2016年09月13日

THANATOS 石部明 2/4

「THANATOS 石部明 2/4」(knot:小池正博 八上桐子)が発行されました。石部明さんの作品・評論と共にその創作人生を振り返る内容です。いっさいの無駄を省き、石部明の魅力をまとめた良質な冊子だと思います。前回の「1/4」は1977年〜1986年の石部明が取り上げられましたが、今回の「2/4」では1987年〜1995年に焦点があてられています。

2007(平成19)年のデータで少し古いのですが、季刊「短歌ヴァ―サス」第11号に「若手歌人白書2007」というアンケート企画がありました。その中に「好きな歌人・影響を受けた歌人を3人まで挙げて下さい」という質問があったのですが、得票順で1位が寺山修司、2位が塚本邦雄、3位が穂村弘、という結果でした。寺山と塚本の影響は現在の若手歌人にも絶大だったのです。
わたしは、これから川柳の世界に入ってくる若い人にとって、石部明はかならずや、寺山や恂{のような存在になるだろうと考えています。

ちなみに「THANATOS 石部明 2/4」は、9月18日(日)に開催される「第四回文学フリマ大阪」の「川柳カード」ブースで手に入るそうです。

 さくら咲き耳のいちまい蘇生する  石部明


posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。