2017年04月11日

ゲスト作品「暮らしラッシュ」をよむ


ゾンビになったら探そうゾンビのしあわせ   山中千瀬

通勤ラッシュと通学ラッシュが融合した朝の駅では、動く歩道に、ホームへの階段に、連絡用通路に、実にたくさんの人が押し寄せる。彼らは皆一定の方向に向けて、なおかつ一定のペースで歩みを進める。急いで走ることはなく、かといってのんびり歩いているわけでもない、奇妙なスピード感。自らの意志のようにも、何者かに操られているかのようにも見える、不思議な歩行。彼らを眺める度に、私は決まってホラー映画のワンシーンを思い浮かべてしまう。白眼をむきボロボロの服をまとい、土気色の両手を前に突き出してゆらゆらと近付いてくる、大量のゾンビの群。何より怖いのは、私もまたいつのまにかその中の1人になっていることだ。とはいえ〈暮らし〉の中で消費し消費されることはどうしたって避けられない。
しかしこの句は「ゾンビになったらゾンビのしあわせを探そう」と言う。やむをえずゾンビになってしまう事を決して否定せず、その中で幸せを探そうと、探しても良いのだと、言ってくれる。私はそれを皮肉ややけっぱちなどではなく、一種のエールとして心にしまいたい。

posted by 倉間しおり at 14:19| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。