2019年12月28日

筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』

syobun001.jpg
筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』
2019年12月発行
編者:樋口由紀子
発行人:富山やよい・くんじろう
発行所:筒井祥文句集発行委員会
装丁:くんじろう
絵:酒井かがり
校正:きゅういち
会計:山口ろっぱ
集句協力:藤本秋声
(句集を入手したい方はくんじろうさんのTwitterに連絡するのがいいと思われます)


筒井祥文さんは平成29年の秋まで「川柳結社ふらすこてん」の主宰でした。川柳結社という呼び方も川柳界では珍しいですね。歌壇で「結社」といえば、縦の人間関係にもとづきながら専門人を養成していく組織のことですが、川柳界では結社と名乗るグループを見かけません。グループ名にあえて結社を付けた意味を祥文さんにお訊きしたかったです。

祥文さんが亡くなったのは平成30年3月6日。樋口由紀子さんのあとがきによると、この句集の制作は、病室での祥文さんのつぶやきがきっかけになったそうです。「好きなことをして、人にも恵まれて、いい一生だった。しかし一つだけ悔いがある。それは句集を出せなかったことだ」。

わたしは以前、祥文さんと自動車の中で一緒になり、川柳についていろいろなご意見をうかがったことがあります。とにかく既成川柳界について仰りたいことが山ほどあったようで、話しはじめたらとまらない感じだったのを憶えています。憂国の士という言葉がありますが、そのときの祥文さんはまさに憂柳の士。川柳にたいする情熱と誠実さが伝わってきました。

以下、同句集より。

湯どうふのさっぱり君が解らない
「さっぱり」という言葉を媒介にして「湯どうふ」から「君が解らない」へと無理なくつなげていく技術。言葉選びが的確です。それでいて、どこかトボけた可笑しみもある。「君」というのが湯豆腐を指すのか、あるいは一緒に湯豆腐を食べている人を指すのかは解釈のわれるところでしょうが、もしかしたら両方とも指しているのかも知れません。摑みどころのない豆腐の質感に接したとき、そういえば僕は貴方のことも全然解っちゃいないなあ、なんてね。

仏壇の奥は楽屋になっている
「仏壇」から「楽屋」への飛躍が意表を突きますが、その意表性が可笑しみにもつながっています。2時間サスペンス「赤い霊柩車」シリーズの大村崑みたいに、「コラ、いつから仏壇は舞台になったんや」と突っ込みたくなる句。しかし、よくよく考えてみると仏壇も壇なのですから、楽屋(控室)への飛躍はけっして強引ではない。そういえば選や句評での祥文さんは、独善的な飛躍にシビアでしたね。僕ってコトバ派のアーティストだから〜と自称しても、独善や陳腐は見抜かれてしまうものです。

台風一過 稚魚の命が透けている
鳥の声 水は力を抜いている

祥文さんはこういう句も書くわけです。二句目などは八上桐子さんの川柳といわれれば信じてしまいそうです。「稚魚の命が透けている」「水は力を抜いている」は理知的な表現ですが、風景を観察したうえでの実感がつよく伝わってきます。理知と実感はけっして対立し合うものでないことが分かる二句です。

無い袖を入れた金庫がここにある
広辞苑よりも分厚い野次が飛ぶ
大きなことを小さな文字で書く人だ
結局は最高裁に叱られる
再会をしてもあなたはパーを出す

いわゆる「伝統川柳」の柳人たちが、もし情熱と誠実さをもって自分たちの表現法を追及していったなら、きっとこのような句を書くに違いない。思わずそんな想像をしてしまった五句です。祥文さんはふらすこてん誌で「番傘この一句」という記事を連載していました。「番傘」誌の中から佳句を引用し、どこがいいのか寸評を加える内容です。また、ふらすこてんの中期以降は「祥ファイル」という記事も掲載し、伝統川柳界に厳しい批評・批判を展開していました(ただしこの記事の初出は「天守閣」)。これらの連載記事を見ても、またその中でたびたび言及される岸本水府への傾倒ぶりを見ても、伝統川柳への熱い思いが伝わってきたものです。

最後に、句集の内容から離れてしまいますが、「祥ファイル」について少し述べておきましょう。祥ファイルで展開される川柳評論は、ほぼ毎号、既成の川柳界や川柳人に厳しい批評・批判がなされていました。誤解のないように言っておきますが、批評・批判(クリティシズム)とは、物事の前提や枠組みや臨界を明らかにした上で、現状の是非を論ずることです。批評・批判は危機(クライシス)を感じたときになされるのですから、祥文さんは既成川柳に危機を感じる数少ない川柳家だったといえるのです。本当はすべての柳人に「祥ファイル」を読んでいただきたかった。

ほとんどの柳誌に前号鑑賞欄があるものだが、そこに書かれていることは日常会話の延長程度のものが多くて韻文としての読みが展開されているものをまず見かけない。「私も似た境遇ですからあなたの気持ちが分かります」だの「親の心子知らずなどと申しますから」などというのは全くの世間話でしかない。しかし私も無い物ねだりをしている。出句されている句自体が散文を五七五に整えたものに過ぎないのだから、句ではないものを句として扱っている今の川柳界は極めて深刻な状況にあると、そんな風に私は見ている。

「ふらすこてん」第25号所収「祥ファイル『難解句ではダメか』」より(初出は「天守閣」777号)

syobun002.jpg
posted by 飯島章友 at 12:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

現代川柳新思潮No.159

現代川柳新思潮No.159 2019年11月号
編集兼発行人 岡田俊介


気をぬくと夜空になってしまう髪  西田雅子
象形文字なぞる微かに人の肌  松井文子
告白はパセリの森の妖精に  中嶋ひろむ
私の息では飛べない風船  谷沢けい子

また今号は、5月に行われた新思潮・横浜研修句会の議事録を山崎夫美子氏が書いている。上位3句は以下の通り。

春の芽の傾斜 君に向かう列車  明日歌
骨格標本まだ恋ごころ秘めたまま  斉藤和子
水玉がはじけて 港ひろがって  俊介

なお、次回の160号(令和2年1月号)から現代川柳新思潮を『現代川柳琳琅』(りんろう)と改題することになったという。主宰も杉山夕祈氏に代わり、より自由な創作活動を展開するとのことだ。今号の岡田俊介氏の巻頭にはこう書かれてある。

 片柳哲郎は昭和50年代に『季刊藍』誌に発表した「現代川柳の美学」の中で、現代川柳は「私」を詠むべきものだと説いた。この考え方に賛同した作家たちを集めて平成5年に創刊されたのが新思潮である。新思潮は、創刊当初から、川柳文学運動を含めて自己研鑽の場として活動してきた。ここで、現代川柳とは昭和32年に革新作家を集めて結成された現代川柳作家連盟の流れを汲み、既成川柳との対立軸をもつものとして捉えている。
(中略)
 続刊に当たって、会員作家たちの作品創作上の活気を喚起するために、次号から『現代川柳琳琅』に改題することにした。現代川柳の作家たちは常に新鮮な気持ちを持ちつづけなければ新鮮な作品も生れない。新鮮な作品の創作こそが現代川柳誌の存在意義であり、それを希っての改題である。
 今後は既成の考え方、価値観などの枠組みに囚われず、より自由に創作するべきだろう。この場合、新思潮から琳琅に残すべきものは「私」を詠むことである。その他は自由に創作してよいと思う。大事なことは川柳の質の向上に正面から取り組み、新しい川柳を開拓するという現代川柳の火を消さないことである。

現代川柳新思潮のホームページはこちら。
現代川柳 新思潮
posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

川柳雑誌「風」113号

川柳雑誌「風」113号(令和元年7月1日)
編集・発行 佐藤美文
年4回発行 年会費3000円

今日は七月七日、七七の日なので川柳雑誌「風」を取り上げてみたい。「風」は十四字詩欄をもつ柳誌なのである。今号は、同誌の年度賞にあたる第20回風鐸賞の発表号。十四字と十七字に関わりなく10句で応募できる。審査員は5名で、各審査員が投じた点数の合計で順位が決まる。20回目の正賞は山田純一(十四字)、準賞は林マサ子(十七字)と森吉留里惠(十四字)。以下、正賞より1句。

 来し方語る片減りの靴  山田純一

なお準賞の森吉留里惠は以前、十四字の句集を出版している。

 疫病神も神のはしくれ  森吉留里惠『時の置き文』(2016年/新葉館出版)


会員作品【十四字詩 風鐸抄】
 耳から先に令和元年  本間かもせり
 となりの窓も窓を見ている  〃
 二、三歩先を歩き出す季語  〃
 お箸は右手スマホ左手  星野睦悟朗
 太陽を蹴る意地の戦い  石川川柳
 モデルが着れば格好いい服  興津幸代
 メビウスの輪の見せぬハラワタ  森吉留里惠
 ソーメン茹でてここからの夏  齊藤由紀子


「風」では七七のことを十四字詩と呼称しているが、わたしは歴史に鑑みて短句と呼んでいる。五月にわたしが制作した七七のフリーペーパーも「川柳作家による短句フリーペーパー」と題した。飯島章友・石川聡・いなだ豆乃助・大川崇譜・川合大祐・暮田真名・小池正博・本間かもせりの七七句、短句の歴史、関連書籍などをまとめた。

