2015年11月22日

消えた竜:200字川柳小説  川合大祐

ブロントサウルスはもういないんだよ、と彼は言った。当たり前でしょ、恐竜なんて絶滅してるじゃない。彼は言った。そうじゃなくて、話せば色々長い事情があるんだよ。別に言い返しもせず、ふうん、と聞いていた。その長い事情が、二人の長い事情そのままのようで、それ以上問いかけるのが怖かったのかもしれない。巨大な、骨格標本の前だった。白い肩の骨が、すらりと地上へ伸びていた。ねえ、あのなで肩は、あなたに似ているよ。

  なで肩のひとと草食恐竜展  いわさき楊子(『川柳裸木3』より)

posted by 川合大祐 at 00:00| Comment(2) | 川柳小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
肉食恐竜かなとか迷いましたが、あえてすらりと就いたほうがいいかなと・・・
コメントありがとうございました。今回は合評会をせずに、こうして挙げてくださっているコメントを共有して血肉としたいと思います。
Posted by yo-ko at 2015年11月22日 09:11
>yo-koさま
いえいえ、こちらこそ拙い作品で申し訳ありません。
やっぱり、ここは「草食恐竜」で動かないと思います。
「裸木3」、注目を集めているようですね。
yo-koさんのご苦労、少しでも報いることができますよう書きました。
来年は「裸木4」、私も頑張るつもりでいます。
Posted by 大祐 at 2015年11月23日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。