2017年03月08日

服飾から考える古畑任三郎 安福望×柳本々々−ファーストシーズン第6話「ピアノ・レッスン」(犯罪者:井口薫【ピアニスト】=木の実ナナ)

安福 今回の木の実ナナの回なんですが、一番きになったのが、ネックレスだったんですよね。なんか、巨大な数珠みたいなネックレスつけてて、自分をなんか封印してるかのようにみえた。でっかいネックレスだなあっておもった瞬間にばらばらになったからびっくりしました。

柳本 たしかにそう言われてみると今回は井口薫の派手な帽子を古畑がかぶってみたりと服飾への留意が出てましたよね。
私がこの回でおもしろいなって思うのが、古畑が白いシャツを着てますよね。これって今回の犯人のピアニストのピアノの白黒の鍵盤とあわせてるわけですよね。シャツのカラーを、今回の犯人のテーマと。
こんなふうにファーストシーズンの古畑は事件のカラーにあわせてシャツを着替えていくんですよね。前回は、将棋がテーマだったから駒の色にあわせてシャツも黄土色というか薄い茶色だった。
ということは、古畑にとってはひとつひとつの事件ってとっても思い入れがつよいはずなんですよ。ファーストシーズンはとりわけて。だって、ひとつひとつの事件ごとにその事件にあわせてシャツを着替えているんですから。
この白いシャツのときはピアノの事件だったなあとかね。
だから、黒を着たときも、「わざわざ」黒を「選んで」着ているってことなんですよ、小説家の幡随院の狂言誘拐のときに黒を着ていたんだけれども、たぶん幡随院のひとをひととも思わないようなこころが真っ黒な感じともかかってるのかなと思うんだけれども。
ファーストシーズンはそんなふうに事件ごとにシャツを着替えていた。色が変わっていた。
ところがセカンドシーズンはシャツが黒一色になるんですよね。それは古畑が事件のカラーにもはやじぶんをあわせないで、すべての事件のうえにいく、超越者みたいな存在になっちゃったっていうことだとおもうんですよ。ちょっとした神様みたいに。
だからわたしはファーストシーズンがすきなんですね。このころって古畑は犯人たちといっしょに成長してたんだとおもうんですよ。だからシャツの色が定まってない。
犯人とであい、対話し、さまざまなことを教わり、別れ、ときどき犯人のことを好きになり、成長していく。変化していく。
わたしはそれが事件のカラーにあわせたシャツのカラーの変化にあらわれていたんじゃないかとおもう。

安福 そうかあファーストシーズンは犯人たちといっしょに成長していってたのかあ。まだ未熟な状態だったんですね。完璧な古畑じゃなかったんだなあ。シャツが黒に固定になって、完全な古畑になったんですね。
木の実ナナの回って、堺正章の回に似てるなって思ったんですよ。
木の実ナナはピアノが入れ替えられたのを知らなかったじゃないですか。みんなは知ってたのに。堺正章も、あのなんだっけ、舞台装置の下げ方を自分だけ知らなかった。殺人って、犯人しか知らないことだなあっておもって。
なんか逮捕の決め手が、犯人だけが知っていることと犯人だけが知らないことになるんだなあって思いました。

柳本 たぶんひとってどんなにじぶんが優秀だと思っても去勢を受け続けるってことだとおもうんですよ。それは短詩の定型もそうだけれど、なにかを自由に発話しようとしても定型によって去勢されるわけですよね。定型は目にみえるかたちでの去勢だけれど、実は目にみえない去勢っていっばいあるとおもうんです。
犯罪を犯すとそういう去勢ってもろにわかるんじゃないかな。ああじぶんは完璧な人間じゃないって。
このあとの話で出てくる桃井かおりが「完全犯罪って難しいのね」って言ってますが、ひとがどうして完全犯罪ができないのかというといろんな局面で去勢を受けてるからだとおもう。
たとえば男性らしく動いてしまったり、女性らしく動いてしまったり、自分がこうしようとおもっても他者は別なふうに動いてしまったり。
そういう去勢のなかで、ひとって生きてるとおもうんですよ。
だから、短詩ってときどき、去勢の練習をしているんじゃないかって思うときがあるんですよ。
そういえば今回の古畑の話はラストで古畑が去勢をうけますよね。今ここで演奏してもらえませんか?って井口薫に提案すると、わきまえなさい、と怒られる。古畑が去勢されて話が終わる。完璧な人間がひとりもいないで終わる話です。

安福 (まさか去勢の話になるとは。でもそうか、なるほどー去勢かあ。そうだよな、やぎもとが言ったことから今までのことを考えてみても、犯人は殺人を隠すために、被害者が生きてたようによそおったりする、でも必ず失敗するんだ。他者を模倣しようとしても必ず自分がでてしまう。そういうことだろ。いやいやちょっと待てよ。あ、そうか、この人と全く同じことしようとしたときに、でてくる違う部分が個性なのかなあ。まねしようとしても結局失敗するんだ。そういうことだろ。絵もいっしょだろ。その失敗の部分がそのひとの個性なのかなあ。そうだろ。違うか)

柳本 ?


download_20170308_215314.jpg
安福望:古畑任三郎「ピアノ・レッスン」の回の絵

download_20170308_211746.jpg
柳本々々:古畑任三郎「ピアノ・レッスン」の回の絵

posted by 柳本々々 at 21:21| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする