2020年11月28日

「川柳スパイラル」10号発行

「川柳スパイラル」第10号が発行されました。今号の「小遊星」のゲストは広瀬ちえみさんです。かもしか川柳社のこと、川柳Z賞のこと、バックストロークのこと、そして川柳杜人のこと。広瀬さんのお話をつうじ、川柳界の1990年代〜2000年代を概観できる内容になっています。ゲスト作品は岡田幸生さん、特集は「自由律と短句」、本格川柳小説は今号で最終回です。

【川柳スパイラル10号・内容】
・巻頭写真  入交佐妃
・霧の中の渦  小池正博
・同人作品 Spiral Wave
・【同人作品評】同位性の川柳  石田柊馬
・【ゲスト作品】コロナのころ  岡田幸生
・【特集】自由律と短句
  自由律俳句と自由律川柳  石川聡
  短句という地平  本間かもせり
・会員作品 Plastic Wave
・現代川柳あれこれ Biotope  小池正博
・小遊星 連載第10回  飯島章友×広瀬ちえみ
・本格川柳小説 最終回 川柳のプライド  川合大祐
・【リレー・エッセイ】とある日に寄り添う川柳  清水かおり
・妄読ノススメ  兵頭全郎
・野鳥雑記  小池正博
・GAKKOの川柳な人たち  月湖
・投句規定・『はじめまして現代川柳』
・編集後記

入手をご希望の方は以下から、編集発行人である小池正博へご連絡お願いします。Twitterのばあいは相互フォローの上メッセージをお送りください。
川柳スパイラル掲示板
小池正博Twitter
posted by 飯島章友 at 08:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

『はじめまして現代川柳』/小池正博 編著

hajimemashite-gendaisenryu.jpg
『はじめまして現代川柳』/小池正博 編著/書肆侃侃房/定価:本体1800円+税


もうお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、現代川柳アンソロジー『はじめまして現代川柳』が発売されております。35名の76句選です。

川柳というジャンルはアンソロジーがあまりありません。なので、過去の柳人(川柳作家)の作品に触れるためには、高いお金を払って古本を購入しなければならないことも少なくありませんでした。でも『はじめまして現代川柳』が出たからにはもう大丈夫です。

戦前の木村半文銭・川上日車や、戦後の中村冨二・河野春三など、現代川柳のルーツともいえる柳人の作品群が収録されています。もちろん石部明や石田柊馬、なかはられいこに代表される、平成の川柳を牽引してきた柳人も大勢収録されています。またポスト現代川柳として川合大祐・柳本々々・暮田真名ら、若手柳人も抜かりなく収録されています。最終章には「現代川柳小史」が付されており、順を追って現代川柳史を理解することもできるのです。

アンソロジーというのはそのジャンルの名作を手軽に確認でき、また歴史的な発展を知ることができるため、後々まで重宝するものです。わたしも短歌を始めたころに購入した小高賢 編著『現代短歌の鑑賞101』(新書館・1999年)『近代短歌の鑑賞77』(新書館・2002年)を今以て使いつづけています。同じように本書も、これから先ずっと皆さんにとって有用な一冊になると思います。
posted by 飯島章友 at 22:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

『はじめまして現代川柳』小池正博 編著


『はじめまして現代川柳』小池正博 編著

発行:書肆侃侃房

四六判、312ページ

定価:本体1,800円+税

http://kankanbou.com/books/poetry/senryu/0420

・・・・・・・・・・・・・・・・

発売予定の本のお知らせです。
新興川柳の柳人から現在の柳人まで35名のアンソロジーのようです。
このブログの柳人からは川合大祐・柳本々々・暮田真名が入っております。
ついでに飯島章友も末席を汚しています。
どうぞよろしくお願いします。
posted by 飯島章友 at 23:45| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

「川柳スパイラル」9号発行

川柳スパイラル9号が発行されました。

9号の内容や購読・通販などについては、こちらの「川柳スパイラル」掲示板をご覧ください。

今号の「小遊星」のゲストは連句人の高松霞さんです。高松さんは「連句ゆるり」を運営されています。連句人のお話をうかがうのは初めてだったのですごく新鮮でした。連句は総合短詩ですね。

暮田真名の新連載「川柳で考え中」も始まりました。今回は「怖い川柳」試論です。

また三田三郎さんの「ゲスト作品」もおもしろいです。第一歌集『もうちょっと生きる』(風詠社/2018年)が話題になった方です。

 朝っぱらからパラドックスの踊り食い  三田三郎
posted by 飯島章友 at 21:40| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

「川柳スパイラル」8号発行

川柳スパイラル8号が2020(令和2)年4月1日に発行されます。

・【ゲスト作品】
  榊陽子・笹井諒・沢茱萸・杉倉葉
・【特集】川柳作家論
  真面目の面/中山奈々
  『中村冨二・千句集』を読んで/暮田真名
・小遊星 連載第8回 飯島章友×西村麒麟

「小遊星」のゲストは俳人の西村麒麟さん。角川俳句賞受賞のこと、俳諧味のこと、川柳からの影響のことなど、いろいろとお話を伺っています。麒麟さんとは知り合って10年以上になりますが、今回、川柳や柳人のことにたいへん詳しいことがわかり、度肝をぬかれたものです。

ご購入やご入会については小池正博のTwitterへDMをお送りください。


posted by 飯島章友 at 23:15| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする