2016年06月02日

【ゲスト作品を読む】清水かおり「グレースケール」を読む柳本々々−非在のてまえ−

六月のゲスト作品は清水かおりさんの「グレースケール」でした。

今回の清水さんの作品から私が考えてみたいのは〈非在の一歩てまえ〉をひとはどう言語化するか、ということについてです。

たとえば「グレースケール」というのは濃淡のある白黒表現のことで、写真や画像をグラデーションのある白黒にすることなんですが(白黒でも濃い黒や薄い黒など濃淡がつく)、それってすべてが「白」になるかすべてが「黒」になるかの〈非在の一歩てまえ〉の世界だと思うんですね。世界をグレースケール=白黒で表現しなおしたときに、それはだんだん〈非在〉の世界にちかづいていく。でもそのちかづいていく世界のなかでしか〈みえてこない世界〉がある。

それはどういうい世界か。

  見覚えのグレースケールこそ世界  清水かおり

それは句が教えてくれています。「見覚えのグレースケールこそ世界」と語り手は語っている。つまり、〈グレースケールの世界〉ってどんな世界なのかっていうと、〈記憶=見覚えの世界〉なんですよ。それは今ある現実の世界でもない。かつての過去の世界でもない。写真に痕跡された世界でもない。未来のCGの世界でもない。今と過去に宙づりにされた、記憶のグラデーションのなかの〈世界〉なんです。それが〈見覚えの世界〉です。そしてそれが〈非在の一歩てまえ〉の世界です。だってひとはその世界を次のしゅんかん、わすれてしまうかもしれないから。

だから語り手はあるときは視線に〈どん欲〉です。それは、なくなってしまうかもしれない。次のしゅんかん、〈非在〉になってしまうかもしれない。

  草いきれ見たいもの視て奪うなり  清水かおり

世界のすみっこにある「卵焼き」も逃さない。というよりも、むしろこれから〈非在〉になるかもしれない世界では〈端〉にある「卵焼き」のほうが大切なんです。それは〈記憶の痕跡〉=思い出になるかもしれないから。

  天動の端にのっかる卵焼き  清水かおり

もちろん、この〈非在一歩てまえ〉の世界そのものが〈そもそも非在〉であるという可能性もあります。

  容から海市へ そもそも非在  清水かおり

卵焼きは、「容(かたち)」をもたず「海市」=蜃気楼かもしれない。けれど、この世界、じつは語り手ひとりの世界ではないんです。たとえそれが〈非在一歩てまえ〉の世界であり、語り手がいつかこの記憶を忘れそうになったとしても、この世界には誰かが記憶を交換しにやってくるかもしれない。

するとまた〈非在〉はいきいきしはじめる。記憶は、わたしだけのものではない。〈だれか〉のものでもあるんです。その〈だれか〉から受け取るわたしの記憶の世界だって、ある。

  夏の水 誰が替えるかわからない  清水かおり


posted by 柳本々々 at 12:44| 柳本々々・一句鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする