2017年04月18日

【小連載】天使(「安福望キャラクター辞典」)

download_20170418_155404.jpeg

やぎもと やすふくさんの天使って元気ないきがするんだけどどうですか?

やすふく え、元気ないようにみえるんですね

やぎもと うん、なんかせっかく天使なのになあとおもって。

やすふく うーん、あんまり天使が元気あるかどうか考えたことなかった。

やぎもと いま羽ばたかんとす! みたいなのないじゃない。

やすふく ああ、なるほど。

やぎもと 羽根はえてもすわってるし。

やすふく なんか私の天使は木下龍也さんの短歌から生まれたんですよ。初めて天使描いたの、木下さんの「あの羽は飾りなんだよ重力は天使に関与できないからね」

やぎもと ああ、それおもしろい。じゃあ短歌のワールドがそのまま移行してくるってことなのかあ。安福望のキャラクター性は短歌に胚胎している部分があるんだ。

やすふく あ、そうですね。この短歌のイメージでずっと描いてる気がする。天使は。だから、羽ばたかないんですよ笑。飾りですね。羽。


posted by 柳本々々 at 15:56| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする