2016年12月13日

【生き抜く川柳 ⌘ 川合大祐『スロー・リバー』を読む 3】

第2回 フュージョン感覚

小津夜景


『スロー・リバー』の巻頭を飾るのは次の句です。

ぐびゃら岳じゅじゅべき壁にびゅびゅ挑む  川合大祐

ぐびゃら岳で、じゅじゅべき壁に、びゅびゅ挑んでいる、といったシーン。「ぐびゃら」も「じゅじゅ」も歩いたり掴んだりしにくそうな、一筋縄ではゆかない質感です。「びゅびゅ」についてはふだん「風がびゅうびゅう吹く」などと言うだけあってなんらかの身を切るような状況を連想させますが、どちらかというとわたしはこの語に超人的びゅーんを感じとりたい派です。石ノ森章太郎に「超神ビビューン」なんてのもありましたし、余計に。

そんなわけでこの句、実はかなり《山岳文芸度》が高い。ありえない困難に立ち向かうさまが涙(と笑い)を誘います。

それはそうと「この句の『ぐびゃら』『じゅじゅ』『びゅびゅ』はオノマトペかハナモゲラか?」といった素敵な問いを飯島章友さんが立てているようです。わたしはこれ、オノマトペとハナモゲラのダブルミーニングになっていると思いました(ハナモゲラには意味がないので「ミーニング」と呼ぶのも変なのですが)。どの言葉も出自はオノマトペっぽい。つまり音になんらかの質感の喚起力がある。しかしながら意味に回収できるほどの具体性はない。このおおざっぱなフュージョン感覚が、雑種性の強いSFっぽくていいんですよ。

(次回につづく)

posted by 飯島章友 at 20:00| Comment(0) | 川柳句集を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。