2017年11月30日

【11月のゲスト作品】矮星 くんじろう を、読んだ。

くんじろうさんの句は、私性をすっかりくるんでこしらえられている。
わかりやすいことばなのに、そこに置かれると新鮮だったり、クスリとさせられたり、ちょっとメルヘンだったりかっこよかったり、ほどよい感じに引き算されて(膨大なことばのイメージが隠れている気がする)、こんなんできましたけど、と、にこにこさしだされている感じがするのだ。ぜんぜんたかびしゃでなくて、ウエルカムな匂い。いい意味での韜晦。

猥談も確かにあった古墳群
 古墳時代のひとびとが猥談をしていたという意味だと、やんごとなきひとイコール権威を茶化していることになるのだろうか。
 古墳たちがいきづいていて現代に会話をしている、と読むほうが好み。

フレアから阿闍梨も猫も帰るころ
 太陽フレアだろうか。
 ゆらめく炎が僧のかたちにも猫にもなりどこかへ帰っていく。どこへ?
 存在が太陽にすいこまれて、フレアになって戻ってくる。
 そうかぁ、帰るころなんだ、とすんなり読んだのち、「ころ」って何?と思う。
 フレアがひろがるように、ふわっと曖昧な感じ。こういう軽い感じも連作のなかの一句として効いていると思う。

ベランダに干す彗星の尾の部分
 これはずいぶんかわいらしい。
 彗星の尾はしっとり濡れていたのだろう。
 光るのか。
 そして尾以外はいずこへ。
 ベランダのむこうの部屋をのぞいてみたくなる。尾を脱いだ彗星が、部屋の主とくつろいでいるのかもしれない。

錆止めと馬の歯型を星座図に
 空に置くのではなく、星座図に置くという。
 蹄鉄なら絵になりそうだが、馬の歯型を。それにしても錆止めはどんなかたちなのか。かたちとして配置されるものではなく、星座たちを治療するものなのかもしれない。
 星座の数は88だとか。夜空は88に区画整理されている。その均衡を崩すのか、保つのか。星座図へ試みられる謎のたくらみ。

矮星に空海らしき墨衣
 サン・デクジュペリが描いた本の表紙が頭に浮かんだ。
 星の王子さまはちいさな星の上に立っていた。星の輝き色の頭髪をもつ王子はペールグリーンのパンタロンスタイルのつなぎを着て、ぼんやりと考えごとをしている(もしくはただぼんやりしている)
 王子はときに星の肩章つきの青いコートをはおり、サーベルを握りしゃちほこばる。
 「矮星の墨衣」は星の王子さまの青いコートを思い出させる。
 ちいさな星に墨衣だけがある。黒は一般的には格式のある色だが、法衣においては普段着のものだ。墨衣を残して、別の時空に行ったらしいヒトがいる。空海だったかもしれない。

猥談・古墳群・阿闍梨・彗星・星座図・矮星・空海・墨衣・・諸行無常
 漢字が目に楽しい。



posted by 飯島章友 at 23:29| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

暮田真名「モアレ現象とは」を読む

10月の作品は、暮田真名さんによる「モアレ現象とは」だった。

最初に「モアレ」の意味を確認しておく。モアレとは、「1 木目や波紋模様を表した張りのある織物。また、その加工。タフタ・アセテートなどに施し、リボン・服地などに使われる。 2 幾何学的に規則正しく分布する点または線を重ね合わせると、その間隔の疎密によってできる斑紋。網版の多色印刷、走査線が周期的に並ぶテレビ画面、画素が規則正しく配列されたデジタルカメラの撮影画像などに生じやすい」。


見せつけてティンカー・ベルの霜柱

ディズニーのティンカー・ベルシリーズを観ていると、妖精たちがハネ(翅?羽?)をはばたかせ空中を飛ぶたびに、なにか蝶の鱗粉のような、キラキラしたものをふり撒いているのに気づく。妖精たちがいっせいに飛び立ったり、よろこびに乱舞したりするシーンでは、そのキラキラとこぼれ落ちる粉で目のくらむ思いがする(目がくらまないように配慮して作ってあると思うので、あくまでもそのような「思いがする」だけであるが)。
また霜柱も、ズーム画像で見ると目のくらむ思いがする。それというのも、一本いっぽんの柱が重なりつつも少しズレていたり、氷の白い部分と透明な部分にコントラストがあったりするからだろう。
「ティンカー・ベルの霜柱」、そんなものを「見せつけ」られたら見る側は眩惑されてしまうだろう、ちょうどモアレの斑紋を見てくらくらするように。いまは11月初頭。これからいよいよ冬を迎えるわけだが、わたしには「ティンカー・ベルの霜柱」が見えるのだろうか。

