2018年04月30日

【短句】誹諧武玉川の短句と近現代の川柳十四音【十四字詩】A


【短句】誹諧武玉川の短句と近現代の川柳十四音【十四字詩】@


さて、武玉川の次には、近現代の川柳十四音を挙げてみよう。

白粉も無き朝のあひゞき  川上三太郎 
はつかしいほど嬉しいたより  岸本水府
今出た月を捨てる行水  前田雀郎
女のいない酒はさみしき  麻生路郎
水 水 水 と 笑 止 千 万  木村半文銭   
柿を知らないカール・マルクス  川上日車 
おれのひつぎは おれがくぎうつ  河野春三
胸の
 氷河の
  軋む
   交媾
  松本芳味
クラス会にもいつか席順  清水美江
予定の言葉うばうくちづけ  江川和美
カバン叩くと軽い脳味噌  佐藤美文
死ぬまで喋るTELTEL坊主  渡辺隆夫
起立している気絶している  普川素床
カーテンらしくふるまっている  佐藤みさ子
チャーシュー麺は春に似ている  樋口由紀子
君の胎児を恋人にする  小池正博
切り離されて列車気化する  岩田多佳子
うなじ付近で謝罪会見  本間かもせり
月の墓場をだれも知らない  飯島章友
虹の下にも道化師ピエロはいるさ  いなだ豆乃助


こうして明治から平成にかけての表現の変遷を見ると、川柳十七音とほぼ同じ軌跡を辿ってきているのが分かる。まあ、川柳人が書いているから当たり前ではあるが。

ところで、川柳十四音=7・7句を創作したり鑑賞したりしていると、ちょっとしたメリットとデメリットに気づくことがある。しかも、そのメリットとデメリットは、表裏一体の関係にあるようだ。通常の5・7・5形式と比較して説明しよう。

通常の5・7・5の形式は、三つのパートから成るので、中七で意味に〈捩れ〉ができることが多い。

 かんざしもさか手に持てばおそろしい  (柳多留二篇)
 いもうとは水になるため化粧する  石部明


両句とも、「かんざし→おそろしい」「いもうと→化粧する」と下五で着地するわけだが、中七でそれぞれ「さか手に持てば」「水になるため」という〈条件〉〈理由〉が組み込まれている。そのため、下五へ一直線に着地する単調さを回避し、意味に捩れを生んでいる気がするのだ。

ところが、7・7の形式のばあい、二つのパートしかないのだから、中間で〈捩れ〉ができない。試みに、柳多留のかんざしの句を7・7に仮構してみよう。

 おそろしいのは逆手かんざし

これだと「おそろしい→逆手かんざし」と一直線に意味が結ばれるので、捩れが生まれない。このため、川柳十四音を群作にすると、読者に一本調子な印象を与えてしまうデメリットがあると思うのだ。しかも、川柳十四音の定型は、「◯◯◯◯◯◯◯・◯◯◯◯◯◯◯」と音も等量である。いってみれば、上七と下七で、意味と韻律とがきれいに対応する構造をもっている。この円環構造が単調さを招く。もちろん5・7・5形式にも、

 色気だだ漏れのみたらし団子だな  飯島章友

のように句跨りによって、「色気だだ漏れ→みたらし団子」と一直線に意味がつながるケースもある。だが、7・7形式のばあいは、句跨りや一字空けを用いた変則的なパターンは出てきていないし、7音+7音以外のパターンは、むしろ「自由律」の印象を与えてしまいそうだ。

 天秤の恐しさにだまり  井上信子
 ありがとうと言う骨のかたち  畑美樹


上掲句は、ともに十四音になっているが、このばあい川柳の自由律といった方がしっくりくる。7・7形式の変則という印象は受けない(もっとも、7・7句がマイナーな形式だからそう思えるだけかも知れないが)。

ひるがえって、ここまで説明してきた川柳十四音=7・7のデメリットは、メリットでもあると思う。だからこそ、この形式が廃れずに残ってきたのではないか。先に述べた捩れのなさというデメリットは、裏を返せば〈小気味好さ〉につながる。春三の〈おれのひつぎは おれがくぎうつ〉の潔さは、7・7形式ならではかも知れない。また、飛躍した発想やコトバで勝負することが多い現代川柳では、〈条件〉や〈理由〉といったアリバイを書かないほうが衝撃力を増す。由紀子の〈チャーシュー麺は春に似ている〉や、正博の〈君の胎児を恋人にする〉といった句は、その好例だと思っている。

なお、平成30(2018)年4月20日に発行された「川柳サイド Spiral Wave」第3号では、川合大祐と飯島章友が川柳十四音の作品も掲載している。また、十四字詩専門の雑詠欄をもつ川柳雑誌「風」に興味がある方は、代表の佐藤美文にご連絡を。「風」はホームページを持っていないが、美文は「大宮川柳会」の代表でもあるので、「風」と事務局が同じである。大宮川柳会のリンクを貼っておく。

大宮川柳会
http://www.nissenkyou.or.jp/map/09saitama/omiya.html


posted by 飯島章友 at 12:00| Comment(0) | 川柳論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。