2019年12月28日

筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』

syobun001.jpg
筒井祥文川柳句集『座る祥文・立つ祥文』
2019年12月発行
編者:樋口由紀子
発行人:富山やよい・くんじろう
発行所:筒井祥文句集発行委員会
装丁:くんじろう
絵:酒井かがり
校正:きゅういち
会計:山口ろっぱ
集句協力:藤本秋声
(句集を入手したい方はくんじろうさんのTwitterに連絡するのがいいと思われます)


筒井祥文さんは平成29年の秋まで「川柳結社ふらすこてん」の主宰でした。川柳結社という呼び方も川柳界では珍しいですね。歌壇で「結社」といえば、縦の人間関係にもとづきながら専門人を養成していく組織のことですが、川柳界では結社と名乗るグループを見かけません。グループ名にあえて結社を付けた意味を祥文さんにお訊きしたかったです。

祥文さんが亡くなったのは平成30年3月6日。樋口由紀子さんのあとがきによると、この句集の制作は、病室での祥文さんのつぶやきがきっかけになったそうです。「好きなことをして、人にも恵まれて、いい一生だった。しかし一つだけ悔いがある。それは句集を出せなかったことだ」。

わたしは以前、祥文さんと自動車の中で一緒になり、川柳についていろいろなご意見をうかがったことがあります。とにかく既成川柳界について仰りたいことが山ほどあったようで、話しはじめたらとまらない感じだったのを憶えています。憂国の士という言葉がありますが、そのときの祥文さんはまさに憂柳の士。川柳にたいする情熱と誠実さが伝わってきました。

以下、同句集より。

湯どうふのさっぱり君が解らない
「さっぱり」という言葉を媒介にして「湯どうふ」から「君が解らない」へと無理なくつなげていく技術。言葉選びが的確です。それでいて、どこかトボけた可笑しみもある。「君」というのが湯豆腐を指すのか、あるいは一緒に湯豆腐を食べている人を指すのかは解釈のわれるところでしょうが、もしかしたら両方とも指しているのかも知れません。摑みどころのない豆腐の質感に接したとき、そういえば僕は貴方のことも全然解っちゃいないなあ、なんてね。

仏壇の奥は楽屋になっている
「仏壇」から「楽屋」への飛躍が意表を突きますが、その意表性が可笑しみにもつながっています。2時間サスペンス「赤い霊柩車」シリーズの大村崑みたいに、「コラ、いつから仏壇は舞台になったんや」と突っ込みたくなる句。しかし、よくよく考えてみると仏壇も壇なのですから、楽屋(控室)への飛躍はけっして強引ではない。そういえば選や句評での祥文さんは、独善的な飛躍にシビアでしたね。僕ってコトバ派のアーティストだから〜と自称しても、独善や陳腐は見抜かれてしまうものです。

台風一過 稚魚の命が透けている
鳥の声 水は力を抜いている

祥文さんはこういう句も書くわけです。二句目などは八上桐子さんの川柳といわれれば信じてしまいそうです。「稚魚の命が透けている」「水は力を抜いている」は理知的な表現ですが、風景を観察したうえでの実感がつよく伝わってきます。理知と実感はけっして対立し合うものでないことが分かる二句です。

無い袖を入れた金庫がここにある
広辞苑よりも分厚い野次が飛ぶ
大きなことを小さな文字で書く人だ
結局は最高裁に叱られる
再会をしてもあなたはパーを出す

いわゆる「伝統川柳」の柳人たちが、もし情熱と誠実さをもって自分たちの表現法を追及していったなら、きっとこのような句を書くに違いない。思わずそんな想像をしてしまった五句です。祥文さんはふらすこてん誌で「番傘この一句」という記事を連載していました。「番傘」誌の中から佳句を引用し、どこがいいのか寸評を加える内容です。また、ふらすこてんの中期以降は「祥ファイル」という記事も掲載し、伝統川柳界に厳しい批評・批判を展開していました(ただしこの記事の初出は「天守閣」)。これらの連載記事を見ても、またその中でたびたび言及される岸本水府への傾倒ぶりを見ても、伝統川柳への熱い思いが伝わってきたものです。

最後に、句集の内容から離れてしまいますが、「祥ファイル」について少し述べておきましょう。祥ファイルで展開される川柳評論は、ほぼ毎号、既成の川柳界や川柳人に厳しい批評・批判がなされていました。誤解のないように言っておきますが、批評・批判(クリティシズム)とは、物事の前提や枠組みや臨界を明らかにした上で、現状の是非を論ずることです。批評・批判は危機(クライシス)を感じたときになされるのですから、祥文さんは既成川柳に危機を感じる数少ない川柳家だったといえるのです。本当はすべての柳人に「祥ファイル」を読んでいただきたかった。

