2017年08月19日

「川柳文学コロキュウム」No.77と赤松ますみA

ずっと短歌だけを読み・書きしていたわたしが川柳も作句してみようと思い立ったのは、今から8年ほど前。その当時、現代川柳を包括的に知るために4、5冊のアンソロジーを手に入れた。そのなかには田口麦彦編著『現代川柳鑑賞事典』『現代女流川柳鑑賞事典』(ともに三省堂)があって、川柳コロキュウム代表の赤松ますみさんはその両方で取り上げられていた。いま、その赤松さんのページを開いてみると、当時のわたしが付けた目印が残されている。それは次のような句だ。

うす暗い廊下で過去と擦れ違う  赤松ますみ
憎しみの形に割れた壜の口
寂しい と言って途切れるオルゴール
眼鏡ケースの中で腐っていくメガネ
薔薇園の薔薇 世の中の敵の数
惡人を合わせ鏡で確かめる
満月のどこかで水が漏れている
わたくしを守る角度に開く傘
ややこしい地図に出ている現在地
頬杖をついては砂を湿らせる


当時のわたしは「数年後の俺がこの目印を見たら、ぜったい感慨にひたっちまうんだろうな、へへ」と思っていたのだが、今まんまと過去のじぶんの思う壺にはまっている。いまごろ当時のわたしは、してやったりという顔をしていることだろう。
これだけ目印をつけたということは、短歌脳がほぼ10割だった当時のわたしにとって、赤松さんの川柳が親しみやすかったということだ。では、なぜわたしは赤松さんの川柳にすっと入っていけたのだろうか。

川柳という文芸を概観したわたしが最初に感じたこと。それは、川柳とは➀〈五七五の定型散文〉であり、➁〈社会の価値観を再確認する文芸〉だということだった。

どういうことかというと、➀は文としてなるべく飛躍や屈折がない書き方をしているということ、➁は〈貧しさ=清い〉〈平凡=しあわせ〉〈こども=純真〉〈電話の声=1オクターブ高い〉といった社会の定式を改めて五七五におさめ、確認しているということ。
➀については、誹諧でいう平句がルーツであることとも関係しているのだろう。ただ、くびれのない寸胴な文でも着眼点しだいでは読み手を十分ハッと思わせることができるので、これはさして気にならなかった。わたしが短歌との違いを痛烈に感じたのは➁のほうだった。こころみに➁であげた例を、わたしが川柳に仮構してみるとこんな感じ。

 正直に生きて財布がふくらまぬ
 しあわせは平凡だから見えません
 敬老に孫から貰う青い空
 もしもしと1オクターブ高い声

もちろんこういう内容だって書き方しだいでハッと思わせることができる。内容に優劣はない。ただ、これだけ日常世界と地続きな内容が手を替え品を替え量産されているとすれば、自分がコミットしてきた短歌とはまったく異質な文芸といわなくてはならず、そうとうなカルチャーショックを受けたのだ。わたしの認識していた現代短歌は、日常の正価値から一歩、いや半歩でもズレた内容が好まれる文芸だったから。

しかし、そんな短歌脳のわたしがすんなり入っていける書き手が『現代川柳鑑賞事典』『現代女流川柳鑑賞事典』には収録されていた。とくに女の方たちの川柳には、フレームからちょっと外れた内容のものもあって楽しく読めた。その一人が赤松ますみさんである。

たとえば「眼鏡ケースの中で腐っていくメガネ」という句。本来「眼鏡ケース」はメガネを休めるいれもの。でも、ここでは日常的な価値観が転倒され、〈眼鏡ケースでメガネが腐る〉という。それでいて、けっして読み手を突き放した内容・表現というわけではなく、たとえば一つの読み方として「メガネ」を人間に置きかえたとき、家庭が安息の場にならない現代人の様相が立ちあがってくる。
「満月のどこかで水が漏れている」という句も、日常的な常識からズレているようではあるけど、さきほどと同様に人間に置きかえてみれば、円満な家庭にほころびが生じている様相として読むこともできる。

また「頬杖をついては砂を湿らせる」という句の体感性も、短歌とおなじ要領で読めた。時代がくだるほど体感性にもとづく歌は減っている気もするけど、従来の短歌は体感性を詠み込むことがとても多い文芸だった。

抱くとき髪に湿りののこりいて美しかりし野の雨を言う  岡井隆『斉唱』

コインの表裏としてある日常と非日常。そして体感性。こうした赤松作品の特徴に仲介されて、わたしは川柳にアプローチできた面がある。
posted by 飯島章友 at 23:59| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「川柳文学コロキュウム」No.77と赤松ますみ@

colloquium77.JPG
「川柳文学コロキュウム」No.77
編集・発行人 赤松ますみ

大阪の「川柳文学コロキュウム」は平成15(2003)年6月に設立された。来年で創立15周年となり、全国誌上川柳大会が行われるとのこと。代表は赤松ますみさん。
作品欄のほか、外部執筆者と赤松さんによる鑑賞欄、句会報、エッセイ、『武玉川』鑑賞、受賞報告、新刊紹介、お便り、全国の川柳大会告知などなど、とても充実した誌面になっている。

【カレイドスコープ】(会員自由吟自選)
曹達水 クスクス朝の生まれるところ  笹田かなえ
「もしももしも」とさざ波になりました  桂 晶月
えっという声が聞こえた試着室  毛利由美

【フィッシュアイ】(自由吟 赤松ますみ選)
珈琲は濃くって漢字読めなくて  斉尾くにこ
そうですよトイレは秘密基地ですよ  高瀬霜石
たしなみとして火曜日は置いていく  月波与生

【第166回句会】
真ん中に秘密結社があるキャベツ  桂 晶月(宿題「キャベツ」)
ムーミンの腰のあたりで午睡する  田口和代(宿題「ほんわか」)
呼び鈴を鳴らし続けている四月  嶋澤喜八郎(宿題「自由吟」)

【第167回句会】
こっそりとエステサロンへ行くメロン  赤松ますみ(席題「メロン」)

【第168回句会】
口では負けるけど尻尾では勝つわ  岡谷 樹(席題「尻尾」〉
お黙りと斜めに雨が降ってきた  新保芳明(宿題「自由吟」)

最後の「お黙り〜」の句が大好きだ。作者の意図は分からないので、もしかしたらシリアスな心情が詠まれているのかも知れないけど、平明にして面白い。
「お黙り」という言い方は、加賀まりこや美川憲一を思い出す。反論をピシャッと遮断してしまう言葉遣いではあるのだけど、二人が築きあげてきたキャラクターや絶妙な言い方が〈ご愛嬌〉を感じさせるのだ(ちなみに二人が主演の「おだまりコンビシリーズ」という2時間サスペンスもあった〉。
この句でも「斜めに雨が降ってきた」だけなら天から罰や説教を受けている雰囲気が出てしまうけど、「お黙り」という姐御的・オネエ的なご愛嬌を呼び起こす言葉によって深刻さは脱臼させられている。
また「お黙りの〜」別案として、「うるさいと〜」「お静かにと〜」「じゃかあしいと〜」「シャラップと〜」などが考えられるが、音数的にこなれていなかったり品がなかったり。ここはやはり「お黙り」だろう。

川柳文学コロキュウム

(つづく)

colloquium77_mokuji.JPG

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

「MANO」第20号

mano20.JPG

「MANO」第二十号
編集発行人 樋口由紀子

きかんこんなんくいきのなかの「ん」  佐藤みさ子
人参と人間どっちが赤いのか 

空想のかたまりである赤チョーク  樋口由紀子
水飴をくれたおじさん公開捜査

礼拝が済んで帰っていった島  小池正博
里親は絵文字を焼いているばかり

大根おろしの背中を見て下さい  加藤久子
サ行変格活用じゃが芋の本音
空洞が煮詰まるコンビニのおでん
春先の揚げ出し豆腐になっている



加藤久子さん、佐藤みさ子さん、樋口由紀子さん、小池正博さんによる「MANO」第20号が、4月30日に発行されました。これをもって同人活動に幕を引くという。過去には倉本朝世さんと石部明さんも参加されていて、倉本さんは最初の編集人だったそうです。

「MANO」創刊は1998年5月25日。
創作意欲の旺盛な川柳人が集った「バックストローク」(2003年創刊/発行人 石部明/編集人 畑美樹)が創刊される5年前になる。その当時の川柳界のことはよく知らないけど、「MANO」→「バックストローク」という流れをつくったのかも知れない。

わたしなんかは98年当時、詩文芸にいっさい関わっていなかった。というよりむしろ、言葉を弄して訳の分からないことを書いている分野、として意識的に遠ざけていた(まあ今でも心の奥底には、そんな過去の残滓があるのですが)。

さて今号では、加藤久子さんの連作「顔」がお気に入りです。ご覧のように食べものがよく出てくる。自分、おなかがすいているのだろうか。短詩を読むときのコンディションが好みに影響をあたえることってあると思う。それにしても「春先の揚げ出し豆腐になっている」はいいなあ。

   ◇ ◇ ◇

「MANO」は散文もひじょうに充実している。今最終号の評論&エッセイは、小池正博「佐藤みさ子 ──虚無感とのたたかい」、佐藤みさ子「終わります」、加藤久子「Hisako's Window 落ちながら」、樋口由紀子「言葉そのものへの関心 鴇田智哉句集『凧と円柱』を読む」である。(どうでもいいことだけど、なぜか最初、樋口さんの評論を「お言葉そのものへの関心」と打ち間違えてしまった)

樋口由紀子さんの「言葉そのものへの関心」に惹きつけられた。
全体を読んでみると、樋口さんの文章はけっして体系的ではない。でも、それだからこそ、思考する人間の生々しさが感じられ、惹きつけられる。歌人には高学歴なひとも多いのだけど、ほぼ野比のび太を地でいく成績だったわたしなんかは、理詰めの文章にただただ怯んでしまうことがある。でも、樋口さんの文章を読むと、実際にお会いして「この部分はどういう意味なのでしょうか」とぐいぐい訊いてみたくなるのだ。

 今回、選をしていて、気になったのは散文調の川柳が全体的に増えていることである。実はこれは困った現象だと自戒を込めて思っている。だって、川柳は韻文の文芸である。散文と一線を引く覚悟がいるはずである。でも、散文調の川柳はわかりやすく、たしかに手っ取り早く、ひきつけられる。近年の大賞受賞作品〈ササキサンを軽くあやしてから眠る〉〈こんにゃくの素質も少しおありです〉のせいでもある。

月刊「おかじょうき」2015年1月号

上記は第19回杉野十佐一賞における樋口さんの選評だ。ここで樋口さんがいう「散文」「韻文」の意味がいまいちよく分からず、詳しく訊いてみたいとずっと思っている。「ササキサンを軽くあやしてから眠る」が散文調というのは何となく分かるけれども、ではそれは韻文とどのように違うのか。
また「こんにゃくの素質も少しおありです」は散文調なのだろうか。散文調には違いないけれど、散文のなかの語りかけ・会話体に近くないだろうか。「これ小判たつた一晩ゐてくれろ」(誹風柳多留)に近い語りかけ・会話体と感じられる。・・・なんかこう、頭がこんがらがってくる。だから樋口さんがいう「散文」「韻文」の意味をぐいぐい訊いてみたくなってしまう。

この最終号の評論でも「人参を並べておけば分かるなり  鴇田智哉」という俳句について樋口さんはこう書いている。

「人参」に季語感は全くなく、極端にいうと、季語であろうがなかろうがどちらでもよいと思わせるものが確信犯的に内在している。季語をはみ出す、季語では収まり切らないものに捉えられる。

「人参」に季語感がないことは分かる。ただ、近現代の俳句で「人参」が用いられるばあい、一般の言葉と区分けできるほどの差があるのだろうか。わたしの季語にかんする知識が白紙に近いからかも知れないけど、樋口さんの季語にたいする認識をぐいぐい訊いてみたくなる。

佐藤みさ子さんが今号のエッセイで言及しているのだけど、創刊号で樋口さんは「生きて有る事の不可解さ、不気味さ、奇妙さ、あいまいさなどを書けるのも川柳の特徴である。『川柳とは何なのか』という問いを考え、それに答えるために、『MANO』で作品と文章によって実証していこうと思っている」と書いたそうだ。不可解さ、不気味さ、奇妙さ、あいまいさ──これが川柳の特徴だとすれば、樋口さんの文章はじつに川柳的だ。分からなさがあるからこそ、わたしは惹きつけられてしまうのでしょうね。


posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

川柳「カモミール」第1号 B

川柳「カモミール」第1号 @
川柳「カモミール」第1号 A


 縁日のお面の裏に誰かいる  滋野さち

とつぜんですが、人間には孤独を味わいたいという潜在願望がありますまいか。

犯罪者という犯罪者は、電車の中でも縁日の人通りでも、群集の中のロビンソン・クルーソーである。
(江戸川乱歩『群集の中のロビンソン』)
私自身も都会の群衆にまぎれ込んだ一人のロビンソン・クルーソーであったのだ。ロビンソンになりたくてこそ、何か人種の違う大群衆の中へ漂流して行ったのではなかったか。
(同上)

これ、よく分かるのです。わたしも、特に理由もなく繁華街へふらっと行くことがあるのですが、おそらく大勢のなかの「誰か」として漂流したい、という無意識の働きなのではないかと思います。

何者でもない「誰か」になりたい。思うにこの潜在願望は、〈楽屋〉を確保したいということにつながっていると思うのです。お面をかぶって舞台を演じるには、お面を脱ぐ場所、つまり何者でもない「誰か」にもどる場所が必要だ。それこそが〈楽屋〉なのです。

呪術なり神事なり舞台なりで演戯を行うときにかぎらず、人間とは「お面」をかぶり、他者との関係性のなかで役割を演じる演戯的存在だ。「お面」をかぶることによって、あるときは子の親を、あるときは真面目な会社員を、あるときは自治会役員を、またあるときはアイドルの熱烈な追っかけを、そしてまたあるときは新聞柳壇の常連投稿者を演じる。しかしてその実体は・・・誰なのだろう。

述語部分にいくら「親である」「会社員である」「アイドルの追っかけである」といろいろな要素を当てはめてみても、主語の〈自分〉が何者であるかは捉えきれない。なぜなら、繰り返しになるけど、自分とは「お面」を脱いだ〈楽屋〉という場であって、〈楽屋〉があるからこそ人間は素顔が確保され、役割から解放される。逆にいえば、素顔が確保されていればこそ「お面」をかぶったり脱いだりすることができる。舞台をおりたその素顔は、演劇から解放された「誰か」であり、目も耳も鼻もないのっぺらぼうなのだ。

ところで、近現代の私小説がつらいのは、素顔が確保される〈楽屋〉を舞台化してしまったところでしょう。「誰か」に戻れる〈楽屋〉を舞台にしてしまったら、素顔とお面が一体化してしまい、自分を失ってしまうではありませんか。〈私〉を追求した挙句に素顔を失う。これほど皮肉なことはありません。

滋野さちさんの句からこんなことを考えたのだが、ここまでくどくどしく「お面」について書いたわたしは〈無粋者〉という「お面」をかぶっている。

「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊のあだ名です。その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装がとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。老人にも若者にも、富豪にも乞食にも、学者にも無頼漢にも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。
(江戸川乱歩『怪人二十面相』)
われわれが日常生活でうそをつくばあひでも、それが相手をだますうへに最大の效果を發揮するためには、ある瞬間、自分でもそのうその魔術にひつかかつてゐたはうがいい。舞臺の名演技といふものもおなじやうな性質をもつてゐます。しかし、演戲において──うそをつくばあひと同様に──重要なことは、陶醉よりも、そのあとで醒めるといふことではありますまいか。いや、陶醉しながら醒めてゐることではないでせうか。醒めてゐるものだけが、醉ふことの快樂を感覺しえます。醒めてゐる自分がないならば、うそをついたのでも、演戲したのでもなく、自分もまただまされてゐるのであり、演戲させられてゐるのにすぎなくなつてしまひませう。
(sc恆存『藝術とはなにか』・sc恆存全集第二巻所収・文藝春秋)

 ◇ ◇ ◇

三回にわたって「川柳カモミール」第1号を紹介してきました。カモミール句会も名古屋のねじまき句会もそうですが、いわゆる〈膝ポン川柳〉とか〈あるある川柳〉とはだいぶ違う。カモミールやねじまきのようなスタイルを便宜的に〈詩性川柳〉といっておくならば、そのスタイルの句会を続けていくうちには多少なりとも困難がおありだったと思います。世間が川柳にいだいているイメージと相当かけ離れたスタイルだし、詩性川柳をコンスタントに書いている作家じたいが少ないからです。それでも「川柳カモミール」「川柳ねじまき」として会報誌を出されている。これはすごく意義がある活動だと思います。

では、いったい東京で詩性川柳を中心とした句会なり読みの会を開くことはできるのか。詩性川柳不毛の地に一粒のたねを蒔く時機は近づいているかも知れません。


posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

川柳「カモミール」第1号 A


 暖冬の二月の足がはみ出てる  守田啓子

守田啓子さんは「おかじょうき川柳社」所属。

ひとつの読みとして、二月の暖冬が三月にまで食い込むという句意。また、ふたつめの読みとして、語り手が過ごしているこの二月が、暖かさの上で平均をはみ出しているという句意。
季節や気温と違った領域で成立している「足」を、季節・気温の領域に招くことで「暖冬の二月」の様子を表現している。川柳が得意とする書き方だ。以下の句もそう。
 少年法からはみ出した長い脚  荻原鹿声
守田さんの句も荻原さんの句も、「足」と「脚」の使い分けがそれぞれの句にとてもフィットしている。見逃せないポイントだ。


 旅人は百科事典から帰らない  横澤あや子

横澤あや子さんは元「バックストローク」の同人。

ギリシア神話に出てくるヘルメスという神様を想い出した。ヘルメスは盗み、商売、発明、交通、賭博、競技、牧畜……と、書くのが面倒になるくらいさまざまな分野の神様にされている。上掲句と関係があるとすれば、〈学問〉や「旅人」の神様とされていることか。ドイツ語のヘルメノイティーク(解釈学)も、元をたどればヘルメスに行き着くと聞いたことがある。
さまざまな事柄を解説する「百科事典」ではあるが、実際は、それぞれの事柄の解釈に複数の異説があるものだ。であるならば、百科事典の解説を最終的な答えとするわけにはいかない。いろいろな異説を「旅人」として渉猟するのが学問だ。
人間の理性は万能ではない。だとすると、異説の渉猟から「帰らない」ことこそ旅人の本分なのかも知れない。
 

 ハバネロの瓶を出たがるうめき声  笹田かなえ

笹田かなえさんは「川柳展望」「川柳文学コロキュウム」「あさひな吟社」「おかじょうき川柳社」「連衆」「八戸ペンクラブ」会員。 

わたしは辛いものが好きだ。冬の季節になると、行きつけのラーメン屋で超激辛ラーメンを食べるのが私的行事となっている。それは、ハバネロがこれでもかというほど使われたラーメン。
いまでは、きちんと味わって食べるだけの(自慢にもならない)耐性がついているが、はじめてチャレンジしたときは完食することだけに意識を集中した。なにせハバネロは、日本で使われている唐辛子の数倍の辛さである。スープや麺を味わうゆとりはない。
無事完食しおえて「ふ、」と席を立ち、少々自慢げな声のトーンで「ごちそうさま」と店のおばさんに声をかけた。「はーい」と出てきたおばさんはわたしを見るや、一瞬、うごきがとまった。そのあとお釣りを渡すときも、おばさんは、試合後のボクサーでも見つめるように怖々とわたしの顔を見ていた。
いやな予感がした。うちに帰ってすぐに自分の顔を鏡に映してみた。まるで松本清張のように膨張して厚くなった唇が、それはそれは鮮やかなトウガラシ色に染まっていた。

ハバネロ、あれは爆発物である。爆発物であるならば、何かのはずみで「瓶」という密閉容器をたちまち破裂させ、あの強烈な刺激臭を外界にもたらすだろう。「瓶」のなかで「うめき声」を発しながら、ハバネロはそのときを待っている。

 爆発に注意しましょう玉葱には春の信管が仕組まれている  杉ア恒夫(『パン屋のパンセ』)

(つづく)

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする