2017年01月29日

今月のゲスト作品『LUNCH BOX   宝川踊 』を読む

LUNCH BOX   宝川踊
三世紀後にもお箸を洗ったよ
ミネラルを引きまわしつつ冬が来る
声を濾過そのジュラルミンの反省
帰らない言葉があるよ相撲にも
てーぱらんてーぱらんたたかう振付
まぶされた紙吹雪に探す原点
米粒をニュートリノを撒き丘になる
さよならのうしろにマヨネーズの余り


LUNCH BOXというタイトルでの宝川踊さんの8句。
お箸、ミネラル、ジュラルミン(かつてアルミ合金ジュラルミン製の弁当箱があったそう)まぶされた(おかずには、ゴマやら鰹節やらタラコやら、何かとまぶしがちなもの)、マヨネーズと、大半の句に、お弁当箱がらみのワードが投入されています。
いろんな要素を詰め込んだ、という意味合いもあるのでしょうか。

三世紀後にもお箸を洗ったよ
未来からの報告です。
「お箸を洗ったよ」には近しいひとに向けられたような語感があります。
三世紀後には変化の方が多いはず。あえて「お箸を洗ったよ」と報告するやさしさ。ささやかな、こうふくな共感をえようとするココロの動き。
ほっこりする句でありました。

帰らない言葉があるよ相撲にも
「返らない」のではなくて「帰らない」のだから、自分発信の言葉なのでしょう。
かつて口にした言葉が、帰らない。
後悔なのか、忘却なのかは不明ですが、「帰らない言葉がある」という認識は誰にでもあるのではないでしょうか。
それが相撲にもあるという。
擬人化された相撲の存在感が、哀切。

てーぱらんてーぱらんたたかう振付
以下、妄想読みですので、ご容赦を。
「相撲」の句と並んでいたものですから、脳内には、うつくしい力士がふたり。
たがいに張り手をスローモーションで「てー」くりだして「ぱらん」と垂らす。たたかいのための振付を披露して、こちらをみる力士、満面の笑み。(以上、自覚ありの妄想読みです、失礼しました)
「たたかう振付」っておもしろいです。たたかいは一発本番のはずなのに、振付が用意されている。妙にリアル感があるのが興味深いです。
「てーぱらんてーぱらん」は「手がぱらん」ではもちろんなくて、すてきなオノマトペなのでしょう。擬音でなく、擬態。あるいは純粋、音。あとに「振付」という言葉が置かれているためか、「てーぱらんてーぱらん」に動作をつけたくなってしまいます。

さよならのうしろにマヨネーズの余り
この句にはくすっとなりました。
マヨネーズって一味足すもの。野菜炒めに、卵焼きに、明太子のパスタに。
「さよなら」も、意識無意識問わず、マヨネーズを足すみたいに、脚色されがちなものではないかしらん。
同じテーマの句はやまほどありそうですが、この句のウィット、よいですね!✨


たのしく読ませていただきました。



posted by 江口ちかる at 14:00| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。