2017年08月19日

「川柳文学コロキュウム」No.77と赤松ますみ@

colloquium77.JPG
「川柳文学コロキュウム」No.77
編集・発行人 赤松ますみ

大阪の「川柳文学コロキュウム」は平成15(2003)年6月に設立された。来年で創立15周年となり、全国誌上川柳大会が行われるとのこと。代表は赤松ますみさん。
作品欄のほか、外部執筆者と赤松さんによる鑑賞欄、句会報、エッセイ、『武玉川』鑑賞、受賞報告、新刊紹介、お便り、全国の川柳大会告知などなど、とても充実した誌面になっている。

【カレイドスコープ】(会員自由吟自選)
曹達水 クスクス朝の生まれるところ  笹田かなえ
「もしももしも」とさざ波になりました  桂 晶月
えっという声が聞こえた試着室  毛利由美

【フィッシュアイ】(自由吟 赤松ますみ選)
珈琲は濃くって漢字読めなくて  斉尾くにこ
そうですよトイレは秘密基地ですよ  高瀬霜石
たしなみとして火曜日は置いていく  月波与生

【第166回句会】
真ん中に秘密結社があるキャベツ  桂 晶月(宿題「キャベツ」)
ムーミンの腰のあたりで午睡する  田口和代(宿題「ほんわか」)
呼び鈴を鳴らし続けている四月  嶋澤喜八郎(宿題「自由吟」)

【第167回句会】
こっそりとエステサロンへ行くメロン  赤松ますみ(席題「メロン」)

【第168回句会】
口では負けるけど尻尾では勝つわ  岡谷 樹(席題「尻尾」〉
お黙りと斜めに雨が降ってきた  新保芳明(宿題「自由吟」)

最後の「お黙り〜」の句が大好きだ。作者の意図は分からないので、もしかしたらシリアスな心情が詠まれているのかも知れないけど、平明にして面白い。
「お黙り」という言い方は、加賀まりこや美川憲一を思い出す。反論をピシャッと遮断してしまう言葉遣いではあるのだけど、二人が築きあげてきたキャラクターや絶妙な言い方が〈ご愛嬌〉を感じさせるのだ(ちなみに二人が主演の「おだまりコンビシリーズ」という2時間サスペンスもあった〉。
この句でも「斜めに雨が降ってきた」だけなら天から罰や説教を受けている雰囲気が出てしまうけど、「お黙り」という姐御的・オネエ的なご愛嬌を呼び起こす言葉によって深刻さは脱臼させられている。
また「お黙りの〜」別案として、「うるさいと〜」「お静かにと〜」「じゃかあしいと〜」「シャラップと〜」などが考えられるが、音数的にこなれていなかったり品がなかったり。ここはやはり「お黙り」だろう。

川柳文学コロキュウム

(つづく)

colloquium77_mokuji.JPG

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。