2018年11月03日

現代川柳ドリル6 はっきりと思い出せないX構文/柳本々々

2018-11-032020073A443A51.jpg
【例句】はっきりと思い出せない猿の足/樋口由紀子

【適当句】はっきりと思い出せない力士の目

【ポイント】
*むずかしめ。そもそも思い出せそうで思い出せそうもないものを穴埋めするので、わりとむずかしい。しってて・しらないこと。じぶんの内部、なにをおれはわすれていたんだっけなあ、なにをおもいだせそうなんだっけなあ、に降りていくひつようがある。
*そういうふうにかんがえると、川柳は、思い出せそうで・思い出せないなにかをさがす、わすれてたのに・わかってたことをさがす、じぶんのなかに降りていく精神分析的なものかもしれない。
*特に樋口さんの句は、自分や世界がふだん忘れていたものをさがしあてるような精神分析的な句がおおいかもしれない。
*これは俳句が唯物的で、川柳が唯心的なところにもちょっと似通っているかもしれない。「猿の足」はモノなんだけれど、それが「思い出せない」に回収されることによって、こころの問題、なにか大事なものを忘れていることの喩え、唯心論になっている。
*川柳がどうしてカオスなのかといえば、それは精神分析だからです、と答えることもできる。
posted by 柳本々々 at 07:46| 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする