2017年04月18日

【小連載】くま(「安福望キャラクター辞典」)

download_20170418_153111.jpeg

やぎもと 熊についてはやすふくさんはなにかこれってイメージがあるの?

やすふく ないよ。白熊だよね?

やぎもと ぜんぶほとんどやすふくさんの絵ってしろくまなの?

やすふく 白くて、絵のなかで邪魔にならないから、白熊かいてるだけですよ。

やぎもと ふつうのくまもいるでしょ?

やすふく だいたいしろくま。

やぎもと しろくまだったのかぜんぶ。それおどろくなあ。

やすふく ふつうのくまは意図的にふつうの熊ですね。茶色いとかツキノワグマとか。

やぎもと くまってふつうじゃまになるそんざいだけど、わざわざくまだしてじゃまにならないようにするのか。

やすふく あ、そうそう。色的に邪魔じゃないっていうのが大事なの。

やぎもと そのわざわざして、ならないようにするっていう屈折がいつもあるきがするなあ、やすふくさんの絵って。

やすふく あ、そうなのかあ。

やぎもと そのキャラクターの性質を脱臭しちゃうっていうのかな。宇宙とかも。
posted by 柳本々々 at 15:35| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

走る走る走るから考える古畑任三郎 安福望×柳本々々−ファーストシーズン第11話「さよなら、DJ」(犯罪者:中浦たか子【ディスクジョッキー】=桃井かおり)

安福 この桃井かおりの回は、殴ったときの「いたい?」ってきいたのがこわかったですね。

柳本 あれは桃井かおりのアドリブなんですよね。

安福 えー、そうなのか。はみだしたとこなんだ、あれ。

柳本 三谷幸喜作品のせりふじゃないかんじしますよね。あそこだけ。

安福 そうですね。古畑って、異常殺人者ってでてこないじゃないですか。最後ちゃんと解決する。

柳本 そうですね。そこらへん、『踊る大捜査線』と違いますね。『踊る大捜査線』はわりとアブノーマルな殺人者いっぱいでてきますからね。

安福 でも、この桃井かおりのだけ、なんかあの「いたい?」でちょっと異常なかんじしたんですよ。犯人のひとって、みんなちゃんと会話できるかんじだけど。ももいかおりはちょっと会話できないかんじのひとにおもえて。いままでのひとはみんな自分から、会話してくるじゃないですか

柳本 三谷幸喜さんはアドリブをさせないんですよね。昔、三宅裕司さんと対談してたときそういってました。だからそこだけ突出したかんじになったんじゃないですかね。三宅裕司さんと小倉久寛さんの劇団はアドリブがおもしろい劇団だから。

安福望 そうなんですね。

柳本 そもそも桃井かおりさんってちょっとクレイジーが役柄がおおいですよね。『男はつらいよ』にでてたときも結婚式で走ってにげる。花嫁の役をやってたけど。とつぜん結婚したくなくなって布施明からにげるんだけど。
走るで思い出したんですけど、この回の桃井かおりも今泉も全速力で走ってますけど、三谷幸喜作品のなかでは〈走る〉ってひとつのテーマになってるんですよね。『ラジオの時間』でも『笑の大学』でもみんな走ってる。全速力で。
三谷幸喜作品では走るっていっぱいでてくるんですよね。ドラマでも映画でも舞台でもよく走ってる。
で、走ると、物語がおおきく展開するんですよね。
漱石の小説って横たわると物語がおおきく展開するんですけど、三谷幸喜作品では走ると物語がおおきく展開する。
そうかんがえると三谷幸喜作品って会話劇の要素だけでもないんだなっておもうんですよ。走るっていうことばをかなぐり捨てたときになにかがおこるというか。
走るって純粋な欲動ですよね。そのときひとってピュアな欲動がでるんだとおもうんですよ。あの吉本ばななの『キッチン』でもカツ丼もってたしか走ってましたよね。このカツ丼を届けたいって。愛のカツ丼。

安福 たしかに走るって純粋ですね。

柳本 だから三谷幸喜劇では言葉の汚染をふりきるように走るんじゃないですかね。
あと三谷幸喜の作品は閉鎖的空間がおおいんですけど、
そこにおおきな穴をあけますよね、走ると。

安福 風なのかもしれませんね。

柳本 あの『笑の大学』でもほんとよくはしるんですよぐるぐるぐる。すごくいいシーンなんだけど。舞台版も映画版も。西村雅彦も近藤芳正も役所広司も稲垣吾郎もみんな素敵に本気に走ってる。

安福 そうなんですね。

柳本 真面目な検閲官と弱気な喜劇作家が一所懸命、一緒に走ってる。そうするとだんだんふたりの関係がピュアになって物語が動きはじめる。ふたりの関係がピュアになるんですよ。
どれだけ思いが錯綜していても、走る行為って、勘違いから遠く離れてある身体なんじゃないかな。なんか〈これしかない、これなのだ〉って状態になるんだよ。

安福 なるほど。まよってるときは走れないですね。目的地がわかんないから。決めてないから。

柳本 走るは、希望ですよ。ひとは、希望があるから走るんじゃなくて、走っているうちにひとは希望そのものになっていくんですよ。

download_20170315_202426.jpg
安福望:古畑任三郎「さよなら、DJ」の絵

download_20170315_200606.jpg
柳本々々:古畑任ザブ子「さよなら、今泉くん」の絵

posted by 柳本々々 at 20:10| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

狂気から考える古畑任三郎 安福望×柳本々々−ファーストシーズン第10話「矛盾だらけの死体」(犯罪者:佐古水茂雄【議員秘書】=小堺一機)

柳本 この回、小堺一機さんを起用してるのがおもしろいですよけ。三谷作品ってだいたんな起用がありますよね。流動的な役者の起用というか。
え、こんなひとが、だれだろうこのひとは、とかってありますよね、三谷作品って。
それって三谷幸喜のなかで、演劇系の俳優とドラマ俳優とお笑いタレントのあいだに垣根がないってことだとおもうんですよ。
で、その垣根というか位階というかそういうのがない場所ってひとつだけあって、それって、〈テレビ〉ですよね。
三谷作品ってテレビっこがテレビのためにつくったテレビ作品ってかんじがするんです。
テレビってなんでも放送するわけでしょ。それが最大の強みなわけですよね。
ふまじめなものから伝統的なもの、シリアスなものまでぜんぶすべてがつまってる。
そういうせんぶをひっくるめたテレビ価値観を三谷幸喜はもってて、だから小堺一機と坂東八十助と菅原文太が
並べるんだとおもうんですよね。

安福 ああそうですね。今回の小堺さんの回って、すっごく三谷劇ってかんじしましたよ。勘違いの積み重なりってかんじ。

柳本 こんかい、勘違いされるひとのはなしだけど、セカンドでも、風間杜夫がおなじ勘違いされる犯人をやってましたよね。サードの玉置浩二もそうですね。
この勘違いが物語の駆動力になるのはヒッチコックがそうなんですよね。
ヒッチコックはほとんどが勘違いがもとになってはなしがすすんでいくから。あの『サイコ』なんかもけっきょく〈勘違い〉している〈こころ〉=サイコですよね。
ただその勘違いってもっといえば、シェイクスピアなんですよね。
だから劇の基本って勘違いにあるんじゃないとおもうんですよね。
で、なんで勘違いが劇の基本になるかというと、嫉妬をうむからだとおもうんですよ。『オセロー』とかそうだけど。勘違いで嫉妬してドラマチックになる。ドラマってなんのことかというと葛藤だから。こうかもしれないああかもしれないってひきさかれていくことだから。
今回の小堺一機もずっとひきさかれた状況にありますよね。ああまた俺じゃないのかって。だから基本的に勘違いがドラマをうむんじゃないかと思うんですよね。

安福 そうですね。小堺一機、ずっとゆれてましたね。勘違いがドラマを産むかあ。たしかに恋愛とかもそうですよね、たぶん

柳本 恋愛ってたぶん究極の勘違いじゃないですか。へんな言い方だけれど。だからドラマチックなんだとおもう。答え合わせができないから。なんで好きなのかって答え出ませんよね。
だから勘違いっていつも新しい価値観の生成だとおもうな。
劇作家ってそもそもかんちがいを軸にかんがえてるとおもうんですよね。前回のあてがきの話もそうだけれど、役者にあてて書くけど、あれっこのひとこういうひとかもっていうのがでてくるわけですよね、やってると。そうするとそこからまた新しい価値観がうまれてくるし。
だから劇とかドラマってそういうずれてく人格みたいなのをずっとかんがえていくことだとおもうんですよ。
昔、岩松了さんに松本幸四郎さんが舞台袖で、舞台やってたときに、毎日おなじ時刻におなじせりふをしゃべってるってちょっとにんげんとしてへんじゃないってはなしかけてきたことがあるらしいんですよ。
でもたしかにそうかんがえると舞台とかってすごくへんですよね。まっとうなことしてても。毎日おなじ場所でおなじ時間におなじせりふをしゃべってるんだから。人格としてずれてる。ちょっと狂ってる空間なんですよね。

安福 同じことしますもんね。

柳本 むしろかんちがいしないと人格が成立しないところがありますよ。
三谷作品ではすこしまえにもふれたけれど狂気ってテーマがありますよね。『振り返れば奴がいる』でも西村雅彦がくるっていくし、古畑でも自律神経失調症になってますよね。

安福 だれか狂うひとがでてくるんですね。 

柳本 ドラマってそもそもが狂気なんじゃないですかね。

安福 ああ。ドラマの撮影って、話の順番にとらないじゃないですか。最初と最後を一緒にとったりするんでしょう。それって狂ってますよね。

柳本 あそうそう。だから三谷幸喜さんが『マジックアワー』撮ったときに、あれはそういう、フィクションってなんだろうって作品ですよね。あれももうさいしょから勘違いを展開していくはなしだけど。

安福 舞台だとしても、順番に演じるけど、それをくり返すから、狂ってるんですよね。それもたえずフィクションってなんだろうってなるね。

柳本 そもそもでも三谷幸喜はフィクションってなんだろうってずっと問いかけてるきがしますよ。『十二人の優しい日本人』に「ほんとうのことなんてだれにもわからないんです」って陪審員のひとりがいってるけど、それってフィクションってなんだろうってことだとおもう。フィクションって妥協なんじゃないかって。
でも妥協を妥協としてうけとめられるって狂気じゃないかって。
だから三谷幸喜作品でよくある長回しのシーンって、その狂気に対抗するために、正気をもちこんでるきがするんですよね。あえて編集しないような。正気の基準点というか。

安福 ああくるってないとできないことたくさんありますからね。

柳本 たくさんありますああくるってないとできないことたくさんありますからねできないとくるってることああ。


download_20170313_222842.jpg
安福望:古畑任三郎「矛盾だらけの死体」の絵

download_20170313_222259.jpg
柳本々々:古畑任ザブ子の絵

posted by 柳本々々 at 22:25| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

才能から考える古畑任三郎 安福望×柳本々々−ファーストシーズン第9話「殺人公開放送」(犯罪者:黒田清【霊能力者】=石黒賢)

安福 この回は超能力の、もっというと、才能の話なのかなあっておもったんですよ。じぶんに才能がないってことをみとめられないというか。なんかでも古畑さんがやさしいのもきになったなあ。

柳本 ああ。これ同時にメディア論だともおもったんですよね、この話。才能ってメディアともかんけいしてるって。メディアによってやめられなくなってたわけですよね、石黒賢は。

安福 あ、そうですね。

柳本 だけどうまいこといけばちがうほうこうにもいけたんじゃないかとおもって。

安福 たしかにね。

柳本 メディアはいちおう味方してるんだから。

安福 ほんとですね。むかしはほんとに力があったんだよっていってたじゃないですか。なかったかもしれないけど。でも二十歳すぎてからなくなってっていってて。そこでやめずに、いたんですよね。なんかすごいなっておもったんですよ。自分は特別なんだって思い込みで、二十歳からはずっとやってきたんですよね。もしかしたら最初からずっとそうだったのかもしれないけど。古畑さんって過去がよくわかんないじゃないですか。なんか似たとこあったのかもってなんかちょっとおもった。なんでかわかんないですけどね。
だから二十歳までは能力があったっていうのも、さいごに「そういうもんです」みたいなこと石黒賢にいってて、それは自分もそういう道とおったよってかんじになんかやさしいかんじにおもったんですよね。

柳本 ぎゃくにじぶんじしんをだましていたのかもしれないですよね。
だけど二十歳になって万能感もきえてだましきれなくなって、こんどは外側をだますようになったというか。

安福 ああ。

柳本 あの今回の事件の鍵になってる犯人がかけてたサングラスで色がちがってみえるって。結局こころのサングラスをずっとかけてたってことなんじゃないですかね。だから、もともとサングラスをずっとかけてるみたいに、ずれてたんじゃないかって。悲劇があるとしたら、それってこころのサングラスなんじゃないかとおもうんですよ。

安福 ああ、ほんとですね。

柳本 でもそれでもあなたにはなんらかの魅力があるからいっしょにちょっとそれさがしてみようっていってくれるひとがいなかったことじゃないかな、今回の石黒賢の悲劇って。
サングラスをはずしてくれるひとがいたらこんなことにならなかったかもって思うんですよ。そもそもサングラスって心理的防衛ですよね、世界をちゃんとみないようにするための。

安福 ほんとですね。

柳本 むしろサングラスによってじぶんにマジックをかけてますよね。だからはじめて古畑がそのサングラスをはずしてくれたんじゃないかっておもうんですよ。

安福 ああ、そうですよ。
柳本 あのレザージャケットも防衛だとおもうな。あれってさわれないでしょひとが。指紋がつくから。さわるなってことだとおもう、じぶんいがいは。

安福 あのひと強烈に孤独ですよね。

柳本 だけど古畑が証拠としてそれをぬがせるわけでしょ。

安福 あっほんとだ。

柳本 だから古畑が武装解除したんだとおもうんですよ。

安福 なるほどなあ。

柳本 だからこそ、あのラストシーンでね、ためせたんだとおもうんですよ、じぶんのほんとのちからを。だってふつうは失敗するのこわいでしょ。じぶんで自覚してあきらめなきゃならなくなるから。

安福 ああ、だから、二十歳からちからなくなったこともいえたんだなあ。

柳本 だけど古畑の前ならっておもえたんじゃないかな。だめだったけど。だけどわかったわけだよね。あれであきらめることができましたよね。これからはちがう生き方ができる。
おっちよこちょいの神戸浩の大道具が落っことしちゃって重たいものがおちてきた。霊能力の仕組みなんてほんとはそれくらいでしかないって。

安福 ほんとですね。

柳本 この回はメディアの回だけど、テレビ番組だから、だからメディアってどんどん価値観がわかんなくなるけど、ただしさとかまちがいも、でもああいう1対1の会話でふっとちゃんときづいてしまうこともあるっていう。

安福 ほんとですね。

柳本 だからあの犯人にとってメディアって、サングラスだったんですよね。

安福 ああ、そうかあ。

柳本 ただ目元にあったからきづかなかった。

安福 じぶんじゃきづかないんですね。

柳本 この回のラストシーンの音楽ってすごく印象的じゃないですか。本間雄輔さんの。本間さんは『世にも奇妙な物語』の音楽もつくってるけど、それっぽい音楽ですね。なんか超越的な。超能力的な。
で、ファーストでつかわれてた音楽ってセカンドからつかわれなくなってますよね。この音楽だとカウンセリング色がつよすぎるのかもしれませんね。超越的な。ちょっと宗教曲みたいになってますもんね。神様ソングみたいな。

安福 このものおちるとことか、なんか音楽がこんなになるんだっけなっておもいました。

柳本 スタジオの天井じゃなくて、天からおちてきてるかんじしますからね。

安福 ああ、しますね。

柳本 この曲のせいで神戸浩さんのたどたどしさが聖性をだしてるっていうか、天使みたいになっちゃってますよね。

安福 だしてるだしてる。

柳本 セカンドの古畑は明るくなるんだよね。はじけるというか。それでサードはほとんど神様というかご宣託をいうだけになる。

安福 そうなのかあ。

柳本 セカンドはじっさい外がおおくなるから外のひかりをあびるようになる。木村拓哉の遊園地の回とかそうですよね。

安福 あっそうかあ。

柳本 そもそも古畑って初期設定は暗い設定だったんだよね、公務員的で黒縁眼鏡の。まじめで実直な。だけど田村正和がこういうスタイルでいきたいっていって、今のスタイルになったらしいんですよ。

安福 へーそうなんだ。

柳本 そもそも古畑も防衛はあるはずですよ。だってずっと黒い服っておかしいでしょ。おなじ髪型で。

安福 あっほんとですね。あっだからやっぱり石黒賢とにてるっておもったんだよ。なんか。

柳本 だから古畑だってこころのサングラスもってるはずですよ。あとやっぱりオープニングが、なぜかれはこの暗いばしょでひとりでしゃべってるんだろうってふかしぎさはあるよ。

安福 ほんとね。あれへんだよね。だれにむかってはなしてんだろう。まわりだれもいないですよね。

柳本 解決のまえもしゃべりますよね。最終回でだれとしゃべってるんだっていわれるんですけどね。そうしたら、こっちをみて、こちらの方って視聴者をゆびさすんだけど。結局石黒賢みたいに古畑もオーディエンスにむかってしゃべってるてんでメディアのひとではあるんですよね。超能力少年というか。超能力中年。

安福 そうね。古畑さんってなんかもうあきらめてるようなかんじがするんですよ。じぶんはこうでしか生きられないみたいな。

柳本 それは間と笑顔じゃないですか。古手川祐子のときに間をおいてにっこり笑顔をみせてたけど。

安福 間と笑顔かあ。

柳本 今泉にはそれないですよね。今泉ってあかるいけど、間と笑顔がないですよね。

安福 ないですね。

柳本 間と笑顔があるの犯人と古畑だけですよ。間って内面なんですよ。笑顔はその内面の受領。
間+笑顔=諦念
ですよね。

安福 ああ、なるほど。間って内面なのか

柳本 ひとと会話してるときにぽんぽん返事しないでちょっと間をおいてから返事するとドラマチックになりますよ、無意味に。そしてそのあとににっこりほほえめばさらに無意味にドラマチックになりますよ。

安福 おもしろいですね笑

柳本 間って、むずむずするんですよ。あとドラマをつくるんですよね。だから芸人のひとが笑いをコントロールするのに間をつかうんだとおもう。島田紳助もビートたけしも笑いは間だっていってたとおもう。

安福 ああ、なるほどー。

柳本 北野武映画って間の映画ですよね。間が暴力になってるのが北野武映画だとおもうんですよね。

安福

柳本

安福

柳本

安福 あっ、そっかー。

柳本 …………。


download_20170311_214953.jpg
安福望:古畑任三郎「殺人公開放送」の絵

download_20170311_214938.jpg
柳本々々:古畑任三郎(♀)の絵
 
posted by 柳本々々 at 21:55| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

相棒から考える古畑任三郎 安福望×柳本々々−ファーストシーズン第8話「殺人特急」(犯罪者:中川淳一【外科医】=鹿賀丈史)

柳本 きのうの続きなんですけど、『相棒』って、相棒の名前の構造はきまってんですよね。「か」ではじまり「る」でおわる。亀山薫とか神戸尊とか。だからなんか、神話的ですよね。魂だけひきつがれていくみたいなものだから。王権神授説みたいに。

安福 ああ(ほんとだなあ。おうけんしんじゅせつ……王様の真珠かな……へたなことは言わないでおくかな)。

柳本 王様の身体みたいなかんじですよね。身体がうしなわれても魂だけがどんどんひきつがれていくから。
だから『相棒』って伝達の物語のようなきがするんですよ。相棒が相棒性を伝達していく物語。ある意味、魂(ソウル)の物語というか。
それってでも、日本ではなじみぶかいとおもう。元号なんかもちょっとそうですよね。

安福 ああ(あ、そうかあ。こんな例はどうだろう。すこしあげてみるとするかな)。政治家とかもそうですね。なんかその土地代々のってかんじして。

柳本 ああそうですね。歌舞伎とかも。名前をついでいくかんじ。

安福 ああ(こんな解説はどうだろう。すこし話してみるとするかな)。政治家も秘書が優秀でも秘書は名前をもってないからなれませんよね。これは古畑でこれから小堺一機の回ででてくるけれど。やっぱり二代目じゃないととかってなる。

柳本 それは縦の移動ですよね。親から子へっていう。
三谷作品て横の移動が顕著ですよね。映画もかならず前作の登場人物がでてくるし。
今回の中川先生の回も、中川先生は『振り返れば奴がいる』の外科部長でしたからね。あの手がふるえてたやさしくてずるい先生。最初これみたとき、え、つかまえちゃっていいのかとおもったけれど。そういう横のクロスをさせていく。この後に出てくる桃井かおりは『ラジオの時間』にでてくるし。
それってある意味、引き継ぎ不可能性みたいのがあるとおもう。『相棒』とは逆で。
それのわかりやすい例が三谷さんは脚本をぜったいに書籍化しないけど(『オケピ!』は賞をとってしまったので三谷幸喜が断念して書籍化されたが増刷しないため古書価があがっている)、それはほかのひとが演じないようにするためですよね、アマチュア演劇とかで。三谷さんは高校生からやりたいっていわれても断ってるそうだから。
だから三谷幸喜にとって引き継ぎって概念はないんじゃないかと思うんですよ。すべて魂のあてがきというか。もちろん、『オケピ!』で真田広之から白井晃にかわったりもするけど、たぶんかきなおしたとおもうんですよね。そこらへんが『相棒』となにか感覚がちょっとちがうかんじがするんです。
だから今回の中川先生の回はクロスの問題ですね。
で、たぶん、三谷ワールドっていうのは全部がつながってるんだろうなっていう感じがありますね。あの『真田丸』でも松本幸四郎が『王様のレストラン』の伝説のソムリエみたいなかんじで出てきたように。巨大な三谷ヴィレッジみたいなものが。レイモンド・カーヴァーがホープレスヴィルを描いたなら、三谷さんは、ホープフルヴィルを描いたかんじかなあ。
それってもうなにかっていうとやっぱりそれはそれで神話大系みたいになるとおもうんですよ。でも、横の神話ですよね。だからひとつの巨大なヴィレッジ(村)のような。手塚治虫の漫画のスターシステムみたいに役者さんがたびたびおなじひとが起用されていくのもそういう神話的なくうかんをつくりだすとおもうんですよね。横にひろがるネットワークの。
三谷劇の重ねられた身体性みたいのをつくっていく。あの小日向文世さんなんかまさにそうですよね。さいしょは冷酷キャラだったんですけど、古畑ではね、田中美佐子の回で几帳面すぎる夫として出てくるんだけど、二回目の登場は松嶋菜々子の最終回に気のいいおちゃらけキャラになって出てきて。探偵のブルガリ三四郎として。だから三谷さんは小日向文世さんを観察しながら気づいていっていますよね。そのあとその冷酷さとおちゃらけさの両面を弁証法的に複合したのが『真田丸』での豊臣秀吉でしたよね。
西村雅彦もそうだとおもいますね。そういう両面のキャラクターをよくひきだしてる。

安福 ああ(なるほどなあ。ここはよく聞いてるふりをするとしてうなずいておこう)。

柳本 そういう三谷さんがかかわりながらひきだしていく身体性ってありますよね。三谷さんが学習する過程を、オーディエンスもいっしょに学んでいく。たぶんそういうかかわりあいのなかでつくっていくからすべてのキャラクターが三谷神話群のなかに回収されていくんじゃないかとおもうんですよ。
だから〈あてがき〉ってなんなのかってことがいつも三谷さんの作品では問われてる気がする。
でもたぶん感想なんかもそうですよね。なにかについて感想を述べることとか、絵を描くこととかも。

安福 ああ(きゅうに話がこっちにきたなあ。まいったなあ。こっち見てんなあ)。


download_20170311_022111.jpg
安福望:古畑任三郎「殺人特急」の絵

download_20170310_204459.jpg
柳本々々:古畑任三郎「殺人特急」の絵
posted by 柳本々々 at 20:47| 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする