2015年07月19日

「ふらすこてん」第四十号

「ふらすこてん」第四十号。
発行人は筒井祥文、編集人は兵頭全郎。

以下、筒井祥文選の同人欄「たくらまかん」から少しだけ抜粋。

 私たちの乳房は今も4月バカ  徳田ひろ子
 居酒屋を出れば僕らは暗合句
 素麺に戻ってしまったナルシスト
 スピーチの半ばで湧いてくる原油  湊圭史
 平仮名の「の」を一つずつ放りだす
 トロフィーを手渡すロボットの利き手  兵頭全郎
 ドーナツと穴とを分けてお届けに  
 粘着という語苔むす秋葉原  きゅういち
 遺伝子の翻訳として黒揚羽  増田えんじぇる
 哲学の道で南瓜の馬車になる  高橋蘭
 役立たずに囲まれている雌蕊かな  山田ゆみ葉
 おばあさん弘田三枝子に戻りそう  石田柊馬
 良い脳で劣化しているのが分かる  黒田忠昭
 一拍と二拍目のあわいで殺人  阪本きりり
 ニューハーフなんですもの揺れますの  山口ろっぱ
 肋骨の匂いで友達を選ぶ  月波与生
 廊下を滑って行く斑の乳牛  井上一筒
 さようなら自分の舌を舐めておけ  筒井祥文

徳田の二句目。
川柳では、固定観念による類型化は作品を陳腐にするばかりでなく、暗合句を生んでしまうリスクがあるため気をつけなければいけないが、反対に一般社会では、固定観念による類型化が社会を円滑にし、秩序を保つことに貢献している。
だからこそ人々は、居酒屋に寄って愚痴をこぼしてみたり、アホな一発芸を披露したりして類型から自分を解放している。
暗合句→居酒屋→暗合句→居酒屋→暗合句(以下略・・・・・・という繰り返しによって日本人は心のバランスを保っているのである。

湊の二句目。
これは、ある特定の文字を使わずに文を作っていく「リポグラム(文字落とし)」のことかしら。
この手法で書かれた小説としては筒井康隆の『残像に口紅を』が知られている。
というわけで湊の二句目から「の」を消してみよう。

 平仮名を一つずつ放りだす

承知しました。という訳で、

 平仮名一放

兵頭の二句目。
ドーナツと穴とを分けるなんて物理的にできそうにない。
とすると、ドーナツの穴ってじつは数学の〈点〉みたいに概念的なものなの?などと難しいことを考えてしまい、ちょっといま目まいがしている。
でも、くらくらさせられるのは大好きだ。

山田の句は「役立たず」という措辞が気にいった。
この雌蕊、つぎには「この豚!」とでもいいそうだ。

   * 

さて、6月6日に行われた句会のレポートを見たら、俳人の岡村知昭の名前を見つけた。
週刊俳句編『俳コレ』(邑書林)で岡村の俳句を見たとき、わたしの抱いていた俳句のイメージと大きくかけ離れていて、驚いた経験がある。
兼題「賭ける」の蟹口和枝選で「秀」になっていた句があり、次のとおり。

 プリンならいくらでもあるカジノかな  知昭

また岡村が選をした兼題「首」の「秀」も見てみよう。

 諦めたイギリス人のような首  祥文

ふらすこてん40.JPG

posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。