2019年10月30日

現代川柳新思潮No.159

現代川柳新思潮No.159 2019年11月号
編集兼発行人 岡田俊介


気をぬくと夜空になってしまう髪  西田雅子
象形文字なぞる微かに人の肌  松井文子
告白はパセリの森の妖精に  中嶋ひろむ
私の息では飛べない風船  谷沢けい子

また今号は、5月に行われた新思潮・横浜研修句会の議事録を山崎夫美子氏が書いている。上位3句は以下の通り。

春の芽の傾斜 君に向かう列車  明日歌
骨格標本まだ恋ごころ秘めたまま  斉藤和子
水玉がはじけて 港ひろがって  俊介

なお、次回の160号(令和2年1月号)から現代川柳新思潮を『現代川柳琳琅』(りんろう)と改題することになったという。主宰も杉山夕祈氏に代わり、より自由な創作活動を展開するとのことだ。今号の岡田俊介氏の巻頭にはこう書かれてある。

 片柳哲郎は昭和50年代に『季刊藍』誌に発表した「現代川柳の美学」の中で、現代川柳は「私」を詠むべきものだと説いた。この考え方に賛同した作家たちを集めて平成5年に創刊されたのが新思潮である。新思潮は、創刊当初から、川柳文学運動を含めて自己研鑽の場として活動してきた。ここで、現代川柳とは昭和32年に革新作家を集めて結成された現代川柳作家連盟の流れを汲み、既成川柳との対立軸をもつものとして捉えている。
(中略)
 続刊に当たって、会員作家たちの作品創作上の活気を喚起するために、次号から『現代川柳琳琅』に改題することにした。現代川柳の作家たちは常に新鮮な気持ちを持ちつづけなければ新鮮な作品も生れない。新鮮な作品の創作こそが現代川柳誌の存在意義であり、それを希っての改題である。
 今後は既成の考え方、価値観などの枠組みに囚われず、より自由に創作するべきだろう。この場合、新思潮から琳琅に残すべきものは「私」を詠むことである。その他は自由に創作してよいと思う。大事なことは川柳の質の向上に正面から取り組み、新しい川柳を開拓するという現代川柳の火を消さないことである。

現代川柳新思潮のホームページはこちら。
現代川柳 新思潮
posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。