2017年06月29日

今月のゲスト作品を読む: モンスターボールに捕えられた僕  藤みのり

モンスターボールに捕えられた僕  藤みのり



モンスターボールを地球の部位にたとえて説明するなら、北半球が赤、南半球が白、赤道に黒いベルトを巻いて、その上にボタンがひとつついている。(他にもいろんなバージョンがあるらしい)
任天堂の『ポケットモンスター』のアイテムで、ポケモンを捕獲したり、移動時に収納するのに使う。捕獲の方法は、狙ったポケモンに投げること。あたればポケモンはボールにはいってしまう。

「僕」はモンスターボールに捕えれらた。ボールを投げたのは「君」なんだろう。
「モンスターボールに捕えられた僕」という状況のみを言って、その外のことは読む人が想像するわけだが、わたしには「僕」は甘美な思いを抱いているように思われる。
小さくなってすきなひとのかたわらに収納されたい。そんな感情は屈折なのだろうか、類型なのだろうか。(まぁシュリンカーとは別として考えたいのだけれど)

財津和夫が『心の旅』で
「もしも許されるなら眠りについた君をポケットにつめこんでそのままつれ去りたい」と歌ったとき(調べたら、昭和48年、なんだそうだ)こどもごごろにうっとりしたこと、
またテレビ版の「南くんの恋人」の、高校生の南くんと15センチの身長になってしまったちなみとのファンタジーも思い出された。

『心の旅』も『南くんの恋人』も縮小される(縮小をイメージされる)のは女性だけれども、この句では「僕」。
今の気分で読むと、それもまたナチュラルな感があった。


posted by 江口ちかる at 22:52| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。