2018年02月17日

「川柳木馬」第155号 2018・冬

「川柳木馬」第155号
発行人 清水かおり
編集室 山下和代

今号の特集は、長年、木馬誌が取り組んでいる「作家群像」シリーズで、今回はきゅういち篇である。プロフィールによるときゅういちさんは、2003年より作句、川柳結社「ふらすこてん」同人、川柳「北田辺」会員、そして創刊されたばかりの「晴」メンバー。

同欄は、プロフィール、作者のことば、川柳60句、そして二名の執筆者による作家論がその内容だ。今回は、江口ちかると柳本々々がきゅういち論を執筆。二人とも散文に慣れているので、きゅういちさんの作品の良さを的確にプレゼンしている。

以下、掲載されているきゅういち作品から引用。

朝礼のみんな卵を産みたいの
義母笑う小っちゃい蜘蛛を吐きながら
カメリハを終えて寛ぐ斬首台
火付けして逃げる足音までスミレ
牛乳を吹き出す近畿一円に
ラーメン鉢の底に愚問と書いてある


「きゅういちのブラコメ劇場」と言いたくなるような川柳がいっぱいある。自分ごときが言うのはおこがましいと思いつつ言ってしまうのだけど、近年のきゅういちさんの川柳はホント面白い。以前は技巧派という印象をもっていたのだけど、いまは川柳的な〈華〉も加わった感がある。まるで凱旋したプロレスラーのように。

あくまでも私見であるが、詩性川柳の世界に限っていうと、21世紀に入ってからは女の川柳人が注目され、作品をリードしてきたように思う(たぶん人数も女のほうが多いだろう)。実際、わたしも影響を受けたのは圧倒的に女の川柳人が多い。しかし近年、きゅういちさんを筆頭に、徐々に男の川柳人の作品にも〈華〉が出てきたと思うのだ。それが誰と誰と誰なのかは、いちいち挙げないでおく。「何だ、オレ様の名前がないじゃないか!」といわれるのがコワいから。何にせよ、男の川柳人の活躍が今後も続くのならば、秀句とされる作品の質に大きな変化が生じるかも知れない。

【木馬座 会員作品】
ガムシャラをあばら骨からつまみ出す  岡林裕子
大空へ鯨見送り秋に入る  内田万貴
オリジナル凶器とすべし「お上品」  小野善江
静物になる肩胛骨の一本  濱田久子
時おり迷子になる小数点  山下和代
コスモスも桔梗も海になる前夜  清水かおり
真ん中で土偶の母は動じない  川添郁子

なお、木馬座句評では「ねじまき句会」の丸山進さんが、とても丁寧な鑑賞を書かれている。こちらも必見。

posted by 飯島章友 at 09:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。