2021年10月24日

3と5の不思議 短歌はドリフ?

最近、あるテレビ番組で3つのフレーズを重ねたギャグについて分析していた。

じゅんでーす、長作でーす、三波春夫でございます(レツゴー三匹)
わりーね、わりーね、ワリーネ・デートリッヒ(小松政夫)
どーして、どーしてなの、おせーて(小松政夫)
ウェルカム、腕噛む、どこ噛むねん(村上ショージ)
あのさ、僕さ、あどっこいさ(チャーリー浜)
しまった、しまった、島倉千代子(島木譲二)
だめよ、だめよ、だめなのよ(島田一の介)
ラーメン、つけ麺、僕イケメン(狩野英孝)
1ドル、2ドル、くいコンドル(堀内健)


リアルタイムで知らないギャグや吉本新喜劇のローカルなギャグがあるものの、どれも聞いたことがある。これが3つのフレーズを重ねた効果なのか。あと番組では出てこなかったけど、ダチョウ倶楽部・上島竜兵の熱湯風呂「押すなよ、押すなよ、絶対に押すなよ!」も三段で言うことが多い。おなじく「くるりんぱ!」も「くる、りん、ぱっ!」という三段のリズムを感じる。ピコ太郎の例の曲でも「アッポーペン、パイナッポーペン、ペンパイナッポーアッポーペン」となっている。もしかしたら三段重ねってグローバルに通用するものなのか。

その番組では三段重ねのギャグについて、三代続く国語学者の金田一秀穂氏が「掛詞」と「リズム」の面から説明していた。確かに駄洒落だけだと心許ないけど、三段のリズムによってギャグへ昇華させている気がする。

あと金田一氏はこうも言っていた。文字を知らない人が大勢いた時代は、何かを記憶するために七五調にしたのだと。七五調は詩や歌といってもいい。この「調子」が記憶装置になるんだそうな。「一富士 二鷹 三茄子」「巨人 大鵬 卵焼き」「笑う 門には 福来たる」「鳴くよ ウグイス 平安京」というようにね。だからギャグも三段重ねにすると憶えやすく、ついついマネしたくなるということだった。

川柳でも掛詞を使ったり韻を踏んだりすることはある。ただギャグとは違うので三段重ねのフレーズにすることは少ない。とはいえ、通常の川柳は3つのパートからなっているので、上五と中七で伏線を敷いておき、下五にドン! と読み手をつかむ表現を置くことはある。

マルクスもハシカも済んださあ銭だ  石原青竜刀

「マルクス」「ハシカ」という伏線があるからこそ最後の「銭」が効いてくる。これを「さあ銭だマルクス・ハシカはもう済んだ」としたらどうか。感じ方は人それぞれだろうけど、わたしはインパクトが弱くなった気がする。

サラリーマン川柳なんかはより一層、駄洒落とリズムを駆使したものが多いんじゃなかろうか。

「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!  のりちゃん

第21回の一等作品。

ところで、短歌は5つのパートからなっているけど、5の効果ってあるのだろうか。それでふと思い出すのはザ・ドリフターズだ。短歌ってドリフの団体芸に通じるものがありはしないだろうか。「8時だヨ!全員集合」を見たことのある人ならわかると思うのだけど、ドリフは最初にいかりや長介が出てきて仕切り、そのあと高木ブー→仲本工事→加藤茶と登場してきてボケの度合いが強くなり、最後に志村けんで超ド級のボケがくる。短歌に当てはめるとこんな感じか。

初句(長介)→二句(ブー)→三句(工事)→四句(茶)→結句(志村)

ドリフは台本通りにコントを進めることで有名だけど、加藤茶だけはアドリブを入れてくると言われている。そういえば短歌の世界では、四句目は八音でも許容されがちだ。と、無理やりこじつけてみたけれど、そのうち「短歌はドリフ」というテーマで歌論を書いてみようかしら。
posted by 飯島章友 at 21:00| Comment(0) | 川柳論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。