2020年11月14日

「Picnic」No.1

「Picnic」1
発行日 2020年11月1日
編集 野間幸恵・石田展子
発行所 TARO冠者
定価 ¥1000

5・7・5作品集「Picnic」No.1をいただきました。参加者は中村美津江、木村オサム、月波与生、樋口由紀子、松井康子、梶真久、大下真理子、あみ こうへい、榊陽子、広瀬ちえみ、石田展子、野間幸恵の各氏です。同集は俳人と柳人が一緒に参加しています。

 マジシャンの鳩を並べる仮眠室  月波与生

「マジシャン」「鳩を並べる」「仮眠室」の相乗効果によってリアル「感」が出ています。「リアル」感よりもリアル「感」が大事。

 うどん屋で振り向いたのはオペラ歌手  樋口由紀子

江戸川柳っぽい意外性とリアル「感」があり、とても好きな句です。

 九州と四国の間にエビフライ  〃

確かにエビフライがいいと「感」じられます。ミニトマトでは駄目。

 時間より零れる魚と日曜日  梶真久

流れの水嵩が増しているのでしょうか。「魚」と「日曜日」がこぼれてしまう。

 しあわせにすると言うコロッケのくせに  広瀬ちえみ

コロッケのくせに生意気だぞ。なのに、あれ、へんだな、目からジャガイモがぽろぽろこぼれてくるよ。

 どこまでも遠浅だった市川雷蔵  石田展子

市川雷蔵の存在「感」をうまく捉えています。「どこまでも」が的確。ちなみに、わたしは「陸軍中野学校」シリーズが好きです。

 詐欺師かもしれない月の匂いして  野間幸恵

だから『竹取物語』だって裏読みが必要。

同集はスパイラル綴じで、作品はすべて横書きになっています。短詩の世界での横書きはまだまだ珍しいかも知れませんね。

誰が言ったか忘れましたが、短歌を作ったら縦書きと横書きの両方で確認するとよい、と。確かに縦と横では歌の印象が違うんです。縦書きを横書きに直して読んでみると、漢字の多用が気になったり、文末の体言止めが気になってきたり。逆に、横書きを縦書きに直して読んでみると、動詞で終えた文末が無骨に思えてきて、助動詞を添えようという気持ちになったり。余談でした。
posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。