2015年07月13日

流れよわが涙、と精神科医は言った:200字川柳小説  川合大祐

わたしはほほえみ、流れよわが涙と言った。わだちはほほえみ、流れよわが涙と言った。わだちはほぼ絵美、流れよわが涙と言った。あだちはほぼ絵美、流れよわが涙と言った。
あだちはほぼ絵美、凍れよわが涙と言った。あたしほほほ絵美、凍れよわが涙と言った。あたしほほほエム、凍れよばか涙と言った。あたしままポエム、恐れよばか涙と言った。
涙と言ったことだけは忘れずにいたかった。わたしはほほえみ、流れよわが涙と言った。

  コピーアンドペースト微笑するワタシ  大西俊和(「クリッククリック」より)

posted by 川合大祐 at 05:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。