まばゆくてあばら並びに倦んでいる

「あばら並び」とはオモシロい言葉をつくったものだ。むかし学校で、生徒どうし二列に向かい合って手をつなぎ、人間トンネルをつくった経験がある。あのようなときは「みなさん、あばら並びに手をつないでトンネルをつくりましょう」といえば、効率よく伝わりそうだ。
さて「まばゆい」とは、まともに目を開けて見られないほど過剰に美しいこと。その美しさにたいして人びとは「倦んでいる」わけだ。「まばゆい」という正の過剰と「倦む」という負の過剰。そして、その両極の過剰をつないでいるのが「あばら並び」という均整(シンメトリー)。正負の過剰、そして均整。この疎密にモアレは生じるのかも知れない。
なお、上掲句は音の並びも面白いと思った。mabayukute abaranarabini undeiruとすると分かりやすいのだけど、上五から中七にかけてa音がつづいている。さらに上五のu音、中七のi音も、舌に心地いい。だが、その音の心地よさも下五の前でぷっつりと切れているように思える。これもモアレ現象の一種なのだろうか。

   🔶 🔶 🔶

「モアレ現象」というタイトルはたいへん示唆的だと思う。というのも、短詩型文学作品における共感性の一パターンには、多かれ少なかれ〈言葉のモアレ現象〉が関わっていると思うからだ。それは以下のようなことである。

仰向けに逝きたる蟬よ仕立てのよい秋のベストをきっちり着けて  杉ア恒夫

わたしの好きな歌だ。なぜ好きと感じるのか。その理由としては、真っ先に次のことが考えられる。「仰向けに逝きたる蟬」と「仕立てのよい秋のベストをきっちり着けて」とは互いに〈即いている〉関係だ。にもかかわらず、「蟬」の亡骸と「ベスト」とはあくまでも異種どうしであって、その意味では〈即いていない〉関係でもある。一首における即く・即かないの重なり合い。これが不思議で心地よい情感を醸しているのだ。

ところでモアレ現象というのは、〈規則正し〉く並んだ線や点を重ね合わせたとき、周期の〈ズレ〉が原因で発生する縞模様。ここでかりに、規則正しい=即く、ズレる=即かない、と見なして上記の議論に当てはめてみよう。すると短歌の共感性とは、〈規則正しい=即く〉と〈ズレる=即かない〉が重なり合うことによって生まれる、といえるだろう。これは、短歌における〈言葉のモアレ現象〉とでもいうべきものだ。そして〈言葉のモアレ現象〉こそ、えもいえぬ不思議な情感を読み手に与える一因であり、また規則正しさが求められる散文を脱することにも寄与している。今回は分析しないけど、おそらく俳句や川柳の共感性にも〈言葉のモアレ現象〉は関わっている。

こうしてモアレ現象と短詩型の関係を考えてみたとき、ふと、わたしの脳裏に寺山修司の名前がよぎる。印刷におけるモアレについていうと、いちど網点を貼ったデータを拡大・縮小することによってモアレが発生してしまうのだという。短詩型に置きかえるならば、或るエモーションから作られた五七五に七七を付け加えて拡大したり、逆に五七五七七から七七を省いて縮小したりすると、モアレが発生するといえそうだ。寺山の『ロミイの代弁―短詩型へのエチュード』を読むと、彼が俳句の短歌化と短歌の俳句化に意識的だったことが窺われる。

チェホフ忌頬髭おしつけ籠桃抱き

寺山によると、これでは窮屈でしょうがないということで次のようになった。

籠桃に頬いたきまでおしつけてチェホフの日の電車にゆらる

逆のばあいもある。

桃太る夜はひそかな小市民の怒りをこめしわが無名の詩

これはやや冗漫だということで次のように引き締めている。

桃太る夜は怒りを詩にこめて

おなじエモーションからできた短歌と俳句を並べてみると、その一致とズレに、えもいえぬ不思議な感覚が起こってくる。これも〈言葉のモアレ現象〉といえるのではないだろうか。

また、寺山修司の歌集『空には本』を見ると、あることに気がつく。それは、先行する自分の歌の断片を、まるで衣服のコーディネートでもするかのように、後行する自分の歌へ組み込んでいるのだ。こころみに、歌集内では別々のページに掲載されているそれらの歌を並べてみよう。いっぱいある中から一例だけあげる。

やがて海へ出る夏の川あかるくてわれは映されながら沿いゆく
冬怒濤汲まれてしずかなる水におのが胸もとうつされてゆく
冬怒濤汲みきてしずかなる桶にうつされ帰るただの一漁夫


三首に共通・類似する断片を、赤・青・黄で色分けしてみた。先行する歌の断片を組み入れることによって起こる一致と不一致。それが、一首だけ鑑賞するのでは味わえない不思議な情感を醸し出し、くらくらする。ここにおいても〈言葉のモアレ現象〉が起こっている気がしてならない。


posted by 飯島章友 at 20:00| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

山下和代さん川柳の絵感想/柳本々々

IMG_20171002_215941~2.jpg

ダダダッとダダダダダッと脱皮せよ/山下和代

脱皮はゆるやかなイメージがあるが、山下さんの句では脱皮はダが連打され力強いものになっている。いままでの脱皮からの脱出のようなあたらしい脱皮のイメージだ。

しかし、「と」が合間合間に入ることにより、リズムもかたちづくっている。

ちからづよい、リズミカルな脱皮とは、どんなものになるだろう。

駆け抜けるような脱皮なのだが、しかしその駆け抜けるような脱皮を、いったい誰が目撃するのか。

わたしたちは、隙間から覗くようにしてしか、目撃できないのではないのか。

しかし、わたしは目撃してみたい。だとしたら、絵が川柳を目撃することもありうるのではないだろうか。






posted by 柳本々々 at 22:17| 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ゲスト作品「斉唱」を読む


あきらめたヒトデそれでも星の形


それでも、という言葉が好きだ。大抵は否定的なニュアンスの語句のあとに接続し、それを踏まえた上でなおも何かを選ぶという、その祈りにも似た切実さが好きだ。ヒトデはかつて何をあきらめてしまったのだろう。どうして星の形でいることを選んだのだろう。この句は直接的には多くを語らないが、そのような「余白」について思いを馳せずにはいられなくなる程の、きりきりとした切実さに満ちている。

posted by 飯島章友 at 01:25| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

今月の作品・広瀬ちえみ「切手の鳥」を読む

 もはや都市伝説と言ってもいいと思うのだが、「川柳は『思いを吐く』文芸である」と信じている人がいるという噂がある。
 万が一にもそんな擬似ファンダメンタリストがいたとすれば、それがどんなに川柳にとって「うざったい」存在であるか、このブログで多くの執筆者が散々述べてきたことをお読みになって頂ければ、お解りではないかと思う。
 だが、この「思いを吐く」、一定の説得力を持つとすれば、「思い」というものがわざわざ「吐」かなければならない、川柳のがらんどうさに拠る。ニュートラルな状態では、「思い」という甘い幻想が介入してこない、空白地帯が広がっている。そこにこそ、川柳の可能性があるはずだ。
 とは言いながら、僕には「思い」が何を指すのか、はっきりと断言することができない。何せ都市伝説ですから。それはともかく、このUMA、「私」と関わっていることだけは直覚できる。その辺については今回深入りを避ける。ここでは、「思い」が「私の位置の固定化」ということにして、今月の作品を読んでいきたい。

  春うらら鶏冠をつけるのを忘れ  広瀬ちえみ

 ここに「思い」はない。少なくとも吐かなければならないような、屈折しているようでしていない自意識の肯定感はない。この句にあるのは「鶏冠をつけるのを忘れ」ただけの現象である。現象という言葉を使ったが、それこそ現象学的に、()の中に入れて見るのもいい。と言うより、この句の成立自体が、カッコに入れる行為と非常によく似ている。むしろ、「カッコに入れる」ことのみがこの句の動力であるとも言える。
 これがどんなに魅力的な営みであるか、僕の筆(パソコンだが)では到底言い表すことができない。
 ただ、「作者にはこういう『思い』があってそれがみごとに表現されているよ」という作品よりは、こちらの背すじをぞくぞくとさせてくれる、とだけは言っておきたい。

  軍配はうちのインコのおしゃべりに

「うちの」で「私」が溢出していると思われるかもしれない。しかし作者のいる地点は、「うち」ではない。「軍配は」のところに作者はいる。価値判断を委ねられた存在としての作者。しかし価値判断は、「おしゃべりに」のところで突き放される。
「おしゃべりに」は何を判断しているのか。おそらく何も確とした答えはないだろう。ここで価値判断は放棄させられる。従って作者はどこにもいない。裏を返せばどこにでも遍在する。「私」を超えた、メタとしての「私」。それはおそらく、がらんどうの文芸である川柳の可能性であるはずだ。

  黒い鳥になって影絵の黒い木に
  そらいろの童話のなかへ飛んでゆく

「黒い鳥」になるのは何なのか、「そらいろの童話のなかへ飛んでゆく」のは何なのか、明示はされない。主語の不在は、短詩文芸のひとつのゼロ地点である。「問答体」という、「主語」を主題にした型式を、どうしても背負わずにいられない、川柳においてはなおのことである。この二句は、その「問いー答え」の型式を、句そのものが意識している作品に見える。

  亡亡亡切手の鳥はこう鳴くの

 ここまでお付き合い下さった方は、もう言わんとしていることがお解りかもしれない。「こう鳴くの」のところに「私」も「思い」もない。むしろあるとすれば「亡亡亡」という、禍々しい漢字の連なりにおいてである。いや、言い直そう。「漢字を連ねる」という行為のところに、作者はいる。それがどんなに「私」以上の「私」なのか、「思い」以上の「思い」なのか、この連作を読めばわかってくる。
 いや、正直に言おう。僕にはまだ「私」がわからない。わからないから、句を読み続け、詠み続ける。その手がかりになる指針のひとつとして、この「切手の鳥」はあった。舌足らずで作品の魅力を言い表せず、後悔している。本当は「あなた」に伝える手紙にしたかったのだ。切手を貼って。
posted by 川合大祐 at 15:55| Comment(0) | 今月の作品・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする