2021年07月22日

「川柳スパイラル」12号発行

川柳スパイラル12号が発行されました。
内容については以下の川柳スパイラル掲示板を参照してください。

川柳スパイラル

今号はゲスト作品が大変充実しております。

ワードローブに百年かくまつたままの怪盗  川野芽生
六月生まれのかしこいおしり  乾遥香
群衆に伸ばされてくる長い腕  牛尾今日子
鳩は備品 I am your daughter  榊陽子
めぐすりがれいのかたちでおちてくる  笹田かなえ
五月の滝の後ろから入ってください  峯裕見子
TOTOのOの向こうを覗きこむ  瀧村小奈生
雨音を「いとおしくて」と読み替える  内田万貴


さて、私が担当している「小遊星」のゲストは都々逸の嶋本遊幾さんです。嶋本さんは都々逸しぐれ吟社の同人で、選者もなさっています。

都々逸しぐれ吟社

みなさんは都々逸をご存じでしょうか? 寄席などで三味線を弾きながら謡われる音曲の都々逸はお聴きになった方もいると思います。でも都々逸は、七七七五の形式で短詩型文学の一角を占めてもいるのです。結社があり、歌会をして、会報も出す。まさに川柳・俳句・短歌とおんなじなのです。

遠くはなれて逢いたいときは月が鏡になればよい  詠み人知らず

私の好きな都々逸ですが、こうして実際にみてみると、短詩型文学だと感じていただけるのではないでしょうか。

今回は嶋本さんから都々逸についていろいろと教えていただきました。この記事をきっかけにして都々逸に興味を持たれる方がいたら、私としてはとても嬉しいです。

また11号の私の連作をGAKKOさんがイラストにしてくださっています。一句一句が絵札になっていて作者として冥利に尽きます。ほんとうにありがとうございました!
posted by 飯島章友 at 22:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

川合大祐著『リバー・ワールド』発行

river-world.jpg
著 者:川合大祐
発行所:書肆侃侃房
定 価:本体1800円+税

川合大祐第二句集『リバー・ワールド』のお知らせです。368ページで1001句収録。『はじめまして現代川柳』と同じくらい厚く、かつ熱いです。

五年前の第一句集『スロー・リバー』(あざみエージェント)は青が基調でしたが、今回の第二句集では赤が基調。この色の変化は彼の川柳環境の変化と重なっている気がします。なお写真は、川合大祐が敬愛してやまない故ジャイアント馬場の著書とともに。そういえば馬場選手のタイツの色も赤でした。

しりとりでないかのように神と言う

書肆侃侃房
posted by 飯島章友 at 17:15| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

筒井祥文追悼「らくだ忌」第1回川柳大会(2021年5月15日 コープイン京都)

発行されたばかりの「川柳北田辺」2021年3月号に、筒井祥文追悼「らくだ忌」第1回川柳大会のちらしが入っていました。5月15日(土)、午前10時開場、出句締切は午前11時30分、会場はコープイン京都2階202号室です。

「川柳北田辺」編集発行人のくんじろうさんが、そのちらしをブログに載せてらっしゃいますので、詳しくはそちらをご覧ください。

第1回らくだ忌川柳大会。

筒井祥文の川柳は『はじめまして現代川柳』(書肆侃侃房)にも収録されており、それを見てファンになった方もいるかと思います。大会には欠席投句もできるようなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。ちなみに欠席投句は4月30日必着だそうです。

めっそうもございませんが咲いている  筒井祥文
posted by 飯島章友 at 23:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

「川柳スパイラル」11号発行

「川柳スパイラル」11号が発行されました。「小遊星」のゲストは、昨年に第二歌集『禽眼圖』を上梓された歌人の楠誓英さんです。私は十年以上前から楠さんの作品に惹きつけられています。また今回は川柳スパイラル大阪句会のご案内も掲載されていて、こちらは掲示板でもご確認いただけます。

【川柳スパイラル11号・内容】
・巻頭写真  入交佐妃
・渦・第二ステージへ  小池正博
・同人作品 Spiral Wave
・【同人作品評】うれしいぞ  石田柊馬
・【現代連句作品】
  歌仙「たぶららさ」の巻(小津夜景・小池正博)
  非懐紙「残暑」の巻(上田真而子ほか)
・門野優の現代連句レポート  門野優
・【連句特集】この付合を語る
  鈴木漠・別所真紀・上野遊馬・狩野康子・四ッ谷龍・
  山地春眠子・中尾青宵・鈴木千惠子・佛渕健悟・浅沼璞
・月胡の連句漫画  月胡
・【新連載】かわうそ日記  川合大祐
・川柳で考え中 「私」の戸惑いから  暮田真名
・小遊星 連載第11回  飯島章友×楠誓英
・妄読 ノススメ  兵頭全郎
・会員作品 Plastic Wave
・現代川柳あれこれ Biotope  小池正博
・投句規定・句会案内
・編集後記

川柳スパイラル
posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

【お知らせ】短歌ムック『ねむらない樹』 vol.6

すでにお持ちの方もいらっしゃると思いますが、2月1日に『ねむらない樹』vol.6が発売されました。今回の装画は東直子さんです。東さんといえば以前、歌誌「かばん」の装画も担当されていました。

今号の特集の一つは「現代川柳の衝撃」です。このブログの執筆者である川合大祐・柳本々々・暮田真名・飯島章友も、短歌+川柳+エッセイを寄稿しております。

詳しい内容については以下のリンクから。

書肆侃侃房・ねむらない樹 vol.6


なお、書肆侃侃房つながりですが、川合大祐が川柳句集『リバー・ワールド』(書肆侃侃房)を三月下旬に発売予定だそうです。こちらも楽しみですね。
posted by 飯島章友 at 19:30| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする