2021年02月07日

【お知らせ】短歌ムック『ねむらない樹』 vol.6

すでにお持ちの方もいらっしゃると思いますが、2月1日に『ねむらない樹』vol.6が発売されました。今回の装画は東直子さんです。東さんといえば以前、歌誌「かばん」の装画も担当されていました。

今号の特集の一つは「現代川柳の衝撃」です。このブログの執筆者である川合大祐・柳本々々・暮田真名・飯島章友も、短歌+川柳+エッセイを寄稿しております。

詳しい内容については以下のリンクから。

書肆侃侃房・ねむらない樹 vol.6


なお、書肆侃侃房つながりですが、川合大祐が川柳句集『リバー・ワールド』(書肆侃侃房)を三月下旬に発売予定だそうです。こちらも楽しみですね。
posted by 飯島章友 at 19:30| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

川柳誌「晴」第4号の件

先日の飯島さんの記事で採り上げられました、川柳誌「晴」第4号(編集発行人:樋口由紀子)ですが、
同誌は販売しておりませんので、読んでみたい方はこのコメント欄にぼく(いなだ豆乃助)宛てにコメント入れていただければ
ぼくから樋口由紀子さんにお伝えします。
無償配布なので、余分に刷っていないかもしれませんが。
その時は申し訳ありません。

posted by いなだ豆乃助 at 14:29| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

「晴」第4号

hare4.JPG
「晴」第4号
編集発行人:樋口由紀子
メンバー:いなだ豆乃助・妹尾凛・水本石華・松永千秋・広瀬ちえみ・きゅういち・月波与生・樋口由紀子
ゲスト:関悦史・筑網耕平・飯島章友

「晴」4号が2月1日に出ました。年1回の川柳同人誌です。今回から妹尾さんといなださんが新メンバーに加わったそうです。今後メンバーを増やしていくのか、固定化していくのか、樋口さんが発行する柳誌なだけに見守っていきたいと思います。

さて今号には飯島章友が文章を寄稿しております。広瀬ちえみさんの『雨曜日』(文學の森・2020年)についてで、以前このブログに書いた文章へ加筆修正をしたものです。

「晴」は評論の多さが特徴です。特に今回はこれまで以上に散文が充実しています。個人的印象ですが、川柳界には評論に苦手意識をお持ちの方が多く、また所謂伝統系では句会中心の傾向もまだまだ残っています。その意味で評論に力を入れるグループは貴重なのです。評論を書いたことがある方ならわかると思いますが、そのジャンルや句集とマジで向き合わないと書けないんですよ。短詩型文芸で専門人と愛好家を分けるのは、ズバリその意識だと思っています。

同誌を読んでみたい方はメンバーの方のTwitterから連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
posted by 飯島章友 at 07:30| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

「川柳杜人」268号 終刊号

川柳杜人268号(2020冬)
発行人 都築裕孝
編集人 広瀬ちえみ

令和2年12月25日発行の「川柳杜人」268号。今回で73年の歴史に幕を下ろします。

今日届いたばかりなのでこれから読むのですが、ざっと見たところ、いつもと変わらぬ生き生きとした誌面です。

広瀬ちえみさんは「川柳スパイラル」10号の中でこう仰っています。

私たち同人も正直なところ、とても残念に思っています。ただ、高齢の同人が多く、結束が強く同志という感じで杜人を続けてきました。私自身、もう誰かを見送ることは辛いし(私が先かもしれません)、エネルギーを残した状態で閉じようと、同人総意で決めました。七三年という歴史があるので、今でも揺れることがあります。代々の発行人・編集人に育てられて現在があることを痛感しています。でも、どろどろ、ボロボロにならずに終刊できる清々しさもあります。

杜人のみまさん、これまで本当にありがとうございました。後日、あらためて感想などを書ければと思っています。

川柳杜人へのご連絡はこちら
川柳杜人社
posted by 飯島章友 at 22:32| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

「水脈」第56号・作品評

12月1日に発行された「水脈」56号に、飯島章友が同人作品評「北の大地へつづく水脈」を寄稿しました。「水脈」(すいみゃく)は浪越靖政さんが編集人をなさっている柳誌です。同人作品のほか、浪越さんの評論「飯尾麻佐子と柳誌『魚』」が読みごたえ十分なのであります。

「水脈」については以下をご参照ください。よろしくお願いいたします。

水脈
posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする