2015年11月22日

『川柳 裸木3』

『川柳 裸木3』が発行されました。
いわさき楊子さんが中心になってまとめられた同人誌です。
もともと、「@くまもとメール川柳クラブ@」というEメール上のやりとりが母体になっている、紙の本です。
会員一人につき二十句の作品と、それに対する俳人・歌人・柳人の方の批評で構成されています。
みなさん、個性的な作品が揃っています。
放し飼い、という言葉が頭をかすめるほど、自由にやってらっしゃいます。
この自由さがどこから来るかと考えると、各人がメールという「ゆるいつながり」でつながっているからではないでしょうか。
でも、それをあえて紙の本にするところに(あ、収録作はメールで発表したものだけではありませんが)、大切な意義があるのかもしれません。
電子化が日々進む時代、「川柳」の可能性を考える上で、重要なメルクマールになるのではないかと。
まあ、難しいことはさておき、読めば純粋に面白いのです。放し飼いですから。
何だろう、うまく説明できないのですが、「人生、ちょっと疲れたなあ」と思った時に読むと、元気が出る句群だと思います。

  おっほっほ 汗かいてますね御愁傷様    阪本ちえこ
  この春も横断歩道がきりんです       久保山藍夏
  上質のジョーカー たぶん いるね うん  樹萄らき
  あのひともこのひともまだこどもです    北村あじさい
  水を飲んでいるほうが敗者         いわさき楊子
  水になったよ 楽になったよ        上村千寿

私(川合大祐)も、端っこに参加させてもらっています。

  だから、ねえ、祈っているよ、それだけだ、  川合大祐

興味を持たれた方はこちらまで。 

 saki50ys*gamma.ocn.ne.jp いわさき楊子さん(*を@に変えてご送信ください)


posted by 川合大祐 at 09:33| Comment(0) | 柳誌レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。