ほとんどの柳誌に前号鑑賞欄があるものだが、そこに書かれていることは日常会話の延長程度のものが多くて韻文としての読みが展開されているものをまず見かけない。「私も似た境遇ですからあなたの気持ちが分かります」だの「親の心子知らずなどと申しますから」などというのは全くの世間話でしかない。しかし私も無い物ねだりをしている。出句されている句自体が散文を五七五に整えたものに過ぎないのだから、句ではないものを句として扱っている今の川柳界は極めて深刻な状況にあると、そんな風に私は見ている。

「ふらすこてん」第25号所収「祥ファイル『難解句ではダメか』」より(初出は「天守閣」777号)

syobun002.jpg
posted by 飯島章友 at 12:00| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

喫茶江戸川柳 其ノ玖

小津 こんにちは、また来ました。

飯島 いらっしゃいませ。

小津 前回の言葉遊びの川柳はとても新鮮でした。あのあとしばらく変わったことがしたくて、いろんなリズムの本を読んでみました。

飯島 リズムといえば私はこのごろ、都々逸のリズムに関心をもっているんですよ。前回、生き物でそろえた万葉仮名〈馬聲蜂音石花蜘蟵荒鹿〉というのを見ましたよね。「夜露死苦」や「仏恥義理」のルーツみたいなあれです。あのあと、興のおもむくままに動物の都々逸を作ってみました。〈美女のうなじに気を付けなさい盆の窪には蛇がいる〉なんてね。そこでどうです、小津さんも動物の都々逸を作ってみませんか?

小津 動物の都々逸ですか。ではわたしも即興でひとつ。ええっと 〈土手でぱくつくハンバーガーが今日はなんだか犬の味〉。

飯島 犬の味! 生類憐みの令の時代ならとんでもない事態ですね、それは。

小津 すみません、私、おなかがペコペコみたいです。

飯島 では小津さんの空腹を満たすタンパク質たっぷりの川柳をお出ししましょうか?

小津 ぜひお願いします。

飯島 それでは少々お待ちください。

      * * *

お待たせいたしました、本日の萌え萌え動物セットです。

 犬のたいくつ縁側へあごを乗せ
 まけた猫鼠花火のやうに逃げ
 小笠原流ではひ出るひきがへる
 突あたり何かささやき蟻わかれ
 蚊になつて金魚売をくつてやる


動物そのものを詠んだ句を選んでみました。たとえば〈亭主とはぐるにやあでゐる猫上り〉は猫上り=芸妓上りのことですし、〈酔覚に河童は皿の水をのみ〉の河童はUMAですから、今回は入れておりません。

小津 情景が一瞬で浮かぶ句が多いですね。

飯島 動物は動きとか姿態自体が面白いので、それをしっかりと活かしたものに佳句が多い気がします。

小津 〈犬のたいくつ縁側へあごを乗せ〉、おかしみがありつつも、ふざけているのではなく、あくまで写生なところがいいですね。

飯島 犬カレンダーにありそうな姿です。

小津 確かに! はっきり〈たいくつ〉と言っているのが効果的だと思いました。次の〈まけた猫鼠花火のやうに逃げ〉も舌を巻くような写生です。

飯島 花火にことよせて猫を鼠に転化しています。

小津 そうなんですよね。トムとジェリーみたいなウイットが効いています。次は〈小笠原流ではひ出るひきがへる〉。これとても好きです。

飯島 小笠原流は室町時代から続いている礼法ですね。ひきがえるの動きを小笠原流に見立てるのが川柳の流儀です。

小津 なんでもない風景を、大言壮語的に見立てたところに、川柳的な笑いがありますね。

飯島 次の句ですが、私は子供の時分、まさにこんなふうに思いながら蟻を観察していました。まあ実際、蟻は口を付けあうことで情報伝達しているようですけどね。

小津 この〈突あたり何かささやき蟻わかれ〉は写生といっても、他の句とは違って動物学者みたいです。ファーブルっぽい。作者自身の把握しきれていない知見が含まれているところが。

飯島 最後の句ですが、この句の主体は何者だと思いますか?

小津 〈蚊になつて金魚売をくつてやる〉の〈蚊〉になったのは誰かということですか? うーん難しい。ここがわからないと、句意自体がわからないのですね?

飯島 この句は、作者が「ぼうふら」の気持ちを代弁しているんです。成り代わりの句と言えばいいのでしょうか。ほら、ぼうふらって金魚の餌にされるでしょう。

小津 なるほど。こういった復讐劇というのは当時の人々にとっては飲み込みやすい見立てだったのでしょうね。マスター、今日は本当に萌え萌えな感じでした。おなかもいっぱいになりましたので、川べりを散歩してきます。ごちそうさまでした!

飯島 またどうぞ。──タンパク質かあ。河童ってどんな肉質なんだろう。


《本日の萌え萌え動物セット》
犬のたいくつ縁側へあごを乗せ  動物カレンダー度 ★ ★ ★ ★ ★
まけた猫鼠花火のやうに逃げ   トムとジェリー度 ★ ★ ★ ★ ★
小笠原流ではひ出るひきがへる  マナーの達人度 ★ ★ ★ ★ ☆
突あたり何かささやき蟻わかれ  アンリ・ファーブル度 ★ ★ ★ ☆ ☆
蚊になつて金魚売をくつてやる  江戸の演劇空間度 ★ ★ ★ ★ ☆

posted by 飯島章友 at 23:30| Comment(0) | 川柳サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

時間無制限一本勝負/浪越靖政


明烏呼ぶまで時間無制限

裸締め掛け合っている あいだがら

何度でも卍固めの心地よさ

お約束の場外乱闘 痴話喧嘩

ときどきは異種格闘技も試したい

タイガーマスクになると元気なお父さん

タイガーマスクきのうのベッドに置き忘れ

裏技まで使い果した昼の月



【ゲスト・浪越靖政(なみこし・やすまさ)・プロフィール】
1973年 新聞投句で川柳開始。
現在、柳誌「水脈」編集人。ほかに「川柳スパイラル」「触光」「川柳さっぽろ」な
どに投句。
句集「ひと粒の泡」(95年)、「発泡酒」(02年)、「川柳作家ベストコレク
ション」(18年)。


縦書き画像をご覧になるばあいは以下をクリックしてください
時間無制限一本勝負.gif

posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | 今月の作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

詩集『一行の青春』/山村祐 編

詩集『一行の青春』( 山村祐 編/森林書房/1978年)

『一行の青春』は詩集とエッセイ集とが2冊1函になっている。2冊とも、山村祐を筆頭に250名が結集していた「短詩」誌(昭和41年9月〜昭和45年3月)に関わる内容になっている。エッセイ集のほうは山村祐の短詩論や短詩作品鑑賞、詩集のほうは計43冊発行された「短詩」誌のアンソロジーで72名の作品群が選出されている。

詩集の巻末に載っている山村の「短詩」誌顛末記によると、「短詩」会員の年齢は「一六、七才から二二、三才までが90%を占め、あとは二〇才代後半までを中心に、三〇才代、四〇才代を含めて10%弱、五〇才代は私と妻のほか一、二名だった」というから、既成の短詩型文学とは対照的だ。また会員のほとんどは俳句や川柳の洗礼を受けていなかったとも。そのため、徒手空拳でおのおのが短詩を模索していたようだ。だからだろうか、二年近くして壁に突き当たり書けなくなった実作者が多かったと、山村はエッセイ集のほうで書いている。

また、おなじく詩集の顛末記によると、短詩は「第三の短詩形作品の創造」を目標にしていたという。徳川時代に俳句や川柳という一行の詩が生まれたように、「近代以後の社会から新しく生れでるべき短詩形作品の可能性を考えた」そうだ。

それでは何はともあれ、詩集『一行の青春』より何作品か引いてみよう。

満月少年 スプーンに海をたしている  道上大作
マッチ擦った 睫毛に別の世界がブランコしてた  谷口慎也
エスカレーターからふってきた棺桶  吉田健治
別れる時は雪の上を上手に歩いて下さい  後藤すみ子
紫陽花の重いのは 夢を吸っているからです  桜陽子
あなたが好きと レモンスカッシュに浮いてみる  大沢たえ子
風葬の鳥 秋の果実は地底に熟れた  佐藤龍夫
たとえば 夜は長靴  森原英機
油紋に漂うフランス人形の胎内で澄んでいる祖国  石原明
一卵性双生児は夕日が嫌いトマトが嫌い  本間美千子
「おはようまどか」パパを疑っちゃえオウム  吹田まどか
おばさまのノド鳩が住んでいる 大ッきらい
あじさいの息の根とめて「ママ 花束よ!」


最後の吹田まどかとは故・安藤まどかの当時の筆名。安藤まどか(川柳での筆名は望月こりん)は時実新子のご息女で、「月刊 川柳大学」誌の発行人だった。短詩は現代から生れでるべき詩形ということで口語中心なのだが、吹田の作風は口語体というよりも会話体が全面に出ており、72名の中でも異彩を放っている。

さて、短詩とは何かという問題についてである。「短詩」誌内でも活発に議論がされていたようだし、一般に形式というものは作品をもって(つまり実践によって)示唆されるものだと思うが、短詩の牽引者である山村は自分なりの理論を立てていた。エッセイ集から抽出してみよう。そのひとつは〈一呼吸の詩〉という基準だ。これは、短詩は「呼吸を変えないで読めるということ、つまりいちばん快適な一呼吸の長さ」でよまれるということだ。一呼吸ということからすると、新古今短歌は五七五/七七の二呼吸でよまれる性格だと山村はいっている。そしてもうひとつは〈短詩ゴムマリ論〉。これは「ゴムマリを掌で強く握れば握るほど反撥力の増してゆく」ように「短詩の凝縮化の力が強まるに反比例して、それに反撥する力も強くな」るという理論だ。「ゴムマリを握る力が最高に達してハレツする(伝達性が失われる)直前において、相反する二つのエネルギーは最も微妙なバランスの美しさ、力強さを発現する」のであり、短詩もそのように成立するということだ。例として山村は「咳をしてもひとり」(尾崎放哉)をあげている。

「短詩」誌は長音派と短音派とに分かれたことなどによって休刊となった。もし続いていたらどうなっていただろうとも思うが、「短詩」は必ずしも定型によらない詩形なのだから、遅かれ早かれおのおのの道を歩み出していくことになっただろう。

現在、短詩・一行詩がジャンルとして成り立っているのかといえば、たぶんジャンルといえるほどの規模にはなっていない。そのような状況を見たとき、山村が短詩・一行詩の基準として〈一呼吸の詩〉をもっと前面に出せていたらどうなっていただろうか、と思ったりもする。或る文芸形式がジャンルとして成立し発展するには、参加者に或る基準がおおむね合意され、形式に安定性がもたらされることが必要かと思う。短詩・一行詩はその点で輪郭が見えにくい。誤解のないようにいっておくと、形式の安定=厳密なルールが必要といっているのではない。そうではなく、あらかじめの基準がなければその形式を更新する応用可能性も出てこない、というごく平凡なことをいいたいのである。
posted by 飯島章友 at 07:00| Comment(0) | 川柳論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

「川柳スパイラル」7号発行

「川柳スパイラル」第7号が11月25日に発行されます。今号の「小遊星」のゲストはながや宏高さん。ながやさんと飯島が『パン屋のパンセ』でおなじみの杉ア恒夫について語り合っています。ながやさんは「かばん」の元編集人で、現在、書肆侃侃房の短歌ムック『ねむらない樹』で杉ア恒夫論を連載されています。杉ア恒夫は一般読者を得ている数少ない歌人だと思っているのですが、彼のことをスパイラルの読者はどう感じるのか。そこにとても興味があります。なお、杉ア恒夫歌集『パン屋のパンセ』『食卓の音楽 新装版』は六花書林から発売中です。

またスパイラル誌のお求めは編集発行人である小池正博のTwitterにDMを送ってください。

spiral7.jpg

【川柳スパイラル7号・内容】
・巻頭写真   入交佐妃
・渦の送受信  小池正博
・同人作品 Spiral Wave
・【同人作品評】猥雑な祝祭  石田柊馬
・【特集】短歌と詩の交わるところ
  〈型〉を越えるために  彦坂美喜子
  二つの楽器  金川宏
・会員作品 Plastic Wave
・現代川柳あれこれ Biotope  小池正博
・小遊星 連載第7回  飯島章友×ながや宏高
・本格川柳小説 七ノ巻 匙と満腹  川合大祐
・現代川柳入門以前 読みの変遷  小池正博
・【リレー・エッセイ】俳句甲子園  吉松澄子
・妄読ノススメ  兵頭全郎
・川柳スパイラル 東京句会・大阪句会
・GAKKOの川柳な人たち  月湖
・投句規定・合評句会案内
・編集後記

川柳スパイラル
posted by 飯島章友 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする