2017年03月01日

いばひできを読む柳本々々

らりるれれ季節変わりの声変わり  いばひでき

らりるれれ/り/りとラ行音によってリズムがつくられているのがわかります。

以前から興味があったのが、川柳に出てくるラ行音です。

ちょっとヒントになることを八上桐子さんが徳永怜さんの句を引きながら書かれていました。

Re:Re:Re:Re:Re: もっとRe:Re:Re:Re:  Re:Re:Re:Re:Re:  徳長怜

徳長さんのこの句をですね、八上さんは「音読」をして「リリリリリ もっとリリリリ
リリリリリ」と読まれたんですね。「切実さを帯びる」のが「効果的」と書かれています(『川柳木馬』150•151号、2017年1月号)

で、この「Re:」だけみれば意味としてはメールの返信になっていくんだけれど、でも八上さんが示したように短詩っていうのは律でもあるので、リリリリリリリリリリと続いていくことで、鈴虫が鳴いているような、ベルにせき立てられているような、音の切迫感が出てくるわけですよね。

ラ行っていうのはつまり、そうした音から読むことの示唆なんじゃないかっておもうんです。

小池正博さんがこの同じ『川柳木馬』で川柳の、いや、表現の出発点っていうのは、〈既知のわたし〉ではなくて、言葉をとおしてあらわれてきた〈未知のわたし〉にであうことなんだよ、と書かれていたんだけれども、こうした、リズムとしての言葉の主体性がたちあがってくるしゅんかんにたちあうことも〈未知のわたし〉にであうことなんじゃないでしょうか。それはときに、無意識であり、ふいうちであり、意想外であるんだから。

わたしはこの律、リズムのふいうちの感じになにかちょっと可能性があるんじゃないかとおもうんですね。それは短歌もそうなんじゃないかとおもうんです。 

で、長い遠回りをしていばさんの句なんですが、いばさんの句がおもしろいのは、

らりるれれ季節変わりの声変わり  いばひでき

というふうに「り」というリズムに引っ張られて「変わり」が二回も出てきたところにあるとおもうんですよ。これはラ行音のリズムを意識しはじめたとき、すなわち、「れれ」と反復し気づいてしまったときに起こってしまった〈大変化〉なんじゃないかとおもうんですよ。

だから、そういう律に気づいたわたしの変化の句として読めるんじゃないかとおもったんです。

連作タイトルは「ギター」。音が走り始めてしまったとき、わたしはどんなわたしにであうのか。みすぼらしいわたしなのか、それともきらきらしてるのか、それとももじもじしてるのか、それとも、まごまご、いや。

谷底に落としたギター逃げ出した  いばひでき

posted by 柳本々々 at 07:09| 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする