2020年07月09日

広瀬ちえみ『雨曜日』を読む@

句誌「垂人」の編集発行と柳誌「川柳杜人」の編集をされている広瀬ちえみさんの句集が出ました。『雨曜日』(文學の森・2020年)です。セレクション柳人14『広瀬ちえみ集』(邑書林)の発行から15年ぶりだそうです。

その『広瀬ちえみ集』には「『思い』の問題」という散文が収録されています。わたしが川柳を始めたころというのは、広瀬さんを含む「バックストローク」誌の同人が頻繁に「思い」の問題を論じていたものです。

川柳で「思い」を書くばあい、小説と違って作者の感情だけが全面的に出てしまったり、思いを一方的に押し付けたりするから、露骨でもあり重荷にもなる。でもやはり「思い」は大切で捨てがたい。とするならば、どのように「思い」を表現するかが問題となってくる。そこから広瀬さんは、次のように書いています。

 「思い」で書けと言われ納得したかのように川柳を書いてきた。そしていまその「思い」に揺れている。短さを逆手に取った「思い」の表現はできないものだろうか。
 ことばとことばのひびきあい、あるいは反発をとおして、ただならぬ空気が流れ出す、あらぬ「思い」を言ってしまう、ことはできないだろうか。そしてその向こうにある自分の「思い」を越えた何かに(変身したものに、その世界に)あやかりたいと願っており、「思い」との新しい関係を考えている。

『広瀬ちえみ集』から15年を経て「思いとの新しい関係」はどうなっているのでしょう。以下、『雨曜日』から数句引用させていただきます。

 かんぶにもこんぶにもよくいいきかす
 たまたまもまたまたもあり鳥墜ちる

 
どちらの句にも言葉の「ひびきあい」があります。と同時に言葉の「反発」もある。重厚な「かんぶ」とたゆたう「こんぶ」、単発的な「たまたま」と連発的な「またまた」。わたしは2句ともに寓話性、あるいは戯画性を感じますが、それは言葉の響き合いと反発によって「ただならぬ空気」「あらぬ思い」「自分の思いを越えた何か」が生じたからだと思います。少なくとも既成の「思い」の川柳――即興で仮構すれば〈人ひとり去って私を刺す夜風〉のように或るひとつの感情に読み手を誘導するもの――と質が違うのは明らかです。

 カーテンがあいて魔が差すいい日和
 口裏の裏の寸法まちがえる


どちらも〈日が差す〉〈口裏を合わせる〉という慣用語が脱臼させられ、正月にやる福笑いのような面白さにつながっています。あるいはこうも言えるでしょうか。初対面の相手がお辞儀をするかと思いきや、いきなり後ろへブリッジをしたら意表をつかれるでしょう。その意表性と似た可笑しみがあるように思います(もっともそのブリッジが佐山聡のように綺麗な人間橋を描いたら、意表をつかれるどころか感服してしまいますが)。ここでも「ただならぬ空気」「あらぬ思い」「自分の思いを越えた何か」が生じてはいないでしょうか。

 象が来る身元引受人として
 たたきの刑酢じめの刑に遭っており


先に挙げた4句もそうなのですが、『雨曜日』では言葉が正規の用い方から外れることで、「ただならぬ空気」「あらぬ思い」「自分の思いを越えた何か」が生起しています。掲句は、従来の言い方ならば擬人法ということになるでしょうか。擬人法も、人間でないものを人になぞらえるわけですから、言葉の正規の用い方から外れた表現法です。でも、おそらくですが、広瀬さんをはじめとする現代の柳人たちは、擬人法だの何だのと意識するまでもなく、自然にそういう表現をしているのだと思います。これは漫画の描き方と似ているかも知れません。たとえば『ドラえもん』です。ジャイアンのパンチがのび太の顔にめり込んだのにもかかわらず、次のページではもうのび太の怪我が治っていることってありますよね。冷静に考えればそれはおかしいのだけど、漫画家からすればごく自然な描写方法だと思いますし、読み手のわたしたちもそれを自然に受け入れています。現代の柳人もそれと同じなんだと思います。正規の言葉遣いを脱臼させるだの、擬人法だの、あるいはポストモダンだのと意識せず、ごくごく自然に正規の言葉遣いから自由になっているのではないでしょうか。
(つづく)

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

森山文切川柳句集『せつえい』A


 パルプンテ唱える村議会議長

パルプンテ」はゲームのドラゴンクエストシリーズに登場する呪文。わたしも「川柳カード」第5号に「念のため朝はザオリク唱えるの」という川柳をつくったことがあります。ザオリクもドラクエに出てくる呪文なのです。

 おみせやさんに「ひゃくまんえん」を渡す

前世紀には「はい百万円」とかいってお釣りをくれるおじさんがいましたよね。いまもいるのかな。掲句は子供の側が逆に「ひゃくまんえん」といって支払っている場面でしょうが、このやり取りだけで、普段のお店屋さんの戯れまで想起できるようになっています。短詩ならではの時間の広げ方。技ありです。

 しらたきの役を拝命した四月

このあたりは「川柳スパイラル」や「川柳北田辺」に掲載されていてもおかしくない川柳ですね。

 一斉に開く告別式の傘
 前任のコーヒーミルがある机
 子猫が入る子猫を捨てるための箱
 カーテンが揺れて養育費の話

森山文基さんは川柳のさまざまな書き方にチャレンジしている方という印象があります。「米軍のフェンス内にも咲くデイゴ」は社会性の川柳です。また「花がない方が自然である花瓶」は伝統川柳的な穿ちがあります。さらに「しらたきの役を拝命した四月」は言葉をモノ化している点で現代川柳的でありましょう。でも、現時点でいちばん安定感がある書き方は、上掲4句のような写生川柳だと感じます。

ちなみにわたしは、物や事を具体的に描写することで、言外の感情なり状況なり人物像なり雰囲気なりを暗示するのが写生だと考えています。哀しい、などと直接言葉で表すよりも、じんわりと情緒のしみ込んでくるのが写生の良さです。

一句目は鮮明に映像が浮かびます。二句目は「コーヒーミル」という特徴がある物に焦点をあてたことで、前任者の人物像が浮かび上がってきます。三句目「子猫が入る」は、子猫の動作の写生とも箱の大きさの説明とも取れますが、いずれにせよ哀れなどと陳腐なことをいわずに作者の情感を伝えています。四句目、「カーテンが揺れて」という具体描写が、「養育費の話」をしなくてはいけない作者の感情の比喩として機能しています。

「君見たまへ菠薐草が伸びてゐる 麻生路郎」「畳まれて目だけになった鯉のぼり 橘高薫風」など、むかしの書き手はいい写生川柳を残しています。文基さんはいろいろな書き方ができる人だと思いますが、今後もこのような書き方を大切にしてもらいたいな、などと思うのであります。(おわり)

posted by 飯島章友 at 08:00| Comment(2) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

森山文切川柳句集『せつえい』@

今回は、森山文基(森山文切)さんからご恵贈にあずかった森山文切川柳句集『せつえい』(毎週web句会・2020年)について書いていきます。「せつえい」は拙詠のほかに設営という意味もありますね。

 沖縄にあるしりとりの「ん」の続き

本句集冒頭の川柳。この句には読みの道筋を二つ考えました。ひとつは、文基さんが住む沖縄で「しりとり=川柳の歴史」の新たなステージがはじまっているのだ、という宣言としての読み方です。わたしは2013年の「川柳カード」第3号に小池正博さんからのご依頼で、「既存レジームからの脱却を」という小論を書きました。川柳界の状況論めいたものです。作句をはじめて四年目のときだったんで少々なまいきですね。

私は文芸川柳界においても、「マンネリスパイラル」に陥った既存レジームとは異なる、新たな世界を築いていくことが重要だと思う。そしてそれができるとすればインターネットだ。

わたしがこの文章を書いてから数年のち、文基さんが「川柳塔おきなわ準備室」でweb句会を立ち上げ、いまの「毎週web句会」へと発展していきました。「毎週web句会」への参加者は、従来のリアル句会では少数派だった年齢層が大勢集ってきていて、まさに新領域といえるものです。先のわたしの小論はほんの問題提起のレベルでしたが、これほど早くインターネット上に新しい領域が生まれるとは思っていませんでした。彼の行動力をみると掲句をひとつの宣言とみなす読みが成り立つと思います。

さて、もうひとつの読み方は社会性の読みです。すなわち、沖縄の歴史にからまる錯綜した問題や沖縄の分断状況を調整し、新たな「しりとり=沖縄の歴史」を始める、という方向の読みです。沖縄は政治・外交・国防の喚起力がある土地。なので文基さんを知らない読者が見たならば、まずは社会性の川柳として捉えることでしょう。わたしはというと、上記どちらの読み方も保持したまま鑑賞をしました。短詩というのは最初から伝達を諦めている文なので、読みを一つに絞ることは難しい。ですから多義性・多面性を内包しているとみなすのが許される、とわたしは考えています。

 原爆忌も終戦の日も夏休み
 米軍のフェンス内にも咲くデイゴ
 へいわってなあに何にもないことよ

一句目。子供のころは学校を長期間休める嬉しさしかなかった夏休み。けれど成長過程のある時点で気づくのです。じぶんが謳歌しているこの「夏休み」が、お盆、原爆忌、日航機墜落、終戦の日と重なり、それをつうじて死者を想っていることを。夏休みに多くの死者を想い、出合っている自分への認識と驚き。そこなんだと思います。かりに政治や倫理を持ち出して読んでしまっては、この句の格を下げてしまうことでしょう。

二句目。ここでは鑑賞ではなくわたしの体験談を書きますね。だいぶ前のことですが、わたしは横田基地のフェンスを詠んだ短歌をつくりました。サイクリングをする途中で基地周辺をよく通るのです。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の舞台になったあたりですね。現在の横田基地は航空自衛隊も使用していますが、長らく米軍に提供されてきた基地で、在日米軍司令部、第5空軍司令部、第374空輸航空団などが使用しています(上空はいわゆる横田空域)。フェンスの網を通して見える土地が、いま自分の立っている土地とは別の領域である……。先の歌はただただそんな状況を淡々と描いたものでした。ところで後日、その歌を読んだ方からお葉書が来たのです。「よくぞ沖縄の基地問題を書いてくださいました」といった内容でした。「基地」「フェンス」という喚起力のある言葉を使うと、読みの道筋がそちらに開けるのですね。そういえば、作歌したころを振り返ってみると、無意識裡に沖縄と横田を重ねていたような気もします。

三句目。ピースは本来パクス(平定)のことであり、要は戦闘がないしずかな状態ということです。ところで掲句は、戦闘がない状態とはいわず「何にもないことよ」といっている。よくよく読むと気になる定義ですね。ことによっては活力を失った〈けだるさ〉が平和なのだとも取れます。平和ではなく「へいわ」と表記されていることもそれに貢献しているようです。「何にもないこと」というと、けだるくも平穏な意味合いになりますが、nothingness、emptiness、nihilと英語に置き換えてみると、完全無欠の正価値である〈平和〉を穿っているとも取れますね。他方、nonselfやnonegoと置き換えると宗教性を帯びてきます。尤もここまでくると作者の意図を超えたお話かもしれません。


posted by 飯島章友 at 08:00| Comment(1) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』

syobun001.jpg
筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』
2019年12月発行
編者:樋口由紀子
発行人:富山やよい・くんじろう
発行所:筒井祥文句集発行委員会
装丁:くんじろう
絵:酒井かがり
校正:きゅういち
会計:山口ろっぱ
集句協力:藤本秋声
(句集を入手したい方はくんじろうさんのTwitterに連絡するのがいいと思われます)


筒井祥文さんは平成29年の秋まで「川柳結社ふらすこてん」の主宰でした。川柳結社という呼び方も川柳界では珍しいですね。歌壇で「結社」といえば、縦の人間関係にもとづきながら専門人を養成していく組織のことですが、川柳界では結社と名乗るグループを見かけません。グループ名にあえて結社を付けた意味を祥文さんにお訊きしたかったです。

祥文さんが亡くなったのは平成30年3月6日。樋口由紀子さんのあとがきによると、この句集の制作は、病室での祥文さんのつぶやきがきっかけになったそうです。「好きなことをして、人にも恵まれて、いい一生だった。しかし一つだけ悔いがある。それは句集を出せなかったことだ」。

わたしは以前、祥文さんと自動車の中で一緒になり、川柳についていろいろなご意見をうかがったことがあります。とにかく既成川柳界について仰りたいことが山ほどあったようで、話しはじめたらとまらない感じだったのを憶えています。憂国の士という言葉がありますが、そのときの祥文さんはまさに憂柳の士。川柳にたいする情熱と誠実さが伝わってきました。

以下、同句集より。

湯どうふのさっぱり君が解らない
「さっぱり」という言葉を媒介にして「湯どうふ」から「君が解らない」へと無理なくつなげていく技術。言葉選びが的確です。それでいて、どこかトボけた可笑しみもある。「君」というのが湯豆腐を指すのか、あるいは一緒に湯豆腐を食べている人を指すのかは解釈のわれるところでしょうが、もしかしたら両方とも指しているのかも知れません。摑みどころのない豆腐の質感に接したとき、そういえば僕は貴方のことも全然解っちゃいないなあ、なんてね。

仏壇の奥は楽屋になっている
「仏壇」から「楽屋」への飛躍が意表を突きますが、その意表性が可笑しみにもつながっています。2時間サスペンス「赤い霊柩車」シリーズの大村崑みたいに、「コラ、いつから仏壇は舞台になったんや」と突っ込みたくなる句。しかし、よくよく考えてみると仏壇も壇なのですから、楽屋(控室)への飛躍はけっして強引ではない。そういえば選や句評での祥文さんは、独善的な飛躍にシビアでしたね。僕ってコトバ派のアーティストだから〜と自称しても、独善や陳腐は見抜かれてしまうものです。

台風一過 稚魚の命が透けている
鳥の声 水は力を抜いている

祥文さんはこういう句も書くわけです。二句目などは八上桐子さんの川柳といわれれば信じてしまいそうです。「稚魚の命が透けている」「水は力を抜いている」は理知的な表現ですが、風景を観察したうえでの実感がつよく伝わってきます。理知と実感はけっして対立し合うものでないことが分かる二句です。

無い袖を入れた金庫がここにある
広辞苑よりも分厚い野次が飛ぶ
大きなことを小さな文字で書く人だ
結局は最高裁に叱られる
再会をしてもあなたはパーを出す

いわゆる「伝統川柳」の柳人たちが、もし情熱と誠実さをもって自分たちの表現法を追及していったなら、きっとこのような句を書くに違いない。思わずそんな想像をしてしまった五句です。祥文さんはふらすこてん誌で「番傘この一句」という記事を連載していました。「番傘」誌の中から佳句を引用し、どこがいいのか寸評を加える内容です。また、ふらすこてんの中期以降は「祥ファイル」という記事も掲載し、伝統川柳界に厳しい批評・批判を展開していました(ただしこの記事の初出は「天守閣」)。これらの連載記事を見ても、またその中でたびたび言及される岸本水府への傾倒ぶりを見ても、伝統川柳への熱い思いが伝わってきたものです。

最後に、句集の内容から離れてしまいますが、「祥ファイル」について少し述べておきましょう。祥ファイルで展開される川柳評論は、ほぼ毎号、既成の川柳界や川柳人に厳しい批評・批判がなされていました。誤解のないように言っておきますが、批評・批判(クリティシズム)とは、物事の前提や枠組みや臨界を明らかにした上で、現状の是非を論ずることです。批評・批判は危機(クライシス)を感じたときになされるのですから、祥文さんは既成川柳に危機を感じる数少ない川柳家だったといえるのです。本当はすべての柳人に「祥ファイル」を読んでいただきたかった。

ほとんどの柳誌に前号鑑賞欄があるものだが、そこに書かれていることは日常会話の延長程度のものが多くて韻文としての読みが展開されているものをまず見かけない。「私も似た境遇ですからあなたの気持ちが分かります」だの「親の心子知らずなどと申しますから」などというのは全くの世間話でしかない。しかし私も無い物ねだりをしている。出句されている句自体が散文を五七五に整えたものに過ぎないのだから、句ではないものを句として扱っている今の川柳界は極めて深刻な状況にあると、そんな風に私は見ている。

「ふらすこてん」第25号所収「祥ファイル『難解句ではダメか』」より(初出は「天守閣」777号)

syobun002.jpg
posted by 飯島章友 at 12:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

現代川柳新思潮No.159

現代川柳新思潮No.159 2019年11月号
編集兼発行人 岡田俊介


気をぬくと夜空になってしまう髪  西田雅子
象形文字なぞる微かに人の肌  松井文子
告白はパセリの森の妖精に  中嶋ひろむ
私の息では飛べない風船  谷沢けい子

また今号は、5月に行われた新思潮・横浜研修句会の議事録を山崎夫美子氏が書いている。上位3句は以下の通り。

春の芽の傾斜 君に向かう列車  明日歌
骨格標本まだ恋ごころ秘めたまま  斉藤和子
水玉がはじけて 港ひろがって  俊介

なお、次回の160号(令和2年1月号)から現代川柳新思潮を『現代川柳琳琅』(りんろう)と改題することになったという。主宰も杉山夕祈氏に代わり、より自由な創作活動を展開するとのことだ。今号の岡田俊介氏の巻頭にはこう書かれてある。

 片柳哲郎は昭和50年代に『季刊藍』誌に発表した「現代川柳の美学」の中で、現代川柳は「私」を詠むべきものだと説いた。この考え方に賛同した作家たちを集めて平成5年に創刊されたのが新思潮である。新思潮は、創刊当初から、川柳文学運動を含めて自己研鑽の場として活動してきた。ここで、現代川柳とは昭和32年に革新作家を集めて結成された現代川柳作家連盟の流れを汲み、既成川柳との対立軸をもつものとして捉えている。
(中略)
 続刊に当たって、会員作家たちの作品創作上の活気を喚起するために、次号から『現代川柳琳琅』に改題することにした。現代川柳の作家たちは常に新鮮な気持ちを持ちつづけなければ新鮮な作品も生れない。新鮮な作品の創作こそが現代川柳誌の存在意義であり、それを希っての改題である。
 今後は既成の考え方、価値観などの枠組みに囚われず、より自由に創作するべきだろう。この場合、新思潮から琳琅に残すべきものは「私」を詠むことである。その他は自由に創作してよいと思う。大事なことは川柳の質の向上に正面から取り組み、新しい川柳を開拓するという現代川柳の火を消さないことである。

現代川柳新思潮のホームページはこちら。
現代川柳 新思潮
posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする