2020年07月27日

弘田三枝子とヴァケーション

弘田三枝子が亡くなった。

20代前半の時分、日本人によるビートルズのカヴァーを集めたCDを買った。その中には弘田三枝子も入っていた。収録曲は「ペイパーバック・ライター」。他の日本人ミュージシャンには悪いが、弘田三枝子の歌唱力は他を圧倒していた。

学生時代、音楽関係の仕事につくのを夢みる友人がいた。バイト先で知り合った男で、大学はべつべつ。けれど、二人ともあまり音楽の流行には頓着せず、いい曲ならば生まれる前の作品もよく聴くタイプだったので、すぐに仲良くなった。彼は『ミュージック・マガジン』の熱心な読者で、音楽を社会と結びつけて批評することが得意だった。理屈っぽいところでも気が合ったのだろう。あるときその友人と、弘田三枝子が歌う「ヴァケーション」が素晴らしい、殊に日本語の歌詞が素晴らしい、と意見が一致したことがある。ちなみに「ヴァケーション」は、コニー・フランシスが歌ったポップスで、1962(昭和37)年のヒット曲だ。冒頭を聴けば、いまの10代でも知っている人がいると思う。

昭和30年代にアメリカから入ってきたポップス、ロカビリー、ロックンロール、ロッカバラードは、日本語カヴァーに直訳のものが多く、平成時代の学生からするとすごく滑稽に思えた。1990年代半ばごろ、王様による「直訳ロック」が話題になったことがあるけど、ちょうどあんな感じだ。そんな直訳全盛の昭和30年代にあって、漣健児の訳詞による「ヴァケーション」は洗練されていた。洋楽のビートと日本語がぴったりとマッチしているのだ。漣健児は他の訳詞も良くて、たとえばコニー・フランシスのヒットを中尾ミエがカヴァーした「可愛いベイビー」もいい。

チャック・ベリ―やエルヴィス・プレスリー、リトル・リチャード、バディ・ホリー、コニー・フランシス、ニール・セダカ、ポール・アンカなどの出現で、1950年代後半にポピュラー音楽は一気に様変わりした。新感覚の洋楽を日本語でカヴァーするとき、どうやって日本語を合わせればいいのか、という問題は避けてとおれなかったろう。だからこそ「日本語ロック論争」も起こった。短詩型でいえば、文語を前提とした定型へ口語をどう合わせればいいのか、という問題につながるか。

ただし、コニー・フランシスの曲は日本語の歌詞で聴いても、ほぼすべてにおいて違和感がない(コニーが日本語で自分のヒット曲を歌ったアルバムもある)。そう考えると、ポップスとロックでは、訳詞の難度に違いがあるのかも知れない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。