2019年01月30日

杉倉 葉「流体のために」を読む

 たとえば、短詩型というモノ=コト=トキをひとつの、という「ひとつの」自体がすでに先触れとしてあるのだが、ひとつの断裂としてとらえること、絶え間ない〈何か〉の一部を切り取ったものであるという認識は可能であろうし、それは思いもかけぬ豊穣さを書き手=読み手=テクストに与えるであろうことは想像に難くないが、しかしそこで想定されている〈何か〉すなわち〈流れ〉とは別の〈流れ〉として、完璧に〈作者〉の統御下にあると見える作品の隙間から、それこそ何其れのように、と無限の類比を発生させる無意識、ないしはノイズが漏れ出してくることは当然あるだろうし、それこそが、いっそ奇蹟、と呼ぶべき作品なのだ。
 この「流体のために」が奇蹟の名にふさわしいかどうかは今は置いておき、一読して目を引くのは無論ドゥルーズのテクストを下敷きにした飛躍であり、詩的なうつくしさであることは疑いなく、そこに見られるのは、挙げるなら『差異と反復』という書名を流用しなお「差異と反復 裁断の」という一字空けによる「差異」から「裁断」への反復と裁断を表現した自己言及であり、またこの連作の八句目が『差異と反復』であるなら一句目は「流体として孕まれて」というやはりドゥルーズのコンテクストを指向した句であり、二句目の「暗殺」「コーヒーに落とす」には七句目の「暗い」「雨が、降っていた」が対応するだろうし、三句目の「無傷の翅」は六句目の「睡眠が祈られる」「好きなひと」のイノセンスと相通じるだろうし、四句目の「ひかりに」は五句目の「星」「あふれだしてゆく水銀」にイメージとして重なり合うと読むことが出来るのであり、すなわち、この連作は四ー五句目の間隙を折り線として、前半と後半が鏡のように対応しあっているのはまぎれもなく、作者の統御が作品を律していることの証左に他ならない。
 だがここまでは、作者の意識下と読むことは可能であるが、無意識下として作品を読むことは可能であろうか、という問い自体が、他者の意識を詮索出来ると確信している傲慢さでもあろうが、それでも作者の統御を放たれて飛翔する蝶が、いっそ奇蹟の名にふさわしいのではあるまいか、という断言もまた傲慢の謂であるが、しかし〈作者の統御〉にすべてを帰するには、ドゥルーズを引く作者に対しては、ある意味で礼を欠くことになりはしまいかという懼れもあり、それ以上に作品の魅力が、〈読み手〉であるわれわれに、このテクストに参加したいという欲動を統御不能とさせるのだった。

  たえまなく流体として孕まれて

 この句において、なにが選択され、なにが選択されなかったのかという問いは、ある地層まで有効であると思われるのは、「選択」という行為がひとつの「切断」であり、「流体」を切断することによって短詩型が成立するというのならば、この愚かにも見える問いにも何らかの意義はあると正当化はできるであろう。
 選択されたのは「たえまなく/流体/として/孕まれて」という、これ以上の分解も可能ではあるが、当座の目安として分子としておくパーツ群であり、この選択は、作品がこの型式で完成されている以上、揺るぎのない〈結果〉として読むことも当然ではあろうが、仮に作品が流体であるならば、〈結果〉という完結はあり得ないはずであり、読み手にとっては、この句のよって来たるところ、そしてこれからゆくところを、自然とイマジネートさせられてしまうのだ。
「たえまなく」はどこから来たのか?
「流体」はどこから来たのか?
「として」はどこから来たのか?
「孕まれて」はどこから来たのか?
 そして、彼女ら彼らはどこへ行くのか?
 そのいちいちの検証は今は手に余るし、それはあくまで〈私〉のひとつの読み方に過ぎず、だから〈正解さがし〉などというものが端から成立しないこの連作を前に、そのようなふるまいをするのは句が喜ばないだろう。
 ただ、句が読み手にこのような過剰と言ってもいい反応を引き出すということ。
 そのこと、だけをもってしても、この連作の存在意義はあると思うのだ。
 そして、それは〈読み手〉の存在意義を肯定する。
 そんな文芸が、ジャンルを問わず、この世にあるのだろうか?
 この見地から、この「流体のために」が〈奇蹟〉であるかどうか、〈読み手〉のひとりひとりがみずからの存在を賭けて立ち向かうべきテクストであると、私は断言する。
 呪わしくも輝かしかった(余言ながら、作者がまだ未生だった)八〇年代風の戯文、許されたい。
posted by 川合大祐 at 20:38| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。