2016年12月04日

大・切・断:200字川柳小説  川合大祐

いったいこれは何だ。いや言うな。わかっている。別に判じ物をしたいわけではない。ただこの「文明堂」と書いてある箱から出した直方体は何かと聞いている。黄色い物体の下に黒ずんだ皮の乗っているこれは何だ。何。裏返し。それを早く言え。裏返してみたがさっぱりわからない。何。「カステラ」と言うのか。初めて知った。思ったのだがこれはあれか。よく切断されて出てくるあれか。ならば切って出せ。何。切った。これは 何だ。

  カステラに切り目 矜持は棄てたのか  いわさき楊子(「川柳 裸木4」より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(2) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう川合さん。ときどき斧を振り下ろしたくなります。わたしにとっては、喩だの詩だの取り合わせだのという理屈を一喝できるのも川柳の好きなところです。
Posted by yo-ko at 2016年12月04日 09:30
コメントありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありません。どうか斧、お納めください。僕も句作するときは理屈で作っていません。ただ、読むときにはどうしても「理屈」に頼ってしまうのが脆弱性であると思っています。川柳は難しい(何を今さら)
Posted by 大祐 at 2016年12月08日 05:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。