2021年08月31日

飯島章友句集『成長痛の月』が出ます

タイトル:成長痛の月
著  者:飯島章友
発 行 所:合同会社素粒社
発 行 者:北野太一
デザイン:北野亜弓

なんと! わたくし飯島章友が2021年9月15日に川柳句集『成長痛の月』を発行します。帯文は歌人の東直子さんにお願いしました。各章は以下のとおりです。

みず
少年たちの九十九折
芽キャベツの乱
未明のパーツ
スクールデイズ
猿の星
句意を刈り取れ/レトリカを行く
世界の水平線
シニフィアン・シニフィエ
一銭一句物語

川合大祐さんの『リバー・ワールド』や湊圭伍さんの『そら耳のつづきを』と時期的に近くなりましたが事前に3人で申し合わせた、わけではないんですよ。

作句をはじめてから12年経っての出版は、もしかしら遅いくらいかもしれませんね。でも、なにせ現代川柳の世界は荒野です。他のジャンルに比べると詩形が見えづらく、インフラも未整備。そんななか、文字どおり手探りでやってきたのが12年という歳月だったように思います。

Amazonではすでに予約が始まっているようです。どうぞよろしくお願いします。

成長痛の月 - 飯島章友
成長痛の月 - 飯島章友
posted by 飯島章友 at 20:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。