七七の句型を作るひとは徐々に増えてきていると聞く。まだまだ未開なジャンルなので、これからもどんどん開拓していきたい。

参考
【短句】誹諧武玉川の短句と近現代の川柳十四音【十四字詩】@
【短句】誹諧武玉川の短句と近現代の川柳十四音【十四字詩】A

posted by 飯島章友 at 20:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

「川柳木馬」第160号

mokuba160.jpg

川柳木馬第160号 2019・春(平成31年4月発行)
発行人 清水かおり
編集室 山下和代
定価 500円 1年分2000円


【木馬座】

私を積分するとタコになります  西川富恵

嬉々としてついて行ったら月の人  内田万貴

戸袋の木耳「くノ一」かもしれぬ  萩原良子

嘶きをためて国道を渡る  清水かおり

敵将の馬も発情期と見える  古谷恭一

コンビニで産まれた意味を温める  小野善江

つまずけばネギをつっかい棒にする  山下和代



木馬座は「川柳木馬」の会員作品欄。今号の木馬座句評は畑美樹さんが担当されています。なお木馬誌が長年続けている特集「作家群像」ですが、今回は、わたくしめを取り上げていただきました。飯島章友の川柳60句に加え、作家論・作品論を川合大祐さんと清水かおりさんにご執筆いただきました。このような歴史のある特集ページにわたしが載ってよかったのかと、ただただ恐縮するばかりです。


  走り終え少年たちの九十九折
 九十九は、永遠に百にならない。終わってしまうゆえの「少年たち」の永遠性。(川合大祐「飯島章友さんの六十句を読む〜ひらすらに〜」)


  梅雨の冷えかふかかふかと咳をする
 とても好きな一句だ。ここにきて好きという鑑賞では作者に叱られそうだが、昔読んだカフカの短編集をヴワッと思い出したのだ。「咳」が絶妙に効いていると思うのも、共鳴につきるのだろう。だから、作者も読者も川柳を放せない。(清水かおり「飯島章友の風景」)
posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

月刊「おかじょうき」2019年2月号


月刊「おかじょうき」2019年2月号
発行人 むさし
編集  Sin

月刊「おかじょうき」を発行している「おかじょうき川柳社」は、青森県を拠点に活動して川柳グループです。創立は昭和26(1951)年といいますから、宮城県の「川柳杜人社」同様、歴史のあるグループなのですね。社名が陸蒸気(蒸気機関車)から取られているところからもそれは感じられます。初代代表は杉野十佐一。この方から名前を取り、おかじょうき川柳社は毎年、全国誌上大会の「杉野十佐一賞」を開催しています。また、それとは別に誌上句会の「0番線」や、ゲストを迎えてトークセッションなどを行う「川柳ステーション」もあります。会員は青森県の方が中心ですが、福岡や島根、京都、奈良など西日本の会員の方もいらっしゃいます。

さて、今号の表紙には「祝!300号!」とあります。後記によると、不定期発行の時期もあったとのことですが、通巻300号はやはり素晴らしいですね! わたし、長く続けることは力だと考えています。プロレスリングの業界を見ても、現在人気のある団体というのは日本でも海外でも長い歴史があります。支持不支持は別にして、政党なんかもそうですね。分裂を繰り返してしまうと、UWF系プロレスのようにたとえ若くて志が高くても……いえ、その話は関係ないのでやめておきましょう。

会員雑詠集【無人駅】
ばったの目 Light and Darkness and Darkness  柳本々々
正座してなりきってみる三杯酢  熊谷冬鼓
闇市のキリンの馘は三ツ折りに  田久保亜蘭

【月例句会】
システムを更新してもおバアさん  むさし(席題「新」まきこ・熊谷冬鼓選)
勾留延長もうバナナには戻れない  まきこ(宿題「留」土田雅子選)
栞はずして魂の進化系  土田雅子(宿題「カバー」奈良一艘選)
ともすれば月の裏には中華街  吉田吹喜(宿題「自由詠」むさし選)

七句引用させていただきました。作風的には所謂「言葉派」の作品が多いように見えますが、伝統川柳に近しい作品もあれば、時事性や私性の作品も散見され、全体として懐の深さが感じられます。もともと杉野十佐一が師事していたのは川上三太郎だったのですから示唆的です。そのほかに鑑賞欄、句会報、リレーエッセイ、インフォメーションなど、内容はコンパクトに豊富です。誌面だけからの印象ですが、すこし歌誌「かばん」の雰囲気と似ているかも知れません。

おかじょうき川柳社のサイトはとても充実しているので、興味を持たれた方はぜひ参考になさってください。

おかじょうき川柳社 オフィシャル・ウェブサイト


posted by 飯島章友 at 23:51| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする