときに訪れる可能性が、ひとには、あるのかもしれませんね。ときどき、かんがえるんです。ねころびながら、足をばたばたさせながら、あえて最悪を選びながら、可能性に身をゆだねていくことの、みずからの倫理的実践について。

M じゃあ最後に定金冬二さんのこんな句を。

  わたくしの通ったあとのすごい闇  定金冬二

DSC_0750.jpg



posted by 柳本々々 at 12:00| Comment(0) | 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。