2017年08月27日

究極対至高:200字川柳小説  川合大祐

「何を食べたかじゃない。何を食べるのかが大切なんだ」と歯車式原子炉搭載の熱血教師が言うので、テーズ式留年中年の私型惰弱人間第28号もその気になった。気になったのものの、どうしたら良いのかがわからない。とりあえず「食べる」というのがどういう行為なのか調べてみることにした。調べてみるとなかなか奥が深い。走りながら、鳴きながら、世界を滅ぼしながら食べる。特に、夕御飯を食べながら食べるのが気に入って、秋。

  諏訪湖とは昨日の夕御飯である  石部明(『セレクション柳人3 石部明集』より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

赤光メロンパン:200字川柳小説  川合大祐

町を歩く。雨の日はゴミ捨て場を覗きたくなる。昨日は雨だった。今日の空がどうなるかわからないから、積み上げられた古雑誌の束を引き抜く。アンドレ・ザ・ジャイアントの死亡証明書の長さ。暗い時代の人々のテント劇団。成立しないHAL9000と山本有三のコント。源氏物語が圧縮されたフライデー。旗本退屈男の去勢。だらしなかった宮本武蔵へお中元を贈るルーク・スカイウォーカー。たぶん明日は雨になって夏の町が終わる。

  きにすうのいにちぎおりわぢぐうわどせ  Sin(「月刊おかじょうき」2017年7月号より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

パーソナル・データ:200字川柳小説  川合大祐

デスメタルが好きで、毎晩聴かないと眠れないのに、昨夜は「伊那華浪曲の会」へ親の強制で出席させられていたので、電気羊の夢を見続けて眠れなかった生徒がいた。ガマの油の売りすぎで声が涸れている生徒がいた。ミスター・スポックと言われるのが嫌で、昨日ついに整形手術の申し込みをしたのだが、身体髪膚へ傷つけることに罪責を感じている生徒がいた。実は自分は神様なのだと解ってしまっている生徒がいた。音楽室が破裂した。

  斉唱に音楽室は破裂して  若草のみち(今月のゲスト作品「斉唱」より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

白夜考:200字川柳小説  川合大祐

わが町にもスターバックスができたので、藤原鎌足について考える。クーラーがあの世のようにつめたい店内で、藤原鎌足について考える。前世紀の理想化されたアンドロイドのような溌剌としたバリスタを見ながら、藤原鎌足について考える。いつもキタムのアイスコーヒーを飲みながら、藤原鎌足について考える。ふと気付くと、目の前の君がすこし怒っているので藤原鎌足について考える。「今、藤原鎌足考えてたでしょ」うなずかない。

  セロファンに包まれてきた藤原鎌足  山口ろっぱ(「川柳北田辺」80号より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ウィズ・トゥース:200字川柳小説  川合大祐

そうね、みんな知ってるけど、シンデレラが置き忘れていったのはガラスの総入れ歯だってこと。ママはラジオに投書してたわ。「この国の美徳はどこにいったのでしょう。入れ歯なんて、外から見るぶんにはわからない、口内に入れるのは絶対イヤなものを自己認証に置いて行くなんて、あまりにも卑劣ではありませんか。卑劣です」。要するに、みんな嫉妬に狂ってたわけ。え?あたしの入れ歯なら、桜の下に埋めて、どの木だか忘れたの。

  君を見る桜にすらも嫉妬して  千春(「川柳の仲間 旬」No.212より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(0